March 18, 2010

Soul Sista~春のレディ・ソウル特集!

甘くて、辛い。
生きるって、こういうことなのかな。

そんな“人生”にも良く似た味付けのタイ料理に舌鼓を打ちながら、
久しぶりに会った友達と、懇々と話し込む。サシで。
数人でわいわいするのも楽しいけど、腹を割って話せる間柄って大切。

たくさん傷ついて、ようやくツライ時期を乗り越えようとしている彼女。
前に進もうともがきながらも、それでもまだ未練やプライドや不安や、少しの期待がジャマをする。
本意ではないけれど、ヘンにズル賢くなっていく自分に気付いたり、ね。

そうやって、自然と身を守る術を習得していくんだよね。
誰だって必要以上に傷つきたくなんかないもの。
みじめな自分なんて見たくないし、絶対、認めたくないよ。

オンナは弱い生き物。
ひとつ恋をしただけで、どうにでもなってしまう。
弱いなりに、手探りで出口を見つけて、傷を癒して、少しずつ強く賢くなる。
そんな時が、ホントはいちばんキレイな瞬間だったりするのに。
あ~もったいない。

シアワセな時はさ、どーぞどーぞ勝手に楽しんでちょーだいと放ったらかす。
急にデートが入ったら、私としてた約束なんてドタキャンすりゃいいのよ。
でもそうじゃない時にこそ、そばにいて痛みを分かち合える存在でいたい。

女友達って、そういうものじゃない?
同士であり、同志。寄り添い合って、支え合って生きていくのよ。
だって、弱いんだもの。


さて、今回のEBONY EYESは「Soul Sista~春のレディ・ソウル特集」。
繊細で柔らかく、そしてたくましい。そんな女性シンガーを集めました。
はじまりもあり別れもあるこの季節、「オトコなんてーー!」と叫びたい方、必聴よ!

まずはダンサブルな80'sサウンドが痛快な、ヘイウッド。デジタル・リマスターでの再発。
で、この方の登場が珍しいという辺りがいかにもEBONY EYES的でもある、ダイアナ・ロス。
アルバム発売直後からもう何度聴いたかわからないほど、私も大好きなエイドリアナ・エヴァンス。
紆余曲折、波瀾万丈な道を歩み、ようやく2枚目のリリースに至った、キキ・ワイアットなど。

どれも新譜、再発されたばかりなので、気に入ればすぐ購入してバイブルに出来ますよ☆

そしてR&B No.1 Hits!は、ニューオーリンズのユルい空気を感じるジーン・ナイトで。


男性だけが持っているものもあれば、女性にしか出来ないこともある。
それって素晴らしいと思うの。なんでも平等であればいいってもんでもなくね。
「女だから」って胸を張れたら、とってもステキじゃない?

春風に吹かれて、美しく咲き、堂々と舞う。
そんなイメージで聴いてみて!


Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-


2010 03 18 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/47834378

この記事へのトラックバック一覧です: Soul Sista~春のレディ・ソウル特集!: