March 26, 2005

ストリートパフォーマンスを観る

3月20日は世界的に春分だね。 ここNYもこの週はラストの冬の週(のはず)なので、 気温もお昼は5度、夜はマイナス1度と、 だんだんあったかくなってきてるよ。 (マイナス10度とかの真冬と比べて)

ak03.20 そんな中、いつものユニオンスクエアを通りかかっていたら、 ストリートパフォーマンスやってて、いつもは時間がないから 足を止めてゆっくり観たりできなかったりするんだけど、 今日は天気もよかったし、AKも人の群れの輪に参加。 ヒップホップやファンクにあわせて踊る5人組のダンサーの パフォーマンス、すっごいかっこよかった!

ひとりづつ交代で“見せてくれる”んだけど、 観衆喜んじゃって、拍手喝采の嵐。こーゆーのが 偶然いろんなところで見れるからNY好きさ。

キャップを持ったメンバーのひとりが観客にむかって ”Ya’ll, show me your love!”って言いながら まわってきたので、もちろんチップをはずんじゃったよ。

NYマンハッタンではありとあらゆるところで、いろんな ストリートパフォーマンスが観れる。 もちろん地下鉄の中はほぼ24時間上映中。

世界的にも定番のギター1本で熱唱する男の子を始め、 バイオリン弾き、チェロ奏者、マイケル・ジャクソンの 物真似ダンサー、サンバとかプレイしてるグループ、 電車の車両をひとつづつ渡りながら、アコーディオンを ひくおじいちゃんなどなどきりがない。

ソーホーの街角で見かけた3人組の黒人の アカペラコーラス隊はボーイズ2メン並だし。 時たまユニオンスクエアの地下鉄内で夜 ジャズのトリオの演奏が聴けるんだけど、 これがちょーしぶい!かっこよすぎ。うますぎ。 まるでコールトレーンのトリオ?って思うくらい、 まじでうまい。

で、プロでミュージシャンをやってるAKは、 こういうパフォーマンスを見かけるたびに、 恐れ入ってしまう。基本だよなーって思うわりに、 自分ではそこまでのガッツ(古し!)がないから。

それと同時に“おし、気合入れなおしてガンバロ”って 元気をもらったりもする。

あー、本当にガンバロ!

love, AK

2005 03 26 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/3439497

この記事へのトラックバック一覧です: ストリートパフォーマンスを観る:

» Music Under New York [ニューヨークの遊び方 から]
ニューヨークには本当にたくさんストリート・ミュージシャンがいます。道端や公園だけじゃありません。なんと、地下鉄の改札を抜けた駅構内にまでいます!その演奏や歌声は... 続きを読む

受信 Apr 3, 2005 1:13:08 PM