October 24, 2005

特集、激唱ソウル!

庭に咲いた金木犀の花も、いつの間にか散ってしまいました。
オレンジ色の粒のような花が木の根元一面に広がって、
それもまたキレイだけど、少し淋しいです。
雨や天気の悪い日が続いたので、数日間しか香りを楽しむことが
できませんでした。残念。

それから今日、夏の終わりに咲いたヒマワリから種を取って、
来年に備えました。
コリアンダーのこぼれ種からも芽が出てきて、“生きる”という
エネルギーを放っています。

これからは紅葉が美しい季節。
積極的に出かけて、自然の気の流れに身を投じるのもいいですね。
瞑想とか、いいかも。

さて、今回のEBONY EYESはものすごいエネルギッシュですよ~。
「特集:激唱ソウル!」
目の醒めるようなコッテコテの熱いヴォーカルに、胸がカァーッと、
つられて顔もクゥゥ~ッとなっちゃいます。

メロディや言葉に魂を込めて歌にすると、
こんなにも人の心を揺さぶるのです。
40年も前のサム・クックの歌声が、今でも色褪せていないのは
きっとそういうこと。

溢れ出る想いを真剣に歌う声は、聴く人の心にまっすぐに届く。
「心を込めて歌う=激唱」とは限らないけれど、
訴えかけてくるモノはやはり大きい。
「ソウル」とは、すべての音楽の源であるに違いないと、確信しました。

Luv2Luv Baby, Chie


2005 10 24 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/6544907

この記事へのトラックバック一覧です: 特集、激唱ソウル!: