March 16, 2011

リアド慈英蘭 、心よりお見舞い申し上げます。

ごきげんよう、
リアド慈英蘭です。

みなさんは、ご無事でしょうか。
被災地の方へ、心よりお見舞い申し上げます。

この番組は、いつも木曜日に収録をさせていただいていて、
金曜日に更新をしております。
明日もまた今日と同じいいお天気で、
同じ分の幸せもくるのだろうと、
そうやって想って、過ごして、
収録した番組がそのまま地震のあった金曜日から流れていること、
とても申し訳ない気持ちで1週間過ごしております。

地震のとき、
わたしはひとり自宅にいて、
しばらく揺れていることに気づくことができませんでした。
ヒーターが揺れていて、ヒーターが故障したのかしらと思っていたくらい。
でもヒーターを消しても揺れが止まらない・・・
と思ったら、今度は出窓に無造作においてかったCDたちがぶつかってきて、
引き出しが勝手に開きだして、
壁にかかった大好きな家族の写真が落ちてきて・・・
急いで家を飛び出し、
外にすでにいたお隣りさんの奥さまと一緒に抱き合って、
揺れがおさまるのを待ちました。

そう、本当に、ひととつながっていること、
それをいま一番感じています。
地震から今日まで、
たくさんの方にお世話になってしまっていて、
ひととつながって重なり合ってでないと
人間ってやっぱり生きていけないんだなということを
改めて実感している日々をいま過ごしています。

海外から多くの支援隊、救護隊が入国していて、
こちらも揺れながら、被災地のかぎられたニュースを見ていて、
聞いていて、
自転車ばかり通る道路を見ていて、
ここは・・・日本・・・?と、見慣れない光景にとまどうこともしばしば。
また、被災地での過酷な状況でも人々が助け合い救助しあっていること、
地震がおきてからの都内各所ではすばやく炊き出しが開始されたこと、
ツイッターであつまった方たちが協力しあって、
ボランティア活動に励まれていることが、
BBCやCNNでも報道されていて、
日本人であることにとても誇りをもてる、
そんな瞬間がたくさんあったりもしました。

とはいえ、悲しい。
日本にこれだけのことがおきたことに、
日本に住む者としてのひいき目線であることに恥ずかしがりながらも
やはり、とてもとても悲しい。


今週も番組は通常どおり、お届けさせていただきます。

地震の対策に役立つ情報とか、
いまどんなことがおきているのか、とか、
そんなおはなしは出来ないけれども。

聴いている間だけは、ちょっと地震のこと忘れられたら、
と、願い、お届けしようと思っています。


「i-Radio.COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 03 16 [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 芸能・アイドル] | 固定リンク