August 07, 2008

EBONY EYES、モダン・ディープ・ソウル特集!

グミを食べてたら歯の詰め物が取れました・・・。
やっちまった・・・しかし妙に懐かしいこの感じ。
もう子供ではないので、お母さんにビクビクして隠したりしません。
ソッコー、歯医者さんを予約です。


世の中は夏休みということで、電車に乗ればポケモンラリーに興じる親子がとても多い。

駅いっこいっこ降りてスタンプ集めるなんて・・・恐ろしや。
階段の上り下りだけでかなりの運動量になりそうですが、これはもう夏休みの風物詩ですね。

おじいちゃんおばあちゃんが駆り出されるケースや、
(おそらく)ママ友の間で一人が代表して、子供たちを引率する場合などが多いようです。

原宿で山手線に乗ってきた、兄弟を連れたお父さんは、

「代々木に行ったら東京の方に戻ろう?(総武線でしょうね)
 一周しなくていいよな?な?」

と、お兄ちゃんを必死で説得していました。
うんうん。お父さんの気持ちは痛いほどよくわかる。。
でも私だったら新宿に出て中央線で東京まで行きたいです。
ひと駅でも多く飛ばして行きたい。

あぁ・・・涙と汗が滲んでくる、夏。

私にとって“いい夏”とは、どれだけ童心に還れるかで決まる。
ポケモンラリーを思い切ってやってみるのもいいかもしれないね。


さて今回のEBONY EYESは、「モダン・ディープ・ソウル特集」。
モダンでディープな歌声を持つアーティストを集めています。

デビュー作をリリースしたノエル・ゴーディン。
ホントにこれでデビューなの?と言いたくなるほど完成された歌声。
深みがあって繊細で、よりディープに心に届くこんなシンガーが着々と育ってきているようです。

こちらも評価の高い新作をリリースしたロイ・アンソニー、オーティス・クレイにミリー・ジャクソンと、
ディープだけど不思議と暑苦しさを感じない、ホンモノの歌ばかりが聴けます!
R&B No.1 Hits!では、グレン・ジョーンズの素晴らしい声にウットリして下さい♪

日本でヒットする洋楽=ホンモノ、とは限らないけれど、こういう歌はちゃんと聴いておきたい。
夏だからってお祭り騒ぎはちょっと・・・というオトナのあなたにもピッタリです!
私も子供みたいに遊ぶけど、音楽を聴くときだけはちゃんとオトナよ。


Luv2Luv Baby, Chie


2008 08 07 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/42094426

この記事へのトラックバック一覧です: EBONY EYES、モダン・ディープ・ソウル特集!: