May 27, 2011

AK、WHAT IF?

もうすぐ日本は梅雨の季節でしょうか?
NYには梅雨はないはずなのだけど、まるで梅雨のような天気がずっと続いています。
時々、真夏のような日もあって、かみなりつきのスコール?もあったりして、ちょっとトロピカル。

震災から3ヶ月近くになりますが、NYには日本のニュースがほとんど届かなくなってしまい、
今の状況を把握することがだんだん難しくなってきています。
でも長期で日本支援をしたいという気持ちはまだJPガールズメンバーのみんな続いています。
そんな中、6月2日(木)、6月4日(土)に下記のイベントをやることが決定しました!

私の友人であり、大阪FM COCOLOのDJで映画評論家のKIYOMI(本名 中村清美)さんが
原発20KM30KM圏内でペットのレスキューボランティアを2度されました。
NYに来られる事になり、体験者としてトークイベントができないだろうかと相談を受け、
急遽、今回は私が主催でこの2つのイベントをオーガナイズしました。JPGが協賛です!
今の被災地の話が聞けるのはとても貴重だと思いますし、
NYで、この機会にぜひたくさんの人達に日本の震災、原発問題が、
3ヶ月近く経ってもまだまだ深刻な状況が続いていることを知ってもらえたらと思っています。

もしNYにお知り合いの方がいたら、このイベントお知らせしてくださいね!
お友達にもfaebook, twitterなどでぜひ!
日本の情報がなかなかNYまで届かなくなってしまった今、日本の状況をみんなで少しでも伝えていけたらです!

詳しくはJP GIRLS NYCのイベントページを見てね!
JP GIRLS NYC / facebookhttp://www.facebook.com/JPGirlsNYC


あ、そうそう、7月24日に、東京であるBody & Soulでのパフォーマンスも決定しました!
いえーい!
また追って詳細はアップしますね。
夏にまたみんなに会えるのを楽しみにしています!



Love, AK

******************

WHAT IF?

P1_polaroidwhat_if


東日本大震災のボランティアを通じて
福島原発20KM圏内でのペット救援体験者、大阪FM COCOLO DJ KIYOMI (本名中村清美)が、
ひとりの震災ボランティアとしての視点で、被災地の状況を写真スライドショーと共に語る2つのトークイベント

”もしあなたが日本にいたら、被災したら、避難所生活になったら、ペットがいたら、
ボランティアだったら、NYで天災、人災にあったら、、、当事者になって考える”

Guest Speaker: “KIYOMI”Osaka Radio Personality in Japan, Writer, Movie Critic
Organizer & Moderator: AK / Akemi KakiharaKrivit
Sponsors: JP GIRLS NYC, United Nations International School, Northeast Council of Teachers of Japanese,
NY Japanese-American Lions Clubs International
Special Thanks: Kazuo Tsuda (UNIS), TomikoYazawa, NozomiTerao, EriKurobe,
Junko Hino, Naoko Fitzgerald, Reiko Farelly and Marie Cochrane
Personal photos of the disaster … Volunteer’s first-hand account … Live Q&A


私の友人であり、大阪のFM COCOLOのDJで、映画評論家でもある、
KIYOMIさんから、福島原発20KM圏内と、30KM圏内で2度のボランティア参加されたこと、
今も尚、被災地は悲惨な状況であること、日々状況が変わりつつも、
ペットや動物は置き去りにされたり、
救援がなければ餓死を待つばかりであることを伺いました。
その彼女が日本からNYに来られます。
これを受け、ここNYで、ゲストスピーカーとしてKIYOMIさんを招き、
ボランティア、一体験者として被災地の現地写真スライドショーを上映しながらの、
トークイベントを2回開催する事となりました。

United Nations International Schoolの北東部日本語教師会会長の津田教授、他、
たくさんの方のご協力に、この場を借りてお礼申しあげます。
KIYOMIさんは、原発のエキスパートや動物愛護団体の方ではないですが、
被災地で実際にボランティア体験された現状の話が聞けるというのは、
日本人だけでなく、多くの人にとっても貴重な体験だと思います。
日本の被災地が今どのような状況にあるのか。
ここNYという場所で、日本の現在の被災地状況を少しでも伝え合うこと理解することは、
長期の復興支援において、
さらには地球レベルにおいても重大な意味を与えることと思います。
ぜひこの機会にたくさんの方にこの貴重なイベントに参加していただけ、
多くの方に日本の現状を伝えていただけますように、、、。 
Organizer: AK / Akemi KakiharaKrivit
EMI Japan, Recording Artist http://www.emimusic.jp/ak/
JP GIRLS NYC http://www.facebook.com/JPGirlsNYC

ご予約
限られた席数となりますので、フルネーム、メールアドレス、
イベント希望日を明記の上、ご予約をお願いいたします。
6月4日の国連学校のイベントにはお名前とIDのない方は入場できませんのでご了承ください。
RSVP : whatifrsvp@gmail.com

両イベント共、同時通訳が入ります。

WHAT IF? - Vol 1
@ The Japanese American Association of New York(日系人会)
Date: June 2nd (Thursday)
Time: 6:30 pm Open, 7:00 pm Start - 8:30 pm
Location: The Japanese American Association of New York
15 West 44th Street 11th Floor (bet 5th & 6th Ave), NYC
Interpreter: Marie Cochrane
General Admission : $10, Student $5(with ID), Donations are accepted
100% of profit goes to NPO Animal rescue/protection group ANGELS
http://angels2005.org/

WHAT IF? - Vol 2
@ United Nations International School(国連学校)
Date: June 4th (Saturday)
Time: 10:00 am - 12:00 noon Haiku Reception (Invitation Only)
12:00 noon - 1:00 pm KIYOMI Lecture (RSVP & ID Required)
Location: United Nations International School
24-50 F.D.R Drive, (25th St & FDR), NYC
Interpreter: Reiko Farelly
Donations are accepted
100% of proceeds go to Japan Society and UNICEF

What_if_jp1

What_if_press_english_05212011

JP GIRLS NYC / facebook
http://www.facebook.com/JPGirlsNYC

Photo by : RomiUchikawa


-AK出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 05 27 [住まい・インテリア, 日記・コラム・つぶやき, 経済・政治・国際] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/51765281

この記事へのトラックバック一覧です: AK、WHAT IF?: