August 17, 2007

AKの毎年夏のホリデーは“ナンタケット島!”

01

きっと今頃、日本で全国を飛び回ってるはずの私・・・。
8月はTokyo Calling 2のリリースパーティでNYのレジェンドDJ Danny krivitと一緒にAKもパフォーマンス!
新曲のShining Your WayもBeautiful Sunriseも歌う予定。
久しぶりの日本で本当に嬉しいです!この湿気すらなつかしい!笑 
もしも会ったらぜひ声をかけてね。

さて、そんなAKは日本に来る直前にサマーホリデーしてしまいました!
どうしても毎年必ず一度は海で泳ぎたいAK。(うん、かなり泳ぎます。ばしゃばしゃ)
そんなAKが毎年必ず夏に行く島があるの。
それがナンタケット島!
え?どこにあるのその島って感じの不思議な名前だよね。
実はNYから飛行機で1時間以内で行けるマサチューセッツの東海岸沖に浮かぶ小さな島なの。

02

隣にケネディ一家の別荘があるマーサーズ・ビンヤード島もあって、実はこの島はとても由緒正しい伝統的な景観をキープし続けてる、すごいハイソな島。

で、なんでAKがこの島なの?って感じですが、実はボーイフレンドのママが10年くらい前からこの島に住んでて(もともとNYカー)、それで毎年夏にママに会うため&夏休みで行ってるの。
ボーイフレンドのファミリーはもともとNYに住んでた頃、毎年夏の間だけこのナンタケット島で過ごしてたの。(夏だけ別荘で過ごしてたらしい!)
AKの大好きな映画“想い出の夏”だっけ、英語のタイトルがSummer 42’っていう、1942年が舞台の映画があるんだけど(すごいせつないです・・・・15歳の少年が毎年夏だけこの島で過ごしてて、その年に出会ったとても年上の女性に恋をするの・・・毎回泣いちゃうもんね)、この島に初めて来たときに、“あれ?これってサマー42‘に出てくる感じにとっても似てる”って思ったの。
それで聞いたらドンピシャ(古い!)。
まさにこのニューイングランド地方の島が舞台だったの。

島はとっても小さいし、かなりハイソな人たちが住んでるんだけど、それでも島の景観は昔の作りそのままをキープし続けてて、例えば、家の壁は白い板が重なってできてるのが典型的で、ちょっとディズニーランドの古きよきアメリカな感じ。すんごいかわいいの。
町のセンターはほとんど歩いて20分で回れるくらい。笑 
そして映画の中にも出てくるけど、薬局にジューススタンドがあって、シェイクとかアイスクリームとか売ってるの!
これがめちゃくちゃアンティーク。ノーマン・ロックウエルの世界!(彼の絵も素晴らしいです)

03

そして、一番AKが恋したのがこの島のビーチ。
すんごい遠浅なのー。300メートルくらい沖に歩ける!
しかも、島の雰囲気がビーチにも出てて、ますます、あの映画のビーチと一緒な、ノスタルジックな雰囲気。
手付かずの自然がまだまだ残ってて、それでいて統一された景観。
この島で毎年リフレッシュ。
実はこの島のまわりにはクジラも泳いでるし、イルカもいるし、アザラシも海で泳いでるのー。
遭遇しました。ワイルド・アザラシ。

04

黒いちっちゃな頭が海からポコって浮いてるのー。こっち見てるしー。かわいいです。

本当に海っていいよね。大好き。
今年は日本でも、海に行けるといいなぁ。
日本の夏の海はもう何年も体験してないし。AKは伊豆とか大好きだったんだよね。あー、思い出す(遠い目)。
みんなの夏の想い出もボイスで教えてね。
じゃ、日本のどこかで出会えるのを願って!ステキな夏を!

Written by AK


2007 08 17 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/16144674

この記事へのトラックバック一覧です: AKの毎年夏のホリデーは“ナンタケット島!”:

» ディズニーランド チケット [ディズニーランド チケット から]
ディズニーランド チケットについてのお得な情報です。 続きを読む

受信 Aug 17, 2007 2:28:16 PM