May 27, 2010

懐かしくないソウル特集!

20100527_1

最近は、雨の日が楽しみになってきました。
空から落ちてくる雨の量で、色も景色も音も変わる。


街をすっぽりと覆うようなふんわりとした、こぬか雨。
シトシトと葉っぱの先にたくさんの雫をつくる、翠雨。
澱んだ空気をさっぱりと洗い流してくれる、にわか雨。


あっちでキョロキョロ、こっちにフラフラ。
写真を撮り撮り、ついつい寄り道ばっかりしちゃってダメね。
木に花に草にぴったりへばりついてカメラ構えてるワタシ、パッと見、危なくないかしら。。


そんなこんなで、すっかり雨を満喫しているところ。
なんだか今年は、梅雨が来ても楽しめる気がします!

さて今回のEBONY EYESは「懐かしくないソウル特集」です!
懐かしくないソウル・・・?


ヒネっているのか、いないのか。わかるような、わからないような。
つまりはオールド・スクールな昔ながらのスタイルを持ちつつ、ちゃんと今を生きているソウル。
最近の新譜から、ジャンジャン紹介しますよ!


まずはオシャレなメロディラインが印象的な、PJモートン。
それからデンマーク人とドイツ人によるユニット、クール・ミリオンの80's感あふれるナンバー。
どっぷりディープなサウンドはまさに“ヴィンテージ”という言葉がぴったりな、シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングス。
イギリスのラジオ番組のDJが監修したコンピからは、キャンディ・ステイントンを。
(あ、林さん監修のフィリー・コンピもヨロシクね!)
そしてソロモン・バークの切ない歌声と染み渡るハイ・サウンドに、ココロをがっちりホールドされちゃって下さい。
ウィリー・ミッチェル最後の仕事とあって、涙ナシでは聴けません!




私のように、最先端の音を追いかけようとするとちょっと疲れちゃう、そんな人はハマッちゃうですよ。
時代の流れに左右されずにこだわりを貫くってことは、何より強みであるに違いない。


今回は新譜ばかりのラインナップですから、選ぶ楽しみも増えますよ!
これから続く雨の日、買ったCDをじっくり聴くっていうの、しましょうよ。



Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-


2010 05 27 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/48470172

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしくないソウル特集!: