October 15, 2009

特集:Tribute To メイズ feat.フランキー・ビヴァリー!

Ee_1015_2

秋なので、カボチャを使ってニョッキを作っていました。
なにぶん不慣れなもので、大きさやカタチがマチマチです。
うっすらと粉のついた部分が、頬ずりしたいほどキュート。

それにしても、なかなかシュールな絵面だわ。
このあとちゃんと、キノコと栗のソースと和えて食べました。
美味しかった♪

そんなことをしながら一気に家の片付けや掃除や洗濯をし、キッチンもシンクもピカピカにして気の流れをリセット!
しばらくスタンドにもたれ掛かって放心状態だったギターも磨いて、いっちょまえに弦を張り替え。
放ったらかしでゴメンよぅ!と何度も謝ります。

時間がただ過ぎていくことや、何もしないでいることにとても不安を感じてしまうのですが、
こんなふうに“何をしてもいい時間”を作ると、意外にもリラックス出来るんですね。

やらなきゃいけないとこは、誰にでもある。
だからやりたいことはやりたい時に、やればいいよ。
ふと気を抜いた時にこそ、良いアイディアや作品が出来たりするものですから。
得てしてそういうもんサ。「考えるな、感じろ!」って、誰かも言ってたっけね。


さて、今回のEBONY EYESは「特集:Tribute To メイズ feat.フランキー・ビヴァリー」。
参加メンバーもスゴかった、トリビュート盤リリース記念です!

先日行われたコットン・クラブでのライヴも、行けなかった私には想像を絶するほどの盛り上がりだったとか!
その15年ぶりとなる来日公演のレポートも交えて、カヴァー、サンプリング曲などを紹介します。

まずはトリビュート盤から、ミュージック・ソウルチャイルドのシルキーなナンバーを。
他には、サンプリング定番曲をリメイクしたファンキー・フォー。
“Joy And Pain”を使ったケリー・プライスの曲は、彼女の少女時代が垣間見えちゃいます。
そして、濃ゆぅいヴォーカルでアノ曲を歌い上げるサム・ローガン。

R&B No.1 Hits!は、もちろんメイズ。でもNo.1になった曲は2曲だけなんて、意外ですね。
この曲は私も先日観てきたジョーが、ライヴ&トリビュート盤で披露してくれましたよ☆


圧倒的な支持を誇るメイズ。
日本ではなかなか実感しづらいですが、このトリビュート盤の為に集まったアーティストを見れば一目瞭然。
人々の生活の中に溶け込み、もはや欠かせないものとして、親から子へと受け継がれて来たのでしょう。

ところで、しばらく新作の知らせが届かないようですが、
なんでも「気が向かないから」とフランキー・ビヴァリーが言ったとか言わないとか・・・。

“やりたくなったら、やればいい”
私が言うのとは、当然、重みが違いますね。さすがです。


Luv2Luv Baby, Chie


2009 10 15 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/46490264

この記事へのトラックバック一覧です: 特集:Tribute To メイズ feat.フランキー・ビヴァリー!: