April 19, 2006

クレイグ・デイヴィットのライヴ!

クレイグ・デイヴィットのライヴを観てきましたよ。
なにせ この甘いマスクですから、女子率も高く黄色い声援も飛び交うわけで。
そんな状況がミョーに新鮮に感じたのは、
私がどんどんシブ好みになっている証拠!?

でも そんな女の子たちの気持ち、よくわかります。
あんなに爽やかで清潔感たっぷりなのに、
男性としてのセクシーさが嫌味なく漂う。
眩しいほど白いシャツがよく似合って、
客席のガールズたちへの気配りも忘れていなかった。
もってかれちゃうわ、こりゃ。

ステージのほうは、スマート&クール。
凝った音作り、アレンジが緻密に表現されているスマートさ。
バックバンドが完璧にサポートして、
クレイグ・デイヴィットの音へのこだわりや
メロディラインの美しさを引き立てている感じがしました。
曲のノリとか雰囲気だけで盛り上げるのではなく、クォリティ勝負!!
という姿勢がヒシヒシと伝わってきましたね。

そして彼の声。コレがいい!
すごくレンジが広いって感じではないけど、
一番安定している部分の声は特に、サイコーね。
声とメロディを巧みにに操る姿に、
歌いながら曲が生まれてくるような瞬間がイメージできました。
たまにちょっと歌いづらそうにしていたようですが。

全体的にグイグイ押してくるステージではなく、
スタイリッシュでクールなんだけど
音楽に対しての熱い想いをしっかり胸に秘めてる。
まだまだ若くて、才能にあふれたアーティスト。
これからも本当に楽しみ!

ひとつ気になったことと言えば、
客席から写真撮影している人が多かったこと。
もろフラッシュたいたり、ライトつけて携帯のカメラで・・・。いけませんね。
警備の方が注意して回っているのが目立って、
ちょっと集中力が欠けちゃったな。
カッコイイから撮りたいのもわかるけど、
しっかり心に灼きつけて帰ってはどう?
想像力を働かせて思い出すと、心がとても豊かになるものですよ。

Luv2Luv Baby, Chie


2006 04 19 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/9668162

この記事へのトラックバック一覧です: クレイグ・デイヴィットのライヴ!: