March 31, 2006

マイアミ・ミュージック・コンフィレンス・レポート!

Vol_162_wmc_danny_miguel

4月!春だね。
AKはマイアミで一足早いスプリングブレイクを兼ねて、
恒例のマイアミミュージックコンフィレンスに参加してきました。
毎年3月に1週間、マイアミ、サウスビーチに世界中からDJ、レコードレーベル、
アーティスト、プロデューサー、メディアなど、
何万ものダンスミュージック界の人達が集まってパーティをくりひろげるんだけど、
今年も最高に盛り上がったよ!この1週間は毎日お昼12時から朝7時くらいまで、
1日数百パーティ、1週間で何千ものパーティが同時開催。
行きたいパーティがありすぎて、選ぶだけでも大変。
それでもなんとかうまく時間をわけて1日に6,7パーティ行ったりするの。
それを1週間。かなり体力が必要です。

このコンフィレンス(HOUSE、テクノ、トランスが中心でなにげにドラムンベース、
ブレイクビーツもやってる。最近はHIPHOPパーティも増えてきた)は、
もともとダンスミュージックシーンの業界の人達のためだけのもので、
一般は参加できなかったんだけど、ここ数年だんだんとフェスティバル化して、
一般の人も参加できるパーティが増えたんだよね。
でもさすがに、世界中から来た有名DJのパーティは大人気。
プライスは$20ドルからスタート。
その上外の人だかりの中で1時間以上並んでも入れないくらい。
ゲストリストに載ってるVIPが入っていくのを横目で見ながら待つこと必至。

さて今年のAKのベストパーティは、
まずDJ Danny Krivit, Marques Wyatt, Miguel Migsの3人が組んだパーティ
”Deep Get’s Salted Party”(写真は左がダニー、右がミゲル)。
オピウム・ガーデンっていうAKの大好きな吹き抜けの中庭がある場所で
お昼3時からのパーティだったんだけど、この3人が3人ともAKのフェイバリット!
しかもこのパーティに続いて、同じ会場でEBTGのベン・ワット自身が立ち上げたレーベル
バジン・フライ” (彼独特のテイストのレコードをリリース中。このラインが
また最高なんだよね。)のパーティがあり、ダニーのプレイ中に遊びに来てくれて、
そこでAKも再会。(ベンワットもAKと同じくダニークリビットの大ファン)
4人のAKのフェイバリットDJ & プロデューサーに囲まれて
AKは最高に幸せでした。

ちなみに、今年のヒット曲は、番組でもかけたMoloko/Forever More、
Nadirah Shakoor/Just A Breath Away
(マイアミに来てて、アフロヘアでこの曲をパフォーマンス!最高でした。
いいメロディーのHOUSE曲は探せばあるんだよね。)の他に、
Mr. V/Jus Dance (Quentin Harris Remix)、Ame/ Rej あたりかも。
特にAmeはこの後リリースする新曲がまたさらにすごいよ。期待しててね。
Mr.VとQuentin HarrisはNY在住でAKもよく知ってるんだけど、
ふたりとも最近すごいかも。今後の活動は大注目。
(たぶん5月のBody & Soul Japanでこの辺のナンバーはかかるはず)
AKも来年のコンフィレンスには数曲持っていこう!
おし、ガンバロ。

love, AK


2006 03 31 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/9358114

この記事へのトラックバック一覧です: マイアミ・ミュージック・コンフィレンス・レポート!: