March 28, 2005

ファルセット・シンガー特集

春うらら。桜の季節ですね。 新芽がカオを出し、花が咲き、本当にエネルギーに満ちあふれた春。 “生きる力”の強さを、植物や昆虫たちから教えてもらっているような気がします。

さてさて今回のEBONY EYESは「ファルセット・シンガー特集」でお送りしています。

ファルセット、やっぱりいいですよぉ~。気持ちもふんわりと軽やかになるこの時期 にぴったりです。

個人的にも、ファルセットを巧みに使いこなすシンガーは大好き。 すごくヴォーカルの幅が広がる、というかグッと世界が広がる感じがする。 歌う側はもちろん、聴く側のイメージも。「自由だなぁ」って思いません?

私にとって歌は、イメージの世界なんですよね。曲に対する想いとか、伝えたい言葉 とか、 自分の中でのその曲のイメージ。大切にしたい気持ちを声にすると、歌になる。 なんだかものすごく感覚的なことで、なかなか伝えるのは難しいんだけど、歌でなら できる気がする。 その幅を広げるためにも、ファルセットって実は重要なんだよね。

先日、久しぶりに“はじき絵”というのをやってみたの。子供の頃に誰でもやったこ とのある、アレ。クレヨンで描いた上から、絵の具で色をつけるやつね。 番組で「ファルセット・シンガー特集」をやって、なぜかやってみたくなって。

画用紙にクレヨンで描いた模様が、薄い絵の具を重ねると、弾いて浮き上がって別の 表情を見せてくれる。白でもちゃんと出るし、なによりクレヨンのザラザラした感じ がいい。 絵の具も、色の混ぜ方や薄め具合で、透明感や力強さが出る。

なんか歌に似てるなぁ、って思っちゃった。 地声でガツンと歌うよりも、ファルセットで抑えた方が逆に感情が伝わることもある と思う。 そんなふうに、声は絵筆でもあり、絵の具でもあるのだな、って。 手持ちの色は多い方がいいけど、1色でも色々な表現方法があるんですよね。

そうやって聴いてみると、歌や音楽がより一層、色彩豊かに見えてくるはず!

Luv2Luv Baby, Chie


2005 03 28 [日記・コラム・つぶやき, 趣味, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/3475900

この記事へのトラックバック一覧です: ファルセット・シンガー特集: