March 31, 2011

気ままにセレクション

20110331_1

ようやく、ようやく、春の息吹を感じています。
もうこのまま冬は明けないんじゃないかと、ちょっと諦めそうになりましたが。

久しぶりに少し落ち着いて、歩きながら辺りを見渡してみると、たくさんの春が。
花ニラも、ビンカも、ユキヤナギも、一斉に花を咲かせています。
ハクモクレンも満開です。桜だって、いよいよですよ。
今まで当たり前に訪れていた季節を、素直に愛おしいと思う。

久しぶりに友達とも顔を合わせ、美味しいご飯をいただいたり。
みんな元気でいることはわかっていたけど、目の前で笑ってくれるとやっぱり安心します。
出会いがない出会いがないとボヤく友人が、なんて可愛いんだろうと。
くだらない会話に、こんなにも癒されるものかと。

優しい陽射しがあって、花が咲いてて、美味しいものを食べて、わははと笑って。
毎日あったものがこれほどありがたいなんて、初めて感じます。
大事に、大事に、しなくちゃね。


さて、日常に音楽が欠かせない方には、EBONY EYESの「気ままにセレクション」を。
今回も、お気に入りの曲をどんどん紹介しちゃいます。

まずは私も年明けからかなり愛聴している、ジョン・ストッダートの新作。
上品でソウルフル、メロディもアレンジも優しくまろやかな声もアルバムの構成も、すごくいい。
昨年の発売当初より今の方が店頭でも目につくということは、ジワジワと良さが伝わっているのかも。
これは本当に、買って損のない1枚です。まだの人は是非、番組をチェックよ。

そして残念ながら、先日亡くなってしまったロリータ・ハロウェイとネイト・ドッグ。

個性のある二人の歌声、しっかり聴き入って下さい。

今も昔もずっと変わらない音楽を届けてくれる、大ベテランのメイズ feat.フランキー・ビヴァリーや、
詩人としても活動するシンガー・ソング・ライター、ギル・スコット・ヘロン。
聴けば聴くほどに、深みの出てくる曲ばかりです。


ふとしたはずみで出来ることや、コツコツ作り上げるものや、命を削るように紡ぐものも、すべて同じ音楽。
聴く側の気持ち、心境の変化によって、そこからカタチを変えていくのもまた、音楽。

一語一句、一音一音を噛み締めてもいい。心地良く聴き流したっていいじゃない。

音楽にはいつだって、“自由”がある。
私はそれが、心から好きだと思うの。


Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 03 31 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | トラックバック

March 17, 2011

マーシャ・アンブロウジアスの新作を解剖

みなさま、お元気でいらっしゃいますか?
ひとり残らず、そうであって欲しいと、これほど強く思ったことはありません。
東京にいる私でさえ、また揺れが来るだびに、怖くて指先が震えるのです。

大切な人の安否、届かない物資、寒く冷たい夜、見えない光、拭っても拭っても溢れる涙。
被災地の方々のそんな不安な気持ちが、少しでも安らげるよう、何か出来ないかと考えますが、
実際の救助活動などは信頼出来るプロフェッショナルな人々に託し、私は節電など身の回りのことから。

あの日、渋谷の街なかで味わった恐怖。
大きく前後にたわむ巨大なビル、ひび割れたアスファルト、危険を察して一斉に飛び立った鳥たち。
色々な人の顔が浮かび、心配で心配で心細くて、泣きながらひとり歩いた家までの道のり。
あんな思いを経験していなければ、正直言って心のどこかでまだ、他人事だと思っていたかもしれない。

そして。

大地から、海から、空から。
もうどこにも逃げ場なんてないように思える状況の中で、私は誕生日を迎えました。
生まれてきたことの奇跡。生きていることの奇跡。
強く強く、噛み締めています。感謝しています。


一日も早く、日常を取り戻しましょう。
それぞれに、出来ることをやりましょう。今までやってきたことを。
せめて、それが適う場所にいる私たちは。

音楽家は音楽を作り、奏で。
写真家は人々の心を、写し。
芸を持つ人は、笑顔を生み。
モノを売る人、美味しい料理を作る人、荷物を運ぶ人、情報を届ける人、壊れたものを直す人。
もっともっと、たくさん。あなたがそれまで、やってきた通りに。

助け合い、譲り合い、思いやることは、誰にだって出来るのです。
ひとりじゃないと思えば、私にも出来る。
今ならきっと、ひとつになれる気がします。


さて、EBONY EYESは通常通り、更新致します。
私たちは、音楽が持っているチカラを信じているからです。

今回は「マーシャ・アンブロウジアスの新作を解剖」。
私が昨年末から、リリースを心待ちにしていた作品の解剖シリーズ!

ようやく輸入盤が発売になる頃、国内盤の解説を林さんが書いていることを知り、
ではもう2週間!とガマンを重ねて待ち続けたリリースですが、この地震の影響で未だ入荷せず。
とりあえずもう一度、この番組を聴いて凌ぎます。

フロエトリー、マイケル、ローリン、ティーナ。
素晴らしいラインナップで、自信を持ってお送りします。


私自身、あの瞬間から丸 3日ほど、音楽に触れることが出来ませんでした。
でもやっぱり、必要だと痛感しました。それが私の日常だからです。

この度の震災で被害を受けた方々、深く深く、お見舞い申し上げます。
どうか心を強く持ち続けられますように。
よろしければ私も一緒に、頑張らせて下さい!


Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 03 17 [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 音楽] | 固定リンク | トラックバック

March 03, 2011

特集:いい声に酔う!

ひな祭り!おめでとう、女の子!
でも何もしていない・・・。

ライブが迫っていまして、何をどうしようとかワクワク!とか、アタマの中はてんてこ舞い!
色々考えてたら、このブログ、ちょっと遅れてしまいました。。
待ってくださっていた方がいらしたら、本当にごめんなさいデス!

そう、Luv2Luv Babyの久しぶりのライブなんですよ☆

★3/5(土) 北参道ストロボカフェにて!
OPEN 18:30 START 19:00
Charge:2000+1drink order
※出演は20時過ぎになります♪


もう3月ですので、春らしく!いやむしろ夏を先取り!?
とにかく心の中からあったかくなっていただけたらな、と思っています。

今回も、SEASONSというストリングス・ユニットで活躍中の、ヴァイオリンの河村舞子ちゃん、
ミュージカルのオーケストラなどでの演奏で大忙しの、チェロの岡部恵理ちゃん、
このお二人にお手伝いしていただきます!

先日、ライブのリハーサルも終えまして。
今まで弦楽器の演奏を生で観る機会などほとんどなかったのに、こうして一緒に音を作っていけることが、なんだか夢のように贅沢で、本当に嬉しい。

ライブでは、私たちがアナタに、夢をプレゼントしちゃいます☆
新曲もご用意していますので、ゼヒ遊びにいらしてね!


さて、今回のEBONY EYES、こちらもまるで夢のよう!
「特集:いい声に酔う」と題して、ステキな歌声の男性シンガーをたくさん紹介。

まずは昨年、自主レーベルからアルバムがリリースされた、アル・オリーヴ。
ゆったりしたリズムに乗る、まろやかな歌声がなんとも心地いいです。

インコグニートのシンガーとしても活動していたトニー・モムレルがリードを取った、リール・ピープル。
男の色気を感じる(個人的に!)ヴォーカルももちろん良いのですが、素晴らしいサウンド・プロダクション!
もう、私の欲しいCDリストにソッコーでイン!いやきっと、アナタも。

そして最近リイシューされたデイヴィット・シモンズのアルバムから。
グレン・レナードの美しいファルセットとジーン・カーンの女声が絡み合う、1曲。
マクファデン&ホワイトヘッドの、絶妙なツイン・ヴォーカルも必聴です!


“いい声”ってね、あとからどれだけ苦労しても努力しても、手に入らないもの。
頑張って上手くなることは出来ても、こればっかりは変えようがない。
しかも楽器とは違って、たったひとつしかない、とても大切なもの。
天から与えられた、素晴らしい贈り物なんですよ。


Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 03 03 [文化・芸術, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | トラックバック