March 23, 2011

リアド慈英蘭 、R.E.M.『COLLAPSE INTO NOW』

ごきげんよう、
リアド慈英蘭です。

その後、お元気でしょうか。

さてさて、今週は、番組でご紹介しきれなかった
アルバムをピックアップしようと思います。
今回は、
3月14日付、タワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで
16位にランクインしていました、
R.E.M、3年ぶりの新作、『COLLAPSE INTO NOW』のおはなし。

結成30周年を超えた、ベテランバンド、R.E.M。
ギタリストのピーター・バックは、
このところの音楽業界では、どうしたら、アルバムが売れるんだ?と
そこばかりにやっきになってしまっている状況。
そして必死になっていても、やはりアルバムの売り上げは
全体的に下がってしまっているこの状態をどうにかするには・・・
やっぱり原点に戻って、
自分たちがやりたいことをやるだけやればいいじゃないか!?、
と、そう、思って製作したのが、
今回のアルバムなのだと語っています。

といって、既に、世界各地の音楽メディアから、
高評価を得ている、1枚になっているのだから、
そこがやはりすごい。
ただ、今回3年ぶり、と
久しぶりのアルバム・リリースとなったのですが、
これに伴ってのツアーは
いまのところ特別予定していないことを明かしているんですね。

これもやはり、上記の想いと同じく、
ツアーも、アルバムを売るためにやるというけれども、
本当にツアーをやるから、売れるのかな?という意見からだそう。

わかるけれども・・・
それはちょこっと残念だったりもします。

でも!そのかわりといっては、なんですが、
今回収録曲、すべてのミュージック・クリップがつくられています。

これは、彼らにとっては、91年にリリースしたアルバム「アウト・オブ・タイム」以来の試み。
もともと映像作品にも力を入れる方々で、
実際、音楽と一緒にミュージック・ビデオも一緒に思い出せる!
記憶力の悪い、わたしでもそういう数少ないバンドのひとつ、なんですよね。
中学生のときから好きでよく見ていたビデオなんて、
いくつかすぐ思い出せる自分にびっくりというか、R.E.Mにびっくりです。

とにもかくにも、
ですから、映像もぜひぜひ、
たっぷりアルバムと合わせて、味わってくださいな!


さてさて、そして、終わりに。
先週更新分の番組でもお伝えしましたが、
わたくしリアド慈英蘭がお届けさせていただいてます、
「i-Radio.COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
残すこと2回をもって、
しばらく休止させていただくこととなりました。
その後については、また改めてお伝えすることとなります。

ですので、ぜひぜひ、この後の最後の2回、
逃がさすに!みなさんとお会いできたら嬉しいです。
それでは。
今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 03 23 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

March 10, 2011

リアド慈英蘭 、「OK!!! C'MON CHABO!!!」

ごきげんよう!
リアド慈英蘭です。

3月なのに雪・・・
少し寒さも和らいできたかなと思えた矢先だっただけに、
ちょっとびっくり。
風邪などひいてはいないでしょうか?


さてさて、今週は、
いつも通り、
番組でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしをしましょう。

今回ピックアップするのは・・・
2月28日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで7位にランクインしていました、
チャボ、こと、
仲井戸 麗市さんが、昨年2010年10月9日で60歳になったことを記念して、
リリースされました、仲井戸 麗市さんへのリスペクトアルバム、
その名も「OK!!! C'MON CHABO!!!」です。

こちらは、仲井戸 麗市さんの還暦をお祝いして、
寺岡呼人さんが企画したトリビュートアルバムとなっていて。

奥田民生さんや、YO-KING、
斉藤和義さんや、ミスチルの桜井和寿さん、
ザ・クロマニヨンズや曽我部恵一などなど・・・。
「チャボがいなかったら、僕らもいなかった!」と本気で語る、
豪華アーティストのみなさんが、
仲井戸 麗市さんの曲をカバーしたものが収録されています。

本当に参加アーティスト13組は
どの方もとっても素敵で、豪華で・・・。
でもそれだけじゃない!
他にも、アルバムに付随して、
例えば、チャボのファンという、
マンガ家、浦沢直樹さん!
わたしも好きで、『20世紀少年』とか、『MONSTER』とか
いまは『BILLY BAT』の続きが気になって仕方がないのですが・・・
あの!浦沢直樹さんが、
チャボさんの60周年記念イラストを描いていたりしているんですね。
それが公開されていたり。
また、その書き下ろしイラストの発表に合わせて、
竹中直人さんや宮藤官九郎さんなど、
還暦をむかえたチャボさんへの応援メッセージも発表されていたりするので、
そういったものもぜひぜひ、
アルバムと合わせて、ご覧になってみてください。
特にこのメッセージは、なんだかみなさん、
ギター少年だったあの頃を、
本当にきっとチャボさんの音楽と共に過ごされたんだなぁ、
というのが感じられる、あったかいメッセージになっていて。
なにより、
とっても本当にいろんな方に好かれていることがわかる・・・
そんなことばの数々を眺めているだけでも幸せ気分になります。
ぜひぜひアルバムを聴きながら、
見てみてください。

3月12日には、
14時から、
タワーレコード渋谷店B1〈STAGE ONE〉で、
こちらのアルバムリリース記念の
トーク・イベントが開催されることも決定しています。
ぜひぜひ、足を運んでみてください!

それでは、
「i-Radio. COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
季節はずれの寒さにも負けず!
今週も元気にお届けします。
どうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 03 10 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 23, 2011

リアド慈英蘭 、Ringo Deathstarr「カラー・トリップ」

ごきげんよう!
リアド慈英蘭です。

少し寒さも和らいできてきました。
真っ赤な自転車を乗るのがちょっと楽しい。
そろそろお外でランチ、
なんて休日もまた過ごしてみたくなってきました。

さてさて、今週も、
番組でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしをしましょう。

今回ピックアップするのは・・・
2月14日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで14位にランクインしていました、
Ringo Deathstarrのアルバム、
「カラー・トリップ」です。

Ringo Deathstarrは、
アメリカはテキサス州ボーモントで
ボーカル、エリオットを中心に結成された3人組バンド。
それぞれギターとベースも奏でる、
男女のツインボーカル、
そして、ドラムと女性ひとり、男性ふたり、という、
スリー・ピース・シューゲイザー・バンドです。

シューゲイザー、というのは、
ご存知の方も多いかと思いますが・・・
うつむきながら、靴を眺めながら、呟くように歌う、
そんなボーカルが特徴的で、
それでいて、ポップなサウンド、というような、
そんなロック・スタイルのひとつ。

そしてそんなシューゲイザーファンの間でいま大注目なバンドなのが、
Ringo Deathstarr!なんです。
こちらはそんな彼らのデビュー・フル・アルバムです。

でも、シューゲイザーファンならずとも
ロックファンにでも、誰にでも、おすすめの1枚。
ちなみに、いまは、
90年代にスタートしたそのロック・スタイル、シューゲイザーの
現代版、ということで、ニューゲイザーともいいますね。

90年代のあの頃(どの頃?)っぽい雰囲気や、
懐かしさが漂っていて。
でも、メンバーたちからは、当然、今らしさが感じられて。

ここ日本では、一昨年、2009年に
ミニ・アルバム『スパークラー』でデビュー!されては、
初来日も果たしていますが・・・そんな彼らのこちらニュー・アルバムで、
さらにさらに、日本でのブレイクも必至となりそうです。

ちなみに、この特徴あるバンド名。
Ringo Deathstarr
これはビートルズのリンゴ・スターと、
スター・ウォーズのデス・スターを合わせたもの・・・なんだそう。
実際、音楽的にどう混ざっているのかはよくわからないけれども、
でも、このスウィートな女性ボーカル、レックスの甘い声に、
とても深みのある音。
ずっと聴いてしまう1枚であることは、間違いないです。

4月には来日公演も決定しています、
Ringo Deathstarrのニューアルバム「カラー・トリップ」、
ぜひぜひ、まだという方はチェックしてみてください。

まったく関係ないけれども、
リンゴが食べたくなってきた!!

それでは、
「i-Radio.COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 23 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 16, 2011

リアド慈英蘭 、トキオ・ホテル「ダークサイド・オブ・ザ・サン」

ごきげんよう!
リアド慈英蘭です。
都内は久しぶりに、雪景色になって、
一瞬、ここはどこかしら?と
いつもとはちょっと違う風景を楽しめた、
そんな日もありましたが・・・
お元気でしょうか?足を滑られて転んだりしていませんか!?
気をつけてくださいね。

さて今週も、
番組でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしをしましょう。

今回ピックアップするのは・・・
2月7日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで16位にランクインしていました、
バンド、トキオ・ホテルの日本上陸アルバム!
「ダークサイド・オブ・ザ・サン」です。

こちらは、日本のファンのためだけに!
特別に、これまでの彼らのヒット曲を
あっちこっちから引っ張り出してきて収録されている、
なんとも豪華な1枚。

トキオ・ホテルは、
一卵性双生児である、ビルとトム兄弟、
それから、ゲオルグ・リスティング、
グスタフ・シェーファーの4人組ポップ・ロック・バンドで。
2005年にデビューされていて、
その独特な、未来的な、そしてちょっと懐かしいかんじもする、ビジュアル、
それからサウンドで、注目されています。

トキオ・ホテル、というそのバンド名が、
日本人としては、なんとも親しみやすいかぎりでもありますよね。
「日本語の響きがかっこいい!」
ということでつけられたバンド名なのだ、と聞くと、
これまたちょっと嬉しい。
ちなみに、彼らがかっこいいと言ってくれています、日本語は、
たまに歌詞の中にも登場してきたりもします。

全世界で既に700万枚以上の売り上げを記録している、
ドイツ出身の人気ロック・バンド、トキオ・ホテルは、
特にドイツを始めヨーロッパを中心に大きな人気を得ていて。
日本には、去年初来日!
そして今回こちらの日本デビューアルバムリリース記念に
再び、来日もありました。

