June 28, 2007

EBONY EYES、ミッドナイト・ソウル特集!

楽しみにしていた、映画『ドリームガールズ』のDVDを買いました。
いやぁ、やっぱり泣いちゃうんだよなぁ。
どこのシーンでっていうのじゃなくて、なんていうか…込み上げてきてしまうの。
隅々まで完璧なエンターテインメントを魅せつけられて、胸がいっぱいになる。

メイキング映像も非常に面白くて大満足!
出演者のオーディションやカメラテストの様子、レコーディングやダンスの稽古をする風景は、
彼らがどれだけ真剣にこの作品に向き合って取り組んでいたかがよく伝わってくる。
あの歌姫ビヨンセだって、この役をモノにするのにあんなに必死だったんだ。
最初に映画を観た時「だいぶ抑えて歌ってるなぁ」って思ったけど、それもやっぱり彼女の演技だった。
“Listen”に現れた力強さは、ディーナの本当の心でもあり、ビヨンセらしさでもある。だからこんなにも揺さぶられるんだ。

そういえばエフィ役のオーディションでは、今回のアメリカン・アイドルでかなりいい線までいっていたラキーシャが映っていた。(と思う)
そっか、彼女もアメリカン・アイドルの本戦でエフィのあの歌を歌っていたもんね。
ものすごい規模で行われたオーディションを勝ち抜いたジェニファー・ハドソン。そりゃアカデミー賞取っちゃうワケだよ。

振り付け、衣装、音楽、セットなど…
一流のプロフェッショナルたちが限られた時間の中で、最高のものを作り上げるという緊張感がヒシヒシと伝わって、身震いしちゃいました。
何かを作るって、素晴らしい!完成しないものを延々作り続けることは出来ないのです。

で、メイキング観たらもっかい本編を観たくなっちゃうんだよなぁ。
でもこれでいつでも観られるのが嬉しい♪


さて、今回のEBONY EYESは「ミッドナイト・ソウル特集」。
カール・トーマスの歌声と、重なる美しいコーラスにうっとり…。時の経つのも忘れてしまいそうです。

照りつけていた陽が沈み、夜の風がアスファルトの熱を吸い取ってくれる一日の終わり。

シャワーで汗を流して、仕事や授業から解放されるミッドナイト。
そんなひとときに上質の音楽を聴くのって、すごく贅沢。そしてオトナだわ。
ただでさえ暑くて疲れてしまう季節だからこそ、ゆったりした時間が必要なんだよね。

何も考えずに聴いていても心地良くてリラックスできる選曲です。
油断するといつのまにかフェイドアウトしちゃって、気付いたら朝になってるかも!?
でもまぁそれもいいかって思える心の余裕が、たまにはないとね。


Luv2Luv Baby, Chie


2007 06 28 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/15582768

この記事へのトラックバック一覧です: EBONY EYES、ミッドナイト・ソウル特集!: