June 09, 2011

特集:キキ・ワイアットとクラシック・ソウル

梅雨のさなかではありますが、最近夕焼けの素晴らしい日が、いくつかありました。
太陽が沈んで、闇と入れ替わるまでの、ホンの数十分間。
薄明の空が燃え上がるように一気に色づく、マジックアワー。

もうただただ呆然と、見上げてしまう。
胸がキリキリと締めつけられる音が、聞こえてくるみたい。
涙が止まらなくて、気付けばヒックヒックと、子供みたいに泣いてた。
あー良かった、家の中で。誰にも見られてないよね。

小さな小さな私には到底太刀打ち出来ない、圧倒的な自然の美しさ。
小さな小さなことで悩んだり、口をへの字に曲げたり、なんだかバカみたいだな。

さ、スッキリしたし、また元気に過ごそう!
と、明日への活力を、お空からいただいたのでした。
その一瞬を、見逃したくないよ。

さて、今回のEBONY EYESは「特集:キキ・ワイアットとクラシック・ソウル」。
まもなくキキ・ワイアットの新作リリース!ということで、キキがこれまでにカヴァーした曲などを紹介します。

まずは先行シングル、キキとルーベン・スタッダードのデュエットから。
まっすぐで安定した二人の歌声は、かなりキキごたえアリ。(お願い言わせて)
ジャム&ルイス作の、あの曲です。

そしてキキがアヴァントと歌った、ルネ&アンジェラのオリジナルを。
ん~~、美しいストリングスが、切なさを誘います。

今作でカヴァーしたミキ・ハワードの素晴らしいスロウ・バラードや、
『天使にラヴソングを 2』から、タニア・ブラウントとローリン・ヒルが歌う曲なども、
キキの持つゴスペル・ルーツを、しっかり感じることが出来ます。


で、アルバムにゲスト参加しているケリー・プライスも、ステキな新作を届けてくれています! その中から、こちらもクラシック・ソウルの雰囲気の漂う、極上ナンバーを。

これだけたくさんの曲をカヴァー出来るのは、抜群の歌唱力があってこそ。
他人の曲を歌うということは、原曲を超えるか、まったく違ったオリジナリティを出すか、どちらにしてもハードルは高いものです。
これはもう、新作への期待が高まるばかりですね!


Luv2Luv Baby, Chie

-林剛さん&Chieさん出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 06 09 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/51896235

この記事へのトラックバック一覧です: 特集:キキ・ワイアットとクラシック・ソウル: