March 10, 2006

EBONY EYES、ジャヒームと70sソウル!

060310_ee

沈丁花の香りが漂い始めましたね。
小さな花をいくつもいくつも咲かせ、ふわりと風に乗って鼻孔をくすぐる。
金木犀の香りが秋を届けてくれるように、
この沈丁花は春を連れてくる香りなんです。

冬の間、すっかり放置状態となっていたプランターを久しぶりに覗くと
コリアンダーのこぼれ種が次々と芽を出し、
ジッと春を待っていたミントやカモミールも青々と芽吹いていて、
こんな気まぐれぐうたらガーデナーのもとでも
しっかりと根を張って生きようとする姿に、チクリと胸が痛みましたよ。
いや、申し訳ない。

梅・桃・桜に、雪柳、こでまり、ジャスミン、ライラック・・・
春は好きな花があちこちで見られて、嬉しい。
3匹の犬を連れてのお散歩は大変だけど、じっくり春を満喫できるし
生きるエネルギーに満ちあふれて、私も力が湧いてくる。
深呼吸したの久しぶりかも。
今なら1年で一番デッカイ“元気玉”作れるよ、絶対。

さてさて そんなうららかな春の気分とは打って変わって、
今回のEBONY EYESはこれまたシブ~イ「特集:ジャヒームと70’sソウル」。

70'sソウルのネタがふんだんに使われた、ジャヒームのニューアルバム。
まろやかな歌声と ほんのり感じるクラシックな雰囲気に、
すっかりリラックスしてしまいました。

番組ではアルバムで使われたネタを中心に掘り下げて行きますが、
これがシブイ!
(シブイ、と言ってもスロウな曲が多いだけで、
とってもスウィートでいい曲ばかりなのよ。)
でもこんなふうに“ネタ”をジャンジャン聴いていっちゃうっていうのが、
EBONY EYESらしいでしょ?
たった1枚のアルバムから色々な方向へ広がっていくし、
プロデューサーやアーティストのルーツや、
彼らがリスペクトしているモノがたくさん詰まっていて、
クレジットだけでは表せないようなことまで感じられます。
過去に生まれた曲たちが
若手シンガーの最新アルバムの中で生き生きとしているなんて、
素敵じゃない?

好きなアーティストの曲だけじゃなく、
こういう楽しみ方とか追求心って大事だよね~と、
林さんとも話していたところなんです。ホントにそう。
ちょっと聴き方を変えるだけで、こんなに面白い世界が見えて来るんだから!

Luv2Luv Baby, Chie


2006 03 10 [日記・コラム・つぶやき, 趣味, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/9021337

この記事へのトラックバック一覧です: EBONY EYES、ジャヒームと70sソウル!: