August 25, 2010

ジェイラン、K-POP「CNBlue」

ごきげんよう、
先日、箱根にいって、露天風呂を満喫してきました、
ジェイランです。

お元気でしょうか?

今週も番組内でお話ししきれなかったおはなしです。

8月16日付けのチャートで、
ご紹介しきれなかったのですが、
もうひとつ気になったアルバムが、
18位にランクインしていました、
CNBLUEの、「2nd Mini Album:Bluelove」です。

最近非常に気になっています、KPOP。
大好き、という方もたっくさんいるでしょうから、
説明はいらないとは思いますが、改めて。
人気、イケメン・ロック・バンド、CNBLUEは、
2009年から、日本を拠点に活動を始め、
日本での路上ライブやクラブでの公演は、
もう100回以上も行っきた、という方たち。
インディーズとしては、2枚のミニアルバムもリリースされています。

そんなふうに、日本で実力をつけてきた、CNBLUEは、
今年1月には待望の母国、韓国デビューも果たされていて。
なんでしょう、このバンドがたくさん存在する、日本で
修業をしてからのデビュー、といった感じなのでしょうか?

R&Bやバラードが主流といったイメージのKPOPですが、
そんな中、異例の人気を韓国でも獲得した彼ら。
そしてとても早いスピードで、現在、どんどんアジア中で人気を得ています。

確かに、本当にみなさん、かっこいですし、
さすが韓国の方、お肌も綺麗な、4人組、ですが。
ルックスだけじゃない。日本語も韓国語も英語も!綺麗な発音で歌われるところや、
また、なんだか、ちょっとかわいいかっこいいかんじのロックもまたよくて、
多くの方に愛されるのがよくわかります。

それにプラスして、
日本で最初に活動を開始したことから、
なんでしょう、なんだかこれまでもっていた、KPOPのイメージを見事に裏切ってくれる、
その歌い方、とか、発音の仕方とか、
へんな言い方かもしれませんが、韓国ぽくないところがまた素敵だと思いますし、

でも韓国らしさはもちろんそのままあって、
あのあつい、甘い、バラードですとか、
韓国人アーティストのって本当にとってもいい、意味がわからなくても泣けてくるような、
そんな良さも持っていて。 

韓国、日本を飛んで、アジアで人気となるのが、
納得だなぁと改めて感じます。

韓国と日本について、
改めて考える年でもある、この年に、
こうしてKPOP人気が日本国内でどんどんヒートアップしていることにも
とても興味を覚えています。

もっと仲良くなれたら、いいな。
もっと、勉強します。


ジェイラン



-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 08 25 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク