February 23, 2011

リアド慈英蘭 、Ringo Deathstarr「カラー・トリップ」

ごきげんよう!
リアド慈英蘭です。

少し寒さも和らいできてきました。
真っ赤な自転車を乗るのがちょっと楽しい。
そろそろお外でランチ、
なんて休日もまた過ごしてみたくなってきました。

さてさて、今週も、
番組でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしをしましょう。

今回ピックアップするのは・・・
2月14日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで14位にランクインしていました、
Ringo Deathstarrのアルバム、
「カラー・トリップ」です。

Ringo Deathstarrは、
アメリカはテキサス州ボーモントで
ボーカル、エリオットを中心に結成された3人組バンド。
それぞれギターとベースも奏でる、
男女のツインボーカル、
そして、ドラムと女性ひとり、男性ふたり、という、
スリー・ピース・シューゲイザー・バンドです。

シューゲイザー、というのは、
ご存知の方も多いかと思いますが・・・
うつむきながら、靴を眺めながら、呟くように歌う、
そんなボーカルが特徴的で、
それでいて、ポップなサウンド、というような、
そんなロック・スタイルのひとつ。

そしてそんなシューゲイザーファンの間でいま大注目なバンドなのが、
Ringo Deathstarr!なんです。
こちらはそんな彼らのデビュー・フル・アルバムです。

でも、シューゲイザーファンならずとも
ロックファンにでも、誰にでも、おすすめの1枚。
ちなみに、いまは、
90年代にスタートしたそのロック・スタイル、シューゲイザーの
現代版、ということで、ニューゲイザーともいいますね。

90年代のあの頃(どの頃?)っぽい雰囲気や、
懐かしさが漂っていて。
でも、メンバーたちからは、当然、今らしさが感じられて。

ここ日本では、一昨年、2009年に
ミニ・アルバム『スパークラー』でデビュー!されては、
初来日も果たしていますが・・・そんな彼らのこちらニュー・アルバムで、
さらにさらに、日本でのブレイクも必至となりそうです。

ちなみに、この特徴あるバンド名。
Ringo Deathstarr
これはビートルズのリンゴ・スターと、
スター・ウォーズのデス・スターを合わせたもの・・・なんだそう。
実際、音楽的にどう混ざっているのかはよくわからないけれども、
でも、このスウィートな女性ボーカル、レックスの甘い声に、
とても深みのある音。
ずっと聴いてしまう1枚であることは、間違いないです。

4月には来日公演も決定しています、
Ringo Deathstarrのニューアルバム「カラー・トリップ」、
ぜひぜひ、まだという方はチェックしてみてください。

まったく関係ないけれども、
リンゴが食べたくなってきた!!

それでは、
「i-Radio.COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 23 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク