January 07, 2010

特集:アンジー・ストーンの新作を解剖!

あけましておめでとうございます!
素晴らしくキレイだった元旦の空。気持ちの良い幕開けになりましたね。
なんとなく、まだその余韻に浸っていたいような・・・。


年末には「あぁもう1年が終わるぅぅ!」と頭を抱えるのに、
年が明けてしまうと、その焦りがウソのように消えてしまうのが不思議です。
31日から1日にかけてのあの瞬間には、なにか特別な力が宿っているに違いない。

昨年までの自分を振り返り、反省をし、得たものを確認し、
支えてくれた人たちの顔を思い浮かべ、また感謝をし・・・。
1年のうちにこんな時間がもてるのは大切ですね。




このフレッシュな心構えを忘れないように、2010年を過ごしていきます。
今年もどうか、よろしくお願いしますね!




さて、無事に11年目に突入したEBONY EYES。
今回は「特集:アンジー・ストーンの新作を解剖」と題してお送りします。


発売から少し経っていますが、腕まくりするような気分で
じっくりと、アンジー姐さんの新作を紐解いていきましょ!


まずはアルバムの中からコーラス・ワークが美しいタイトなアップ・ナンバーを。


そしてソロ・デビュー前に籍をおいていたシークエンス、
新作の中でネタ使いされているミニー・リパートン&ピーボ・ブライソンのデュエット、
アンジーの音楽的パートナーでもあるワニータ・ウィンなどを紹介しています。


R&B No.1 Hits!は、スライ&ザ・ファミリーストーンの超個性的な大ヒット曲を!




『Unexpected』(予想外)というアルバムのタイトル通り、
いつまでも進化することを怠らないアンジーの姿勢はカッコイイ!
守るべきところを守りながらも、気持ちよく攻めていける強さ。
これからのオンナはさ、こうでなくっちゃ!


Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-


2010 01 07 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク