November 27, 2008

EBONY EYES、特集:ソウル・トライアングル!

釧路市動物園にいるホッキョクグマの“ツヨシくん”が、実は女の子だったらしいですね。
待てど暮らせど、雄らしい行動がみられないって・・・
もう4歳ですよ!もっと早く気付いてあげて!

でも2回もDNA鑑定をしてもわからないなんて、哺乳類なのに判別が難しいんですね。
サファイア王子か、オスカルか。
いずれにしてもちょっとミステリアスでロマンティック!

ずいぶん前に“ひよこ鑑定士”という、ひよこを雄雌に分ける職業が実はかなり高給だということを知って衝撃を受けましたが、こうなると“白クマ鑑定士”も必要かもしれないですね。
産まれたばかりの子グマと戯れながら・・・た、楽しそう!
だって白クマの子供なんて、ちょーカワイイよ!

結局、親しまれた“ツヨシくん”のままいくらしいですが、そんなエピソードも逆に愛おしいじゃないですか。
「お騒がせしてすいません」的な、少々ばつの悪そうなツヨシくんを是非間近で見たくなります。


ちなみにウチのミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)も、性別は不明。
なので名前は“川上さん”です。
いつか卵を産んだりしたら、メスだそうです。
でも1匹しかいないので、どうやら迷宮入りしそうですね。


さてさて、今回のEBONY EYESは「特集:ソウル・トライアングル」。
3人組というよりも、しっかりと個性の光る3人が集まったナンバーを集めています。

まずはアーバン・ゴスペル界から姉妹デュオ、メアリー・メアリーとキキのコラボを。

ラサーン・パターソンの多国籍ユニット、シュガラッシュ・ビート・カンパニーもかなりいい!
そして待ってました!ラベルの再結成アルバムからは、フィリーなバラードを紹介。

R&B No.1 Hits!はスゴイよ、クインシー・ジョーンズ、レイ・チャールズ&チャカ・カーン!
しかもこの曲、コーラス陣も豪華ですよ。もう・・・ぎゃふんっ!

“個性”って、実はすごく好きな言葉です。
昔から素直に右へならえが出来ない私にとっては、空から天使の梯子に乗ってスルスルと降りてきたような、ありがたい、いやむしろ すがりたいワード。

‘みんなちがって みんないい’
金子みすずさんの詩が胸に響きます。

それぞれの個性・良さを持ち寄って出来た「ソウル・トライアングル」。
この魔法陣、3倍以上のパワーを発揮しちゃってます!


Luv2Luv Baby, Chie


2008 11 27 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/43240307

この記事へのトラックバック一覧です: EBONY EYES、特集:ソウル・トライアングル!: