August 21, 2008

EBONY EYES、特集:ヴォイス・オブ・デトロイト!

遅ればせながら・・・i-Radio開局10周年、おめでとうございます!

これだけのアーティストを集めて、クォリティの高い番組を絶え間なく発信し続けるi-Radio。

‘ピ~、ゴロゴロゴロ・・・’という接続音に少し緊張して、もどかしく感じていた頃からコツコツと積み上げてこられたのも、音楽への大きな愛情があったからでしょう。

良い音楽を伝えるという単純な行為が、実は思っているよりずっと大変な作業なんですよ。
スタッフの方々の地道な仕事ぶりを目の当たりにしてきた私にとっては、とても誇らしいことです。


そしてEBONY EYESが始まったのが、開局した年の年末なので・・・
こちらもまもなく10年になるわけですね。

番組が始まった頃は、とにかく勉強、勉強!って気持ちが強かったけど、
肩の力を抜いて純粋に楽しめるようになったのは、ここ数年のような気がします。

林さんの選曲はいつも素晴らしくセンスが良く、少々難しいテーマでもわかりやすく、一番大切な“音楽への探求心”を刺激してくれるのです。
好きだけじゃない、もう一歩先へ踏み出すことの楽しさを教えていただきました。

さらに今年はi-RadioのレーベルからLuv2Luv Babyのアルバムをリリースすることも出来ました!
i-Radioを支えて下さっているリスナーのみなさま、スタッフの愛に、ただただ感謝です。

当たり前のように存在するということは、長く続けてこそ。
長く続けてきたということは、あとから追いつこうとしても無理なんです。
重ねた時間の分だけ、ちゃんと価値が生まれると思うの。
そこに少しでも自分が関わることが出来て、本当に嬉しいです。


さて185回目となる今回のEBONY EYESは、「特集:ヴォイス・オブ・デトロイト」。
林さんがエッセンス・フェスの直前に訪れたということで、久々の地域密着型特集!

デトロイト=モータウンというイメージが強いですが、
今回はドウェレ、ドラマティックス、ワイナンズとアニタ、メジャー復帰したリオン・ウェアなど、
デトロイト出身/拠点に活動しているアーティストを紹介しています。

R&B No.1 Hits!はモータウンより、マーヴィン・ゲイが登場!

ただデトロイトという括りだけではピンとこないかもしれませんが、
実際に見てきた林さんのお話を聞いていると、実に自然につながっていくんです。
歴史や街並みや景色が、音楽を作っているんだな、と。
あちこちから伝え聞く情報とはまた違う、リアルなデトロイトがわかりますよ!


夏休みのこの時期、どこかへ旅行に出かける方も多いと思いますが、
自分の目で見る、その土地の空気を感じるというのは大事な経験ですよね。


Luv2Luv Baby, Chie


2008 08 21 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/42229428

この記事へのトラックバック一覧です: EBONY EYES、特集:ヴォイス・オブ・デトロイト!: