November 26, 2009

特集:ルーツ・オブ・エンダンビ!

師走の気配が・・・漂ってきましたよ。
徐々に慌ただしくなってきた街を、クッキリとした上弦の月が見下ろす。
足を止めて、月と金星の美しい配置にすっかり見とれてしまいました。

思えば今年は何度、空を見上げただろうか。
1日に1度や2度じゃないからな、きっとすごい回数。
せわしなく行き交う人の流れの中でもかまわずボォーっと上を見てるもんだから、
すれ違う人にしょっちゅうぶつかっては謝ってたわ。メーワクだこと。

嬉しくて嬉しくて、晴れ晴れとした気分の時は、一緒に喜んでくれた。
不安でいっぱいになってクシャクシャに絡まった気持ちを、いっこいっこ解いてくれた。
寂しい時には、何も言わずに寄り添ってくれた。
励まして、また明日の分の元気をくれる。
そんな感じ。友達みたいだね。

誰の上にも同じように存在するはずなのに、心を映しているような気がするのはなんでだろ?
空は色んなこと、教えてくれるね。

壮大な夕焼けや、ダイナミックな雲の流れを見てたら、
小さなことで一喜一憂する自分がバカバカしくなる。
深呼吸して、来年も一緒にがんばろ!


さて、今回のEBONY EYESは「特集:ルーツ・オブ・エンダンビ」。
エンダンビの新作リリース記念。彼女のルーツを探っていきますよ!

独特の妖艶さを持つエンダンビ。
エリカ・バドゥの親友でもあるそうで・・・濃いですね、この二人。
存在感、ありまくりです。

まずはアルバム『Pink Elephant』からのリード・シングルを。
続いてこの新作のプロデューサー、リオン・シルヴァーズが手掛けたシャラマーのナンバー。
同じくソングライト&ギターで参加、スティーヴン・ショックリーが所属するレイクサイドのファンク!
そしてエンダンビが前作でカヴァーした、プリンスのちょっぴり意味深なデビュー曲も聴いちゃいます。
なんとなく共通する何かを・・・感じますね。

R&B No.1 Hits!では、エンダンビがスタックス創立50周年記念コンサートで歌ったという、
ルーサー・イングラムのあの名曲を紹介しています。


女性としての美しさや色気をふんだんに漂わせつつ、こんなにもオトコマエなカッコ良さまで併せ持つ。
本当に、見ていて爽快な気分になるアーティストだよね!
次なる展開も、楽しみで目が離せないです☆


Luv2Luv Baby, Chie


2009 11 26 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/46864352

この記事へのトラックバック一覧です: 特集:ルーツ・オブ・エンダンビ!: