November 29, 2007

特集:アリシア・キーズとクラシック・ソウル!

秋も深まり、風がぐっと冷たくなったこの頃。
鎌倉へハイキングに行ってきました。

紅葉も見ごろを迎える鎌倉は、情緒たっぷりで素敵!
今回は自然を満喫しようと、天園ハイキングコースへ。

恐ろしく久しぶりな山登りは、あっという間にヒザがガクガクいう。
山道を歩くなんて、おそらく小学校の遠足以来でしょう。
これだけのブランク・・・もっとライトなコースを選ぶべきだったか。

森に棲むいたずら子天狗の、
「疲れたなら、もうやめちゃえば?イヒヒ☆」
という囁きが聞こえてきそうになる頃、ようやく山頂に到着。
ふぃ~、我ながら頑張ったゼ。


頭上をひゅぅるりとトンビが舞い、なかなか良い気分でお昼ごはんにします。
やっぱりここは山の頂。トンビとの距離も近い近い。
見上げると、その鋭い眼光が私を捉えているではありませんか。
「ヒィ~、こわ!」と、さっさと食事を済ませてしまおうと思った途端!


バァザシュッ!!


背後から、手に持っていたおにぎり入りのパックを叩き落とされたのです。
おむすびころりん、すっとんとん。


・・・怖すぎです。恐るべし、トンビ。
あんなデカイ鳥に襲われたのは初めてです。
切り裂かれなくて良かったです。さらわれなくて助かりました。

でもなんか、思い出したら腹立ってきたな。
くっそぅ、おにぎり返せー!バカバカバカ!!


まぁそんなこんなでしたが、3時間みっちり歩きました。
木々の擦れ合う音も、鳥たちの歌声も、鎌倉のゆったりとした雰囲気も、しっかり私の心を満たしてくれましたよ。
最近足りないなぁと思っていたものを、補充できたような気がします。


さて今回のEBONY EYESは「特集:アリシア・キーズとクラシック・ソウル」。
アリシア・キーズのニューアルバムの中で使われているクラシック・ソウルにスポットをあてています。

4年ぶりとなる新作を発表したアリシア。
ヴォーカルもサウンドも以前よりエッジが効いていて、さらに幅広くファンを増やしそうですね。
美しさにも磨きがかかっております。

沢山の人の期待に応え、新しい音楽を生み出しながらも
60'sや70'sのクラシックなソウルをしっかりと取り込んで表現しているあたりはさすが。抜かりないわ。

そしてジャック・スプラッシュの仕事も要チェック!
今後の活躍も期待大です。


Luv2Luv Baby, Chie


2007 11 29 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/17221775

この記事へのトラックバック一覧です: 特集:アリシア・キーズとクラシック・ソウル!: