October 16, 2006

コットンクラブでのアメル・ラリューのライヴ!

アメル・ラリュー、観て来ました!
いつものように丸の内コットンクラブへ。

1曲目からすっぽり会場を覆ってしまう、アメル・ワールド。
不思議な力加減と柔らかな発音で、夢のような浮遊感に包まれる。
惹き込まれてぼぉーっと聴き入っていると、力強い歌声にハッとしたり。

とにかく、目の前でみるみるうちに変化していくというか、
その場で音楽を作り上げていっているような、独特のライヴ感。
CDの音を再現するとか、ライヴバージョンとか、そういうのとも違うのね。
バックで鳴っている音に対して、
色々な絵筆を使ってガンガン色を付けていくような。

演奏中のバンドのメンバーにビシバシ指示を飛ばしていた、
あのスルドイ瞳が灼きついてます、まだ。
「違う違う!ソレ!早くっ!!」みたいな。
ふぃぃ、あの迫力にはちょっと背筋が凍ります。
それにしっかり付いて支えるミュージシャンたち、スゴイわ。

頭の中で鳴っている音を表現せずにはいられない、
というのが伝わってくる。
本当に楽しそうに、子供みたいに笑いながら、
お客さんに振ったフレーズが
とてもレベルの高いものだと気付いているのかいないのか…。
あぁ、考えるより先に溢れてくるのかもしれない。
きっと“妥協する”って言葉なんて、ハナっから頭にはないだろう。
根っからのアーティストなんだろうな、と思う。

シンガーとかミュージシャンという枠だけには収まらない、
本当の意味での芸術家という感じ。
つまらない しがらみの中では、きっとアメルの音楽は100%出し切れない。
自由な気持ちで音楽を作ってこそ、伝える意味があるのだと思う。
間違いなく、今までに体感したことのないタイプのライヴでした。

Luv2Luv Baby, Chie


2006 10 16 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/12307474

この記事へのトラックバック一覧です: コットンクラブでのアメル・ラリューのライヴ! :