March 10, 2006

EBONY EYES、ジャヒームと70sソウル!

060310_ee

沈丁花の香りが漂い始めましたね。
小さな花をいくつもいくつも咲かせ、ふわりと風に乗って鼻孔をくすぐる。
金木犀の香りが秋を届けてくれるように、
この沈丁花は春を連れてくる香りなんです。

冬の間、すっかり放置状態となっていたプランターを久しぶりに覗くと
コリアンダーのこぼれ種が次々と芽を出し、
ジッと春を待っていたミントやカモミールも青々と芽吹いていて、
こんな気まぐれぐうたらガーデナーのもとでも
しっかりと根を張って生きようとする姿に、チクリと胸が痛みましたよ。
いや、申し訳ない。

梅・桃・桜に、雪柳、こでまり、ジャスミン、ライラック・・・
春は好きな花があちこちで見られて、嬉しい。
3匹の犬を連れてのお散歩は大変だけど、じっくり春を満喫できるし
生きるエネルギーに満ちあふれて、私も力が湧いてくる。
深呼吸したの久しぶりかも。
今なら1年で一番デッカイ“元気玉”作れるよ、絶対。

さてさて そんなうららかな春の気分とは打って変わって、
今回のEBONY EYESはこれまたシブ~イ「特集:ジャヒームと70’sソウル」。

70'sソウルのネタがふんだんに使われた、ジャヒームのニューアルバム。
まろやかな歌声と ほんのり感じるクラシックな雰囲気に、
すっかりリラックスしてしまいました。

番組ではアルバムで使われたネタを中心に掘り下げて行きますが、
これがシブイ!
(シブイ、と言ってもスロウな曲が多いだけで、
とってもスウィートでいい曲ばかりなのよ。)
でもこんなふうに“ネタ”をジャンジャン聴いていっちゃうっていうのが、
EBONY EYESらしいでしょ?
たった1枚のアルバムから色々な方向へ広がっていくし、
プロデューサーやアーティストのルーツや、
彼らがリスペクトしているモノがたくさん詰まっていて、
クレジットだけでは表せないようなことまで感じられます。
過去に生まれた曲たちが
若手シンガーの最新アルバムの中で生き生きとしているなんて、
素敵じゃない?

好きなアーティストの曲だけじゃなく、
こういう楽しみ方とか追求心って大事だよね~と、
林さんとも話していたところなんです。ホントにそう。
ちょっと聴き方を変えるだけで、こんなに面白い世界が見えて来るんだから!

Luv2Luv Baby, Chie


2006 03 10 [日記・コラム・つぶやき, 趣味, 音楽] | 固定リンク | トラックバック

November 18, 2005

スタイリッシュR&B特集!

ebony11

一段と冷え込んで来ました。そろそろ冬じたくの頃ですよ。
女性にとっては指先や足先の冷えがツライこの時期。
うう~、私も厚手の靴下が手放せません。

そして冬が近づくと必ずやりたくなる、編み物。
毎年、毛糸を買って来ては編みかけのままシーズンを終えていたのですが、
今年は2日かからずに仕上げました。
洋裁や小物作りが好きな私にとって、
ひと目ひと目紡いでいく編み物はどうもまどろっこしい。
ミシンでダーッと縫って、どんどんカタチが出来上がっていく方が
性に合っていると思うから。

でも今年はとても好きな色の毛糸を見つけたので、気合いで編みました。
ろくに本も見ず、段も数えずにザックザックと。
太い毛糸なので、意外にもあっさり仕上がったのです。

かぶってみると、なんとピッタリ!イメージ通りのシルエットで嬉しくなりました。
しかもちょっぴり小顔に見えるじゃん!てっぺんのポインティーが良い感じです。
お気に入りのブローチを添えて。
こんなことをひとつひとつ、冬に向けて準備をするのって楽しいですね。
リスが頬にいっぱい木の実を詰め込むのと、ちょっと似てるのかも。

さて、今回のEBONY EYESは「スタイリッシュR&B特集」。
フロエトリーの新譜、待ってましたよ~。さすが、カッコイイ。
ポエトリー・リーディングが、ゆったりと耳に流れ込んで来て、
気持ちいいアルバムでした。
言葉が生きてる、というか、大切に大切に伝わってくる。
ラップもいいけど、こういうの好きだな。

他にも林剛さんが、いろいろなタイプのオシャレ曲をセレクトしてくれています。
冬のオシャレを楽しむように、あれこれ聴いてみて下さいね。
きっと、お気に入りが見つかりますよ!

Luv2Luv Baby, Chie


2005 11 18 [日記・コラム・つぶやき, 趣味, 音楽] | 固定リンク | トラックバック

April 22, 2005

EBONY EYESはライヴ・アルバム特集

引っ越しを終えて2ヶ月ほど。やっと引っ越し案内のカードを 作り始めました。 7~8年くらい前に始めたセルフポートレートが楽しくて、 今も年賀状や暑中見舞い(めったにないけど)などの カードにして色々な人に送りつけているんです。

そろそろ引っ越し状のために撮らなきゃなって思っていたのに 、なかなかイメージが浮かばず、2ヶ月も放置してしまった・・・。 最近ようやく、撮りたい感じがつかめてきたので撮影しました。

イメージができあがると、そこからは早い。 小道具をセレクトしたり、着る服を決めたり、ざっくりした絵 コンテのようなものを描いたりして固めていく。

自分でカメラのシャッターを押すので、最初の頃は自分の手の 長さの距離でしか撮れなかったんだけど、今ではレリーズや リモコンがあるので、すごく幅が広がって、より面白くなって きました。

何より自分で撮る、っていうのが、余計な緊張や気遣いもなく、 ラフで好きなんだよね。 思い描いた通りに撮れると感動!だし、ブレたりしたものでも “味”があってなかなか良い。

その後の画像の加工や、カードとしてのデザインも、そこそこ 楽しめる余裕も出来てきました。 しかし加工ソフトの使い方もデザインも、完全に手探りの独学 で、きっと基本の‘き’もなっちゃいないんだろうな。まさに 自己満足の世界だわ。でも私の大事な表現のひとつ、です。


さて、今回のEBONY EYESでは 珍しい(!?) 大御所アーティストたちの「ライヴ・アルバム特集」。

実際に観ることができなかったライヴを、時間が経っても 聴ける。これだけでかなり、ありがたい。 だいたい20代の私が、70’sのアーティストのライヴなんて、 ほぼ観ることができないわけだし。

お客さんの歓声や会場の盛り上がりをリアルに感じられて、 たまにMCとかまで入ってるのもある。 でもライヴ盤の楽しみって、それだけじゃないよね。 アーティスト自身の細かな息づかいとか、高揚しずぎて声が かすれたり、ちょっと音を外したり、私はそういうところを 聴きたかったりする。

カンペキな歌を聴かせて欲しいとは思いつつも、そんな “生っぽさ”や“人間臭さ”を、実は求めてしまうのね。 圧倒的な歌唱力もカッコイイけど、多少大雑把でも、力の限り 歌ってくれたら、なんか嬉しいじゃん? ライヴ盤の醍醐味だよね。でも演奏はカンペキっていうのが、 贅沢で好き。

Luv2Luv Baby, Chie


2005 04 22 [携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 趣味, 音楽] | 固定リンク | トラックバック

March 28, 2005

ファルセット・シンガー特集

春うらら。桜の季節ですね。 新芽がカオを出し、花が咲き、本当にエネルギーに満ちあふれた春。 “生きる力”の強さを、植物や昆虫たちから教えてもらっているような気がします。

さてさて今回のEBONY EYESは「ファルセット・シンガー特集」でお送りしています。

ファルセット、やっぱりいいですよぉ~。気持ちもふんわりと軽やかになるこの時期 にぴったりです。

個人的にも、ファルセットを巧みに使いこなすシンガーは大好き。 すごくヴォーカルの幅が広がる、というかグッと世界が広がる感じがする。 歌う側はもちろん、聴く側のイメージも。「自由だなぁ」って思いません?

私にとって歌は、イメージの世界なんですよね。曲に対する想いとか、伝えたい言葉 とか、 自分の中でのその曲のイメージ。大切にしたい気持ちを声にすると、歌になる。 なんだかものすごく感覚的なことで、なかなか伝えるのは難しいんだけど、歌でなら できる気がする。 その幅を広げるためにも、ファルセットって実は重要なんだよね。

先日、久しぶりに“はじき絵”というのをやってみたの。子供の頃に誰でもやったこ とのある、アレ。クレヨンで描いた上から、絵の具で色をつけるやつね。 番組で「ファルセット・シンガー特集」をやって、なぜかやってみたくなって。

画用紙にクレヨンで描いた模様が、薄い絵の具を重ねると、弾いて浮き上がって別の 表情を見せてくれる。白でもちゃんと出るし、なによりクレヨンのザラザラした感じ がいい。 絵の具も、色の混ぜ方や薄め具合で、透明感や力強さが出る。

なんか歌に似てるなぁ、って思っちゃった。 地声でガツンと歌うよりも、ファルセットで抑えた方が逆に感情が伝わることもある と思う。 そんなふうに、声は絵筆でもあり、絵の具でもあるのだな、って。 手持ちの色は多い方がいいけど、1色でも色々な表現方法があるんですよね。

そうやって聴いてみると、歌や音楽がより一層、色彩豊かに見えてくるはず!

Luv2Luv Baby, Chie


2005 03 28 [日記・コラム・つぶやき, 趣味, 音楽] | 固定リンク | トラックバック

January 01, 2005

ジャケットを作りました。

ebony_blog3

あけましておめでとうございます。
東京でも年末に雪が降ったり、暖冬とはいえやはり冬らしい年明けですね。
さて、2004年の締めくくりに、ジャケットを作りました。 パターンをひいて、裁断して、そのまましばらく放置していたものを 「よしっ、年内に仕上げる!」と一念発起。 お正月休みにのんびりやっても良かったのだけど、 なんとなく中途半端なまま新年に持ち越すと、 2005年がだらけた年になりそうでイヤだったのね。

暮れゆく年の中、偏頭痛と肩こりに襲われながらも作業に没頭。 かけていたメイザのアルバムも、気付けば何周しただろうか。 でも出来上がってみると本当に気分がスッキリ! ほんの些細なことでも、やりかけのことを残さずに 年を終えることができて良かった。

今回は、色合いの優しいヘリンボーンツィードが手に入ったので、ジャケットに。 フリルと袖山に寄せたギャザーでガーリーに仕上げました。ウールであったか。 七分丈のスカートとかと合わせたら絶対カワイイわ♪ 写っていないけど、くすんだブルーのドット柄の裏地も気に入ってます。
なんて自画自賛していますが、これぞ「もの作り」の醍醐味。 自分の為に、自分だけのものを作る。あっぱれ自己満足!! でもそれに加えて褒めてくれる人や楽しみにしてくれる人がいたら、 この上ない歓びとやりがいを感じるのです。やめられません。

やると決めたことは、やる。何事にもそんなふうに取り組めば、 結果、悔いの無い人生が送れるのだろうと思いました。 以外に難しいですけどね。2005年はそんな年にしたいです。

今年最初のEBONY EYESは「ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ特集」。 ニューバースの新譜をはじめ、新年早々ちょっとマニアックに迫ります!

Luv2Luv Baby, Chie


2005 01 01 [ファッション・アクセサリ, 日記・コラム・つぶやき, 趣味] | 固定リンク | トラックバック

December 06, 2004

写真映りがよいですよ

「写真映りがよいですよ・・・chieさん!」って
i-Radioの掲示板“Voice”にメッセージをくれた
hilanderさん、ありがとう!
ってコレはほめられてるの!?
「実物<写真」ってことでしょ・・・う~ん、複雑。

でもこうやってメッセージをいただいたり、
番組を聴いてもらえることはなにより嬉しいですね!

さて写真と言えば、写真を撮ることは私の好きな事のひとつ。
今年一番のお買い物は、念願の一眼レフデジカメでした。
初めての一眼レフと、たった3本のレンズ。
でも説明書は一切読まない!

趣味で服を作る時も、画像の加工をする時も、写真を撮る時も、
自分の中にあるイメージにどれだけ近付けるかがテーマなので、
そのつど手探りで道具を扱うんです。
ようするに必要なこと以外覚えないのね。

レンズを通して視る景色は、目で直接見るものとは
少し違って、とても面白い。
特にマクロレンズは、昆虫にでもなったような気分で
夢中になってしまう。
濃いマゼンダ色の花びらに、点々と付いた花粉の足跡。
名前もわからない小さな小さな甲虫の交尾(おっと、失礼!)。

たった一輪の花の中に、こんなにも複雑な構造と生命の神秘が
凝縮されているなんて。いちいち感動してしまいます。
今まで見落としていた世界に、アガります↑
素敵な写真が撮れたら、いつか紹介させてね。

今回のEBONY EYES「ギャリー・グレン特集」は、
誰もが息をのむようなロマンティックな曲がいっぱい。
美しいメロディーに、ついつい聴き入ってしまいますよ!
音楽も写真も、共通する部分はたくさんありますね。

Luv2Luv Baby Chie


2004 12 06 [携帯・デジカメ, 趣味] | 固定リンク | トラックバック