May 13, 2010

特集:エリカ・バドゥの新作を解剖!

ライヴに向けてのリハーサルを終え、あとは体調をキープするのみです。
ようやく暖かくなったと思いきや、意外にも周囲に風邪をひいている人が多いので注意!



Luv2Luv Babyの公式サイトでは、日々好きな写真を撮りながら、その日目にしたものや想ったこと、イメージしたことを“ことばあそび”として綴ったりしています。


そんなふうに、写真や言葉で切り取っていくのはとても楽しいことですが、やっぱり私が一番シアワセを感じるのは、言葉と音が出会う瞬間。
メロディに乗って、カラダから外へ出て行く、その瞬間。


曲作り、レコーディング、それからライヴ。
何かを伝えることが出来たら、分かち合えたなら、泣けるほど嬉しい。
“歌うこと”が私の生き甲斐だと、つくづく思うのです。

次のライヴ、日にちも迫ってますがお時間がありましたら、是非遊びにいらして下さいね!


5月14日(金) @下北沢 mona records
open 18:30 / start 19:00
前売り \2000 / 当日 \2300
(出演は20:30頃です!お仕事帰りにドウゾ♪)




さてさて今回のEBONY ENESは「特集:エリカ・バドゥの新作を解剖」。
お馴染みの解剖シリーズ。しかもエリカ!聴き逃せないよ!


ミュージック・ヴィデオの一件がすっかり話題をさらってしまった、エリカの新作。
ですが、原点回帰とも言われている今作の内容は、文句ナシ!
この説得力・・・ここが大事。これがすべて。


番組では、先行シングルとなった曲、エリカがアルバムでリメイクしているシルヴィア・ストリップリン、大ネタ使いされている、ンドゥグー&ザ・チョコレート・ジャム・カンパニーの80年のナンバー、そしてネタとしてはもう鉄板中のテッパン!エディ・ケンドリックスのアノ曲や、『Baduizum』からのリンズリー・リミックスまで、余すとこナシ!
林さんも「解剖し甲斐がある!」と意気込んでおられますよ!




なりふり構わず我が道を行ってらっしゃる、エリカ様。
しかしこの音楽に対する一直線な情熱が、周囲の雑音すらも説き伏せてしまう。
たくましいね。凛々しいね。


ん。これで、いいのだ。



Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-


2010 05 13 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/48347113

この記事へのトラックバック一覧です: 特集:エリカ・バドゥの新作を解剖!: