March 17, 2011

マーシャ・アンブロウジアスの新作を解剖

みなさま、お元気でいらっしゃいますか?
ひとり残らず、そうであって欲しいと、これほど強く思ったことはありません。
東京にいる私でさえ、また揺れが来るだびに、怖くて指先が震えるのです。

大切な人の安否、届かない物資、寒く冷たい夜、見えない光、拭っても拭っても溢れる涙。
被災地の方々のそんな不安な気持ちが、少しでも安らげるよう、何か出来ないかと考えますが、
実際の救助活動などは信頼出来るプロフェッショナルな人々に託し、私は節電など身の回りのことから。

あの日、渋谷の街なかで味わった恐怖。
大きく前後にたわむ巨大なビル、ひび割れたアスファルト、危険を察して一斉に飛び立った鳥たち。
色々な人の顔が浮かび、心配で心配で心細くて、泣きながらひとり歩いた家までの道のり。
あんな思いを経験していなければ、正直言って心のどこかでまだ、他人事だと思っていたかもしれない。

そして。

大地から、海から、空から。
もうどこにも逃げ場なんてないように思える状況の中で、私は誕生日を迎えました。
生まれてきたことの奇跡。生きていることの奇跡。
強く強く、噛み締めています。感謝しています。


一日も早く、日常を取り戻しましょう。
それぞれに、出来ることをやりましょう。今までやってきたことを。
せめて、それが適う場所にいる私たちは。

音楽家は音楽を作り、奏で。
写真家は人々の心を、写し。
芸を持つ人は、笑顔を生み。
モノを売る人、美味しい料理を作る人、荷物を運ぶ人、情報を届ける人、壊れたものを直す人。
もっともっと、たくさん。あなたがそれまで、やってきた通りに。

助け合い、譲り合い、思いやることは、誰にだって出来るのです。
ひとりじゃないと思えば、私にも出来る。
今ならきっと、ひとつになれる気がします。


さて、EBONY EYESは通常通り、更新致します。
私たちは、音楽が持っているチカラを信じているからです。

今回は「マーシャ・アンブロウジアスの新作を解剖」。
私が昨年末から、リリースを心待ちにしていた作品の解剖シリーズ!

ようやく輸入盤が発売になる頃、国内盤の解説を林さんが書いていることを知り、
ではもう2週間!とガマンを重ねて待ち続けたリリースですが、この地震の影響で未だ入荷せず。
とりあえずもう一度、この番組を聴いて凌ぎます。

フロエトリー、マイケル、ローリン、ティーナ。
素晴らしいラインナップで、自信を持ってお送りします。


私自身、あの瞬間から丸 3日ほど、音楽に触れることが出来ませんでした。
でもやっぱり、必要だと痛感しました。それが私の日常だからです。

この度の震災で被害を受けた方々、深く深く、お見舞い申し上げます。
どうか心を強く持ち続けられますように。
よろしければ私も一緒に、頑張らせて下さい!


Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 03 17 [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/51136994

この記事へのトラックバック一覧です: マーシャ・アンブロウジアスの新作を解剖: