July 30, 2010

AKのニューアルバム”Say That You Love Me” アルバム制作エピソード Part 1

8月25日リリース! AKのニューアルバム”Say That You Love Me”
アルバム制作エピソード Part 1

真夏のピークのNY!AKは6月くらいからほとんど全く遊べず、鶴の機織り状態でレコーディングしてましたが、とうとう完成!8月25日にいよいよニューアルバム『Say That You Love Me』がリリースされます!番組とブログで4回に渡りAKアルバム特集します!

Ak_cover_w_title_rgb_jpeg_s

AKのニューアルバムのタイトルは、『Say That You Love Me』。そう、あのみんなに愛されてるアンセムソング、世界中のチャートで1位になった、AKの全米デビューシングルの曲です。なのでわかる人はわかると思いますが、今回のアルバムは、AK初のダンスコレクションアルバムです!そしてどこよりも早く披露です。アルバムカバーはこれ!

Ifylm_cover_w_title_rbg_jpeg_700x70

NYに住み始めて8年、その間に生まれた全てのダンスナンバーをこのアルバムに入れました。そんな8年をちょっと振り返って、、、。このアルバムができるまでの話。

AKはNYに住んでいますが、2001年までは日本に住んでたの。もちろん日本生まれ日本育ちです。広島県福山市出身。ジャズや映画音楽、クロスオーバーを父親の影響で聴いて育ち、8歳から曲を書いてるの!最初に書いた曲はボサノバだったなぁ。

将来はシンガーになるって決めたのは小学5年の時。詩もそのくらいから書いてる。高校生の時には20曲以上、もうあったかも。シンガーソングライターとして柿原朱美としてポリスターからデビューしたのは大学3年。それから8枚のアルバムをリリース。同時に、今井美樹ちゃんなど、他のシンガーにも曲を提供。

その頃から世界中でリリースしたいって夢がどんどん大きくなり、1998年にEMIに移籍。 それからは完全なAK セルフプロデュースつまり、曲、詩、歌だけじゃなく、アレンジ、プログラミング、Mixとほとんど全部自分ひとりでするようになりました。

EMI Japanからは4枚のアルバムをリリース。ロンドンレコーディングのYes, LAレコーディングのDreamin’ NYレコーディングのLove, そしてAK Trilogy。この4枚はどちらかというとR&Bのエッセンスが強いアルバム。 3枚目Loveのレコーディングの時、ビヨンセ、アッシャーのエンジニアKevin KD Davisと一緒に仕事し、彼が”君は全米から曲をリリースするべきだ!”なんて言われ、長年の夢だったAKの夢を完全に押しました!そしてとうとう AKは世界を舞台に活動することを夢見て、2001年からNYに住むことに決めたの。それからすごいことが起きました!

世界中の人達に自分の作ってる音楽を聴いてもらいたい!っていう夢を実現させるために、2001年からNYに住んだAKですが、夢を実現させるためには、思ってることを行動に起こす必要があるとAKは常に思ってます。例えば、きっと無理だよなーって思った瞬間、自分でそれを無理と決めてるので、まず無理。

でもどうしたら実現できるか。まず何事も、やってみないとわからないってAKはいつも思うの。やってみてだめだったらあきらめる。でもやる前にあきめることはなし。

実現するための道を自分で考える。どうしたらシンガーになれるのか?この質問はよくあるんだけど、実現させるための道を考えることも、シンガーになるための必要条件です。

例えば、AKの場合は、自分の曲を、NYのレコード会社に持っていきました。相手は人間なので、話せば、音を聴けば、好きになってくれる人もいるかもしれない!その気持ちで、AKの大好きなDJでありプロデューサーのFrancois K.にAKの「Say That You Love Me」を聴いてもらったら、ぜひリミックスしたい!という返事!

そのリミックスが全米デビューシングルとしてNYの最高峰のダンスレーベルKing Street Soundsからリリースが決定。そしていきなり世界中のチャート1位に!しかも日本語と英語のミックスだったのに。

これがきっかけでAKはダンスフィールドに完全に入るようにました!その曲が今回のアルバムタイトル『Say That You Love Me』です。なので、このアルバムは本当にAKの夢を叶えてくれたアルバムでもあるの。かなり感慨深いです。

あのとき、世界でなんて無理だろうってなにも行動しなかったら、リリースも、世界のチャート1位になることも、このアルバムもなかった、、、って考えると、その時やってることが将来のどこに繋がってるかわからないっていつも思う。とにかく叶えたいことは、自然には降ってこない。 笑 その道を作れるのは自分だけです。自分で描いて、行動して、形にしていく。やってみてできなくても全然OK。なにもしないより、トライすること自体が大事。失敗でも自分への経験値が残ることは、なにも起こらないより大きなことだと思います。頑張って自分で形にできたら、最高の満足感あるはず。 アルバム『Say That You Love Me』は、そんな8年前から誕生に向けてスタートしてたんだなって、改めて思っています。


Love, AK

-AK出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 07 30 [住まい・インテリア, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/49011274

この記事へのトラックバック一覧です: AKのニューアルバム”Say That You Love Me” アルバム制作エピソード Part 1: