October 27, 2010

リアド慈英蘭 、monobright「ADVENTURE」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。

なんだか今年の夏があんなに熱かったことを、
忘れてしまうくらい、
ちょこっと朝と夜は寒くもなってきました。
どうかどうか風邪はひかないでくださいね。

さて、今週も、番組で紹介できなかった、アルバムをここでひとつピックアップ。
今週も秋の旅気分、
探検気分を掻き立てる1枚をご紹介しようと思うんですが・・・
それは、
10月18日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで9位にランクインしていた、
monobrightの「アドヴェンチャー」
というアルバム。

monobright(モノブライト)は北海道出身。
アート系の専門学校生同士4人で結成され、
2006年から活動を開始しています。
2007年にはデビュー前にもかかわらず、
UKのバンドブロック・パーティのフロント・アクトをつとめるなど、
話題をふりまいた彼らにとって、
こちらのニュー・アルバムは、通算3枚め。
その内容はバラエティ豊かで、
「オムニバスCDのコーナーに並べてもらいたいくらい」と、ご本人たちも語っています。

なにがすごいかというと、
こちらのアルバムリリース日、10月13日から、
monobrightはツアーをスタートさせているんですが・・・
実は、今年2月に、
2011年の夏までに、モノブライトはこういう活動、10項目を行います!という宣言、
怒涛の活動計画「DO10!! 攻約宣言!」というのをされているんですね。
そのひとつが、今回のニュー・アルバムリリースとなっているんですが、
活動されたそのスケジュールはそれはそれは忙しいもので、
これまでにも今年は精力的にシングルリリース、
そして今回のアルバムが出きあがったら、すぐに4枚めのアルバムにとりかかっていて、
すでに、10月に実はその4枚目のアルバムの視聴会もこなしているんですね。

既に10のうち5つの公約を達成している、monobrightのみなさん。
なんだかこれからこういう活動をします、と宣言して、
その通りに動いていく、というのもすごいですし、
また、そんなふうにめまぐるしく活動をしていて、大丈夫なのかな、と思うところもありますが、
時間に制約があるからこそ、うまれる音楽や作品があるそうで。
ライブもこなしながらの楽曲制作、というハードルをすでに高くあげた状態で
更に、もっともっと上を!新しいことを!と目指す、そんな気持ちになれるんだそうです。

なんだかそれって、わたしたちも
日常の生活をする上でも参考にできそうな考え方。

政治家のかかげるマニフェストだか、アジェンダだかしりませんが、
そんなものより、こうテンポよく気持ちいいくらいに公約通りに活動を進めている、モノブライト。
その姿を追うだけでも気持ちいいものがありますし・・・
わたし自身も来年こそは!
1月に毎年日記にかきとめる、2011年のResolutuion!
それをしっかり実行させなければ、と、身がひきしまる次第であります。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 10 27 [日記・コラム・つぶやき音楽] | 固定リンク