実は、2007年に、初来日の予定が組まれていたのですが、
当時、残念ながら、その来日が急遽中止されてしまい・・・
ですから、今回は本当に待望の来日!
そして、日本デビュー盤!となりました。

フロント・マンのビルにいたっては、
とっても妖艶なちょっとドキっとする、そんな存在感のある方で。
ちょっとレィディー・ガガの男性盤?みたいな、雰囲気。
ミラノ・コレクションに出演するなど、ファッション業界でも注目されている彼も
ちょっと気になります。

今年ますます日本でも注目のバンドとなりそう!
トキオ・ホテルの「ダークサイド・オブ・ザ・サン」。
まだ、という方はちょっと手にとってみてください。

それでは、
「i-Radio.COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 16 [日記・コラム・つぶやき, 芸能・アイドル, 音楽] | 固定リンク

February 02, 2011

リアド慈英蘭 、「リ・トル・クリーチャーズ」

ごきげんよう、リアド慈英蘭です。
さて今週も、
番組でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしをしようと思います。


今回ピックアップするのは・・・
1月24日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで19位にランクインしていました、
アルバム、
「リ・トル・クリーチャーズ」です。

こちらは、
デビュー20周年を迎えたリトル・クリーチャーズへ、
クラムボンやくるりなど、
日本のアーティストたちが、それぞれ
リトル・クリーチャーズの楽曲をカバーしたものが収録されているアルバム。

リトル・クリーチャーズは、
“リトル・クリーチャーズの周りにいるアーティストへ、
カバーお願いしますアルバム”なんていうふうにも、表現されています。

これまでもゆっくりマイペースに?活動をされてこられた、
リトル・クリーチャーズ・・・
昨年、5年ぶりに、オリジナル・アルバムと、
それからベスト・アルバムをリリースされて。
そして今回のカバー・アルバム。
いつもお世話になっています、
もう早速、花粉でお鼻をずるずるさせている、
番組のi-Radio.のディレクターさまも
はじめてリトル・クリーチャーズの音を聴いた時感動したぁ!と
話されていました。
みなさんの中にもファンだ!という方、たくさんいるかと思います。
そして、それはアーティストの方々も同じ。

こちらのアルバムには、
そんなリトル・クリーチャーズを愛する
アーティストの方々がたっくさん参加されています。

そしてちょっと感動したのは、
リトル・クリーチャーズのオフィシャルHP。
こちらのアルバムの特設ページには、
このアルバムに参加されているアーティストから、
20周年をお祝いする、心のこもったコメントが載せてあるのです。
どうしてそれぞれ選曲をされたのかという、理由とか。
リトル・クリーチャーズのすばらしさとか。
ぜひぜひ、まだ、という方はいらっしゃらないかと思いますが、
もしいたら、のぞいてみてください。

2月24日には、このアルバムのタイトルと同じ、
「リ・トル・クリーチャーズ」と銘打って、
今度は、“対バンお願いします、企画”ということで、
ゲストアーティストを迎える、リトルクリーチャーズのイベントも開催されるようです。
ぜひぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

それでは、
「i-Radio COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 02 02 [日記・コラム・つぶやき, 芸能・アイドル, 音楽] | 固定リンク

January 26, 2011

リアド慈英蘭 、THE GO! TEAM「ローリング・ブラックアウツ」

ごきげんよう、リアド慈英蘭です。
さて今週も、
番組でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしをしようと思います。

今回ピックアップするのは・・・
1月17日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで10位にランクインしていました、
THE GO! TEAMのアルバム、
『ローリング・ブラックアウツ』です。

メンバーに日本人が2人もいる、
本当に人種もさまざまな、多国籍バンド、
そして音楽のジャンルもまた多種多様といわている、
UK発の6人組バンド、THE GO! TEAM(ザ・ゴー!チーム)。

日本には、2007年に、単独ツアーをしに来日されていますし、
2005年と2008年のフジロックにも出演。
日本でも多くのファンがいる彼らですが・・・
は早々にこちらのアルバムリリース!
そして、なんと4年ぶりとなる来日ツアーも決定しているということで、
なんだか、2011年、日本ではTHE GO! TEAMな1年となりそう。

日本先行でリリースされた、彼らのこちらの日本国内盤アルバムには、
メンバーのひとり、日本人であるツチダカオリさんが
自ら歌詞の和訳をされていたりもするんですよね。

マドンナやマイケルにも認められた、日本人ダンサーとして、
ケントモリさんがこのところ話題になっていたりもしていますが・・・

こうして、海外で活躍されている日本人が、
日本で改めて話題になる、というのは
「逆輸入」なんて表現されたりして、よく話題にはなるものですが、
・・・やっぱりすごい。

こうした方々の存在を知るというのは、
日本人としての誇りを感じる瞬間でありますし、
なぜでも日本で最初に光り輝かなかったのだろう、と
ちょっと悔しさに似た思いになったりもします。

海外で活躍されている日本人個人の方たちのパワーに見習って、
日本全部もいっぺんに
パワーアップしなくちゃ!と、
なんだかむくむく力が湧いてきます。

というわけで、風邪なんかひいている場合じゃありません。
花粉症もそろそろ心配です。

「i-Radio.COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
それでは今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 01 26 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

January 19, 2011

リアド慈英蘭 、Daft Punk「トロン : レガシー」

ごきげんよう、リアド慈英蘭です。
さて、先週から通常通り、
タワーレコード渋谷店の週間総合アルバムチャートをお届けしています、
「i-Radio.COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」

改めて、今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

ということで、
日記も久しぶりに、通常通り、
今週、番組でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしをしようと思います。

今回ピックアップするのは・・・
1月11日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで3位にランクインしていた、
映画『トロン:レガシー』の
オリジナル・サウンドトラックです。

映画のほうも、これまでの3D映画をさらに超えている!ともいわれていて話題!
みなさんもご覧になりましたでしょうか?

リメイクでもあるこの作品。
前のほうが、いい!という方、
こっちの新しいほうが断然いい!という方、
いらっしゃるかと思いますが・・・

新作に至っては、
映像美も去ることながら、
映画のヒットに少なからず、といいますか、かなり影響をあたえているのが、
この映画の前編、音楽を手掛けている、
ダフト・パンクかと思います。

本当に、サントラとしては、ただいま異例のヒットを世界で見せている、今作品。

近未来を舞台にした映画『トロン:レガシー』なだけに、
音楽もまた、近未来的な雰囲気で。

エレクトロとオーケストラとの融合はなんだかとにかく、
大きな、壮大なイメージも抱いてしまいます。

アルバムを続けて聴いていると、
トロンの世界にはもちろん、なんだか自分自身がエレクトロな・・・、
0と1だけのコンピュータの世界に入り込んでしまったような、
そんな感覚にもなって、ちょっと楽しい。

そうそう、
映画の中では、ダフト・パンクは、サンドトラックを担当しているだけでなくて、
オリジナルのスーツに身を包み、DJとしても!映画本編にも登場しているんですよね。
見逃した!という方はぜひぜひまた映画館にいってみてください。
そして、その姿をイメージしてつくられた、というのが
"KUBRICK DAFT PUNK (TRON LEGACY Ver.) 2PACK"というもの。
それぞれ高さは60mmほどの、キューブリックという、
ブロック型フィギアがありますが、
そのダフトパンク、トロン:レガシーバージョンの発売もあるのです。
こちらもよかったら、ちょっと合わせてチェックしてみてください。

それしても。
今回のサウンドトラックは、ダフト・パンクとしては、
実に、2005年以来となる、新たな音源でもあるんですが・・・
サウンドトラックもいいけれども、
やっぱり、ダフト・パンクとしてだけの新作も
早く出ないかしらと思わせます。

映画『トロン:レガシー』のオリジナル・サウンドトラック、
今週は何位にランクインしていますでしょうか?

今週もどうぞ聴いてってください。
よろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2011 01 19 [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 音楽] | 固定リンク

December 30, 2010

リアド慈英蘭 、マイケル・ジャクソン「MICHAEL」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。
2010年も残すところあとわずか!
元気に新しい年を迎えられそうですか?

さてさて、今年最後の日記です。
今週、番組でご紹介しきれなかったアルバムの中で、
ピックアップするのは・・・

今回は・・・12月20日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで2位にランクインしていました、
マイケル・ジャクソン、
最後のアルバム、といわれています、
オリジナル・アルバムとしては、実に9年振りとなった作品、
『MICHAEL』。

世界各国で初登場1位を記録しています。

リリース前は、
本物のマイケルの音源じゃないのでは?といった
様々な噂も飛び交っていましたが、
リリースされたとたん、好評価を得ていて、
アルバムからのトラックも個別でヒットしていますね。

それにしても。
ここにきて、マイケル・ジャクソンのニュー・アルバム、リリース!
というのは、なんとも変なかんじがして。
嬉しいような気もするけれども、より寂しい気持ちにもなるような。

わたし自身は、
自分のアイデンティティを大事にしたい、と強く思う人間なので、
彼が生前、本来黒いはずの肌を白くすることや、
鼻のかたちを変えたりしていた?かもしれない、というところは
理解できない、という意見でした。
でも、そこにフォーカスしても仕方がない。
だって音楽は大好きだったから。

本当のスターってたぶん、
「普通のひと」には理解できないことをたくさんする・・・
だから「普通のひと」じゃなくて、スターなんですよね。
・・・ということは、
いろんな、偉人たちのでドキュメンタリーを読んだり、
映画なんかを観たりしても感じること。

今回のアルバムに収録されている、曲には、
マイケルがとくにマスコミからバッシングを多く受けていた時期、
奇抜な行動ばかりが取りだたされていた時期に、つくられた曲も収録されています。
そう思うと、どんな気持ちで歌っていたのだろう、と、
マイケルの心をますます覗きたくなったりもしますが・・・

たぶん一生わからないのでしょう。
だってスターだったから。
・・・そんなふうに過去形で話さなくてはいけないことが悲しい。
それから、セレブリティ、というよりスター、という方って、
なんだかもしかしたら、どんどん減ってきているのかもしれない・・・
そんな寂しさもふと覚えました。

いろんなマイケルが見られる、
このアルバムのジャケットがとても好きです。
マイケルを聴きながら、今年最後の日記でした。

それでは!
今週ラストは、2010年タワーレコード年間チャートをお届けします。
今週は洋楽編。
ぜひぜひ聴いてってくださいな。

ではでは、よいお年を!


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 12 30 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

December 22, 2010

リアド慈英蘭 、Dragon Ash「MIXTURE」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。
風邪などはひいていないでしょうか?

さてさて、
今週はいつも通り、
番組でご紹介しきれなかったアルバムを1枚ピックアップします。

今回は・・・12月13日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで5位にランクインしていました、
Dragon Ash の
およそ2年ぶりとなった、新作、「MIXTURE(ミクスチャー)」 について。

Dragon Ashは、
自分の青春時代を彩った、そんなアーティストだなぁ、という方も
少なくないのではないでしょうか?
わたしもそのひとりなんですが・・・。
96年に結成されて。
もうあれから10年以上たっているというのに、
彼らのかつての音楽はいまでも新鮮ですし、
また今回の新曲もまた、当たり前なんですけれども、新しい感じがする。
ただ、それは、ヒップホップなイメージが強い時期と比べているから、
新しい、と感じているのかもしれませんが・・・。
今回はどちらかというと、ロックな雰囲気。

でも、そういったジャンルを超えて、
なにかちょっと灰色な、カーキ色な、暗めの色のトーンで、
いつも、遠くをみつめているような、
過ぎ去った自分の過去をみつめているような、
なんかちょっとかっこつけているようだけど、
でもちょっとそんな気分にひたっちゃう・・・
っていうときにぴったりな雰囲気は変わらないんですよね。

自分でもびっくりするくらい言葉足らずで
上手く表現できないのですが、
そこが、好きなところなのです。ぜひぜひ、まだという方は手にとってくださいな。

そして、今週もどうぞ聴いてってください。
もうすぐ2010年も終わり!
「i-RADIO COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もよろしくおねがいいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 12 22 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

December 07, 2010

リアド慈英蘭 、Kanye West「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。

一気に寒くなってきそう!というこの一週間、
風邪はひかないように、
そして、ようやく楽しめる、冬のあったかぬくぬくファッションを
楽しみたいですね。

さて、先週すっかりお休みしてしまいましたが、
今週こそは、番組でご紹介しきれなかったアルバムを1枚ピックアップします。

今回は・・・11月29日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで16位にランクインしていました、
カニエ・ウェスト、「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」について。

なんだかまったくちょっといやらしい、アルバムタイトルですが・・・
こちら先週はちょっと意味ありげに、15位のテイラー・スウィフトとのアルバムと並んで
仲良くランクインしておりました。:-b

豪華なゲストアーティストを迎えている、
今回のカニエ・ウェストのニュー・アルバムなだけに、今回もどれだけのヒットを記録するのか
気になりますが・・・
もうひとつちょっと注目してしまうのが、
カニエ・ウェストの恋模様!

最近だと、アメリカのセレブリティ、
黒髪がとっても輝やく、キム・カーダシアンという方と交際している!?
なんて、うわさがたっています。
これは、以前番組でもちらっとご紹介しました、
カニエ・ウェストが監督した映画「ラナウェイ」の、
プレミア上映会に、彼女の姿が度々目撃されていることや、
そのあと、彼女とのディナーがまたまた目撃されていたり・・・といったことから浮上したうわさ。
でも、最近だと、アメリカで11月に家族や親しい友人たちを祝う感謝祭、
サンクス・ギビングに、
キムの家族の集まりに、カニエも参加して一緒に祝った!
なんて、ニュースもあって、本当にそうなのかも?

もともと長年、おふたりは友人関係にあったそうで、
普段私生活のことについては、語らないカニエ・ウェストですが、
キムについては、「いままで出会った中で一番美しい女性」なんて話ていたりもして。
どうなるんでしょう、でもやっぱり大切な友情関係なのかな、ちょっとだけ、気になります。

でもカニエ・ウェストのことで、一番気になることといえば・・・
はじめてアメリカでカニエ・ウェストのことを観たころにさかのぼるんですが
、 アノトキ!
テレビのニュースにゲストとして登場したのを観たときのコト。
よぉく覚えているんです、びっくりしました。
あの日、カニエ・ウェストは、
なんだか日本の学校の家庭科の授業とかで作ってそうな・・・
それともサッカーシューズをとかを入れる巾着のような、
その紐が長くてそれをリュックとしてしょえるような?
そんなバックを背中にちょこんとしょっていたんです。

これはなにかの間違い??と思いつつ、
それから、ジョンレジェンドとのライブでもしばらく、よく
いろんなリュックをしょってステージに登場していて。
その数もきっとすごいのです。

日頃リュックばかりついついしょってしまう
リュック大好きな私として、なんだかとっても気になる存在なのです。
・・・最近はしょっていなさそうなのだけれども。

では、今週はカニエ・ウェスト何位にランクインしているのでしょう・・・?
「i-RADIO COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もよろしくおねがいいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 12 07 [日記・コラム・つぶやき, 芸能・アイドル, 音楽] | 固定リンク

November 24, 2010

リアド慈英蘭 、ハンバートハンバート「さすらい記」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。
都心でも紅葉の見ごろを迎えて、
なんだかあっというまの秋だったなぁと
なんだかしんみりします、今日この頃。
秋は、街がブラウン色に染まって、
考え事もついついかっこつけながらしてしまいます。

さてさて
ここでは今週も、
番組でご紹介しきれなかったアルバムを1枚ピックアップしたいと思います。

今回は・・・11月15日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで3位!にランクインしていました、
ハンバートハンバートの「さすらい記」。

いいですねぇこの↑
カタカナとひらがなと漢字が一個だけ、というのが
なんだかいいなぁと思います。
それから音楽も、ぬくぬくとした雰囲気で、ほわほわほくほくする!
秋から冬にかけて、聴きたい1枚だと思います。

今回7枚目のアルバムにして初めて!PV撮影をしたという、
このアルバムにももちろん収録されています、
「さようなら君の街」のビデオも
ぜひアルバムと合わせてぜひご覧になってみてください。
初のPV,というのはちょっと意外でしたが・・・
ハンバートハンバートの曲というと、
それぞれに物語性があって、自然と頭の中に映像がうかぶものが多いせいか、
もしかしたら、これまでPVがあるものだと思い込んでいた部分もあったのかもしれません。
あとは、CMに使用されていたりすると、その映像を思い浮かべたり、しますものね?

でもそれこそ、ハンバートハンバートの求めていることなんだそう。
いくつか、佐藤良成さんのことばの中で、気になるのがありましたよ。

「聞いてくれるリスナーがそれぞれ、ぼくたちの曲のイメージをそれぞれで持ってほしい」
「そのためにも、僕たちは心をこめて、というよりも、正しいピッチで、正しいブレスで歌う。」
「とにかく音楽に集中する。そのほうが、普通に伝わると思う」

・・・そうかぁ、と思いつつ、“心をこめて、というより、正しく歌う”、というところからは
なんだかちょっと意外にも、そして、そのこだわりにプロ意識を感じたりもしますよね。

音楽ってやはり、ものすごいパワーが必要なんですね。
聴いて楽しむ者としても
微力ながらご紹介する立場としても、
なんだか背筋がピンと伸びるような想いがいたしました。


それでは、今週も、
「i-RADIO COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
お付き合いくださいな。
よろしくおねがいいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 11 24 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

November 10, 2010

リアド慈英蘭 、中島美嘉「STAR」

ごきげんよう!
リアド慈英蘭です。
今週はとってもお天気が続いて、
とっても秋晴れが気持ちいい!そんな1週間でしたね。

さてさて今週も、
番組で紹介できなかった、アルバムを1枚、ご紹介しようと思います。

もうお手元にある!という方も多いかもしれませんね、
11月日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで6位にランクインしていました、
中島美嘉さんの6枚目のオリジナル・アルバム、
「STAR」です。

中島美嘉さん・・・
わたしの周りにも、友達だけでなく、家族とかにも、
彼女のファン、たくさんいます。
世代を超えて愛されている、アーティストのおひとりかと思いますが、
心配なニュースがありましたね。
元からあった、という、耳の病気が悪化してしまい、
思うようにいま歌えない、という状況になってしまったそうで、
現在活動休止中。ツアーもキャンセル・・・。

でも、きっと一番残念なのは、ご本人だったでしょうね。
公演予定だった、大阪では、先月末、ファンの方に直接、5分くらい、
涙をこらえながら、挨拶をされたそうで。
最後にはファンのみなさんから、あったかい声援が送られていたそうです。
でも、体は元気な姿を見られて、安心しましたよね。
テレビ画面にうつる彼女の姿、というのもこのところ続いて、
それはそれでちょっと嬉しい。

それにきっと、中島美嘉さんのように、
これまでもっとお若いころから活動をずっと続けてきて、
きっとすごいスケジュールをこなしてきたでしょうから、
こうしてお休みができるのももしかしたら、いい機会といえるのかもしれません。

なんだかこのところ、アーティストのみなさん、
特に女性アーティストの活動休止のニュースをよく聞く気がします。
与えられた、休憩時間。
たまには、ゆっくりじっくり休んで。
また素敵な音楽をつくってくださいね、と聴くほうもゆっくり待ちたいものですね。

それでは、今週もゆっくりのろのろお届けしていいきます!
「i-RADIO COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 11 10 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

November 03, 2010

リアド慈英蘭 、KG「Songs Of Love」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。

このところ、よく目の中に小さな小さな虫が入ってきます。
どうしてでしょう?
小さな虫がよく飛んでいる時期なのか、
よこう飛んでいるスポットに、
度々わたしがお邪魔してしまっているのか、
それとも、わたしの目が、小さな虫が好む目なのか??
不思議な季節です。

さて今週も、
番組で紹介できなかった、アルバムを1枚、ご紹介しようと思います。
10月25日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで25位にランクインしていた、
KGの「Songs Of Love」。
オンエアしそびれてしまったのですが、
このアルバムからの曲、
わたしも今i-podでも持ち歩き聴いて楽しんでいます。

KGは、東京都出身。
15歳からアメリカに留学していて、大学もアメリカの大学に入学するんですが、
そこで出会ったブラック・ミュージック、
ダニー・ハザウェイや、マーヴィん・ゲイなどの音楽に感化され、
自分もその音楽の道に進みたい!と思われたんだそうです。
しかも、自分のルーツである日本で、日本語で、プロとして歌いたい、
ということで、日本に戻り、活動を開始。
その後、グループに参加したり、
KG名義としても、元々は、メンバーにキーボードもいたりしたんですが、
いまは、ソロとして、KG、
ご活躍されています。

そうして今回リリースされた、KGのファースト・アルバム。
リリース日、10月22日当日には、アルバムリリースを記念して、
タワーレコード渋谷店ではインストアイベントを行われたんですが、
こちらもとても盛り上がりました。
それもそのはず、
これまでKGがリリースされてきたシングル、
そして、発表してきたミュージッククリップには、
特徴として、どれも、かわいい!素敵な、いまどきな、モデルさんたちが出演されていまして。
そのみなさんが、なんとこのインストアイベントに勢ぞろいされていたんです。
これには、ファンのみなさんも
それからたぶんきっと一番KGも嬉しかったんじゃないかなぁと思われます。

それはそれは豪華な華やかな雰囲気でした。
しかもこの22日は、ちょうどKGのお誕生日!
もう美女に囲まれ、
誕生日に、リリースに、と祝ってもらい、
「ライブよりも緊張する」と照れていました。
でも、歌い出すと一変!
デュエットのマエストロ、とは確かに。
女性ボーカルと混ざり合ったときの彼の声はとっても素敵。
これからきっとクリスマスの夜とかも綺麗に彩ってくれそうです。

ちなみにイベントでは、
「こんなにたくさんにひとに応援してもらえて嬉しい!
自分を信じて、仲間を大切にしながら、真剣にとりくめば、夢は必ず叶う」
なんて、コメントもされていました。
なんだかハートがアツそうな方・・・そんなところもまた素敵です。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 11 03 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

October 27, 2010

リアド慈英蘭 、monobright「ADVENTURE」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。

なんだか今年の夏があんなに熱かったことを、
忘れてしまうくらい、
ちょこっと朝と夜は寒くもなってきました。
どうかどうか風邪はひかないでくださいね。

さて、今週も、番組で紹介できなかった、アルバムをここでひとつピックアップ。
今週も秋の旅気分、
探検気分を掻き立てる1枚をご紹介しようと思うんですが・・・
それは、
10月18日付けのタワーレコ―ド渋谷店、
総合アルバムチャートで9位にランクインしていた、
monobrightの「アドヴェンチャー」
というアルバム。

monobright(モノブライト)は北海道出身。
アート系の専門学校生同士4人で結成され、
2006年から活動を開始しています。
2007年にはデビュー前にもかかわらず、
UKのバンドブロック・パーティのフロント・アクトをつとめるなど、
話題をふりまいた彼らにとって、
こちらのニュー・アルバムは、通算3枚め。
その内容はバラエティ豊かで、
「オムニバスCDのコーナーに並べてもらいたいくらい」と、ご本人たちも語っています。

なにがすごいかというと、
こちらのアルバムリリース日、10月13日から、
monobrightはツアーをスタートさせているんですが・・・
実は、今年2月に、
2011年の夏までに、モノブライトはこういう活動、10項目を行います!という宣言、
怒涛の活動計画「DO10!! 攻約宣言!」というのをされているんですね。
そのひとつが、今回のニュー・アルバムリリースとなっているんですが、
活動されたそのスケジュールはそれはそれは忙しいもので、
これまでにも今年は精力的にシングルリリース、
そして今回のアルバムが出きあがったら、すぐに4枚めのアルバムにとりかかっていて、
すでに、10月に実はその4枚目のアルバムの視聴会もこなしているんですね。

既に10のうち5つの公約を達成している、monobrightのみなさん。
なんだかこれからこういう活動をします、と宣言して、
その通りに動いていく、というのもすごいですし、
また、そんなふうにめまぐるしく活動をしていて、大丈夫なのかな、と思うところもありますが、
時間に制約があるからこそ、うまれる音楽や作品があるそうで。
ライブもこなしながらの楽曲制作、というハードルをすでに高くあげた状態で
更に、もっともっと上を!新しいことを!と目指す、そんな気持ちになれるんだそうです。

なんだかそれって、わたしたちも
日常の生活をする上でも参考にできそうな考え方。

政治家のかかげるマニフェストだか、アジェンダだかしりませんが、
そんなものより、こうテンポよく気持ちいいくらいに公約通りに活動を進めている、モノブライト。
その姿を追うだけでも気持ちいいものがありますし・・・
わたし自身も来年こそは!
1月に毎年日記にかきとめる、2011年のResolutuion!
それをしっかり実行させなければ、と、身がひきしまる次第であります。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 10 27 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

October 20, 2010

リアド慈英蘭 、People In The Box「Family Record」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。

ようやく、過ごしやすい季節、秋!到来・・・
10月らしい気候も続いて、
午後4時半?くらいからじょじょにピンク色に染まっていく空も
なんだか、1日の終わりが早い!つまんない!と思いながらも、
綺麗ねぇと見とれてしまいますね。

秋は特に旅もしたくなる・・・
でも、忙しい!という方は。

10月12日付けのタワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで、
8位にランクインしていた、
People In The Boxのセカンド・アルバム「Family Record」を手にとってみては
いかがでしょう?

収録曲のタイトルそれぞれが、
東京、ベルリン、ストックホルム・・・なぁんて、場所の名前になっているこちらのアルバム。
なんだか、架空旅行ができそうでしょう?

そして何より、秋にぴったりなサウンドなんです。

野音でのライブ・・・
秋の週末、
日比谷公演での「土と平和の祭典」を楽しんだ後の、
People In The Boxに堪能した、という方も多いのでは?

見逃したという方。
アルバムリリースにともなって、
ワンマンツアーも、来年2月4日の千葉LOOKからスタートします。
3月5日の札幌まで、計13公演が行われる予定となっているんですが・・・
こちらのアルバム、購入者を対象に、先行予約が実施されるので、
まだという方、ぜひアルバムを手にとってみてくださいね。


それでは、あなたの秋のどこかの時間で、
今週もお会いできたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-
-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 10 20 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

October 13, 2010

リアド慈英蘭 、Manic Street Preachers「Postcards From A Young Man」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。

10月といったら、ハロウィン!
ちょっと怖い映画を観てみたら、
久しぶりに、うなされてしまいました。
やっぱりホラーMovieとはちょっと気が合わない。

さてさて、
それでは、今週も、
番組内でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしです。

10月4日付けのタワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで、
23位にランクインしてたのが・・・

Manic Street Preachersの
「Postcards From A Young Man」。

マニック・ストリート・プリ―チャーズは、
1986年にイギリスで結成し、92年にデビューした“4人組”のバンド。
しかし、1995年、突如、メンバーのひとり、
ギターのリッチー・ジェームスが失踪してしまい、いまも行方はわからないんですが、
それでも、いまでも、リッチーの分の印税を、メンバーはリッチーの家族に分けていたり、している・・・
そんなことを番組内でもご紹介しました。

インタビューでも、時折、メンバーが、リッチーの話をしたり。
失踪していたも、あくまでも4人組、というマニック・ストリート・プリ―チャーズ。

本当に、バンドって夫婦とか、家族と同様、
当人たちにしかわからない絆がありそうで、
そのミステリスさにまたまた惹かれます。

で、こちらのニュー・アルバム。
全体を通して、とっても一貫した、イメージをもったアルバムになっていて。
ストリングスを多く使われているところとかが、なんだか好きです。

新作は、リッチ―が失踪前に、残していった文章。
もう、文章というか、わけのわからないフレーズだらけのような、詩のような、
そんなメモからインスパイヤされたアルバム、だということですが、
そのわりに、と思えるような、まとまり感とか。あったかさが、感じられる1枚。
でもきっともしかしたら、
だからこそ、メンバーの、リッチーへの愛が感じられるものなのかもしれません。

彼らは歌詞がまた素敵なので、
まだ!という方は、和訳がのっている、日本盤を、
ぜひぜひ手にとってみてくださいね。

それでは、
秋を彩るお気に入りの1枚が今年も見つかりますように。
今週もどうぞ、よろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 10 13 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

October 06, 2010

リアド慈英蘭、Deerhunter「ハルシオン・ダイジェスト」

ごきげんよう!リアド慈英蘭です。

先週ここのブログで、一気に寒くなってきましたねぇ、とか。
周りにコンコン咳をされている方もちょこちょこ見かけるようになりましたねぇ、とかなんとか、
のんきに書いていましたが。
いま気づきましたが、そのひとりになっていました、わたくし。
喉がチクチク、まっかっかです。
まったく!
おかげで、マフラーが必需品・・・
でも、なんだかマフラーとか、ストールとか、
そういうアイテムを引っ張り出しているときとか、ちょっと楽しい。
秋と春は大好きです。

さてさて、それでは、今週も、
番組内でご紹介しきれなかったアルバムのおはなしです。

9月27日付けのタワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで、
16位にランクインしていました、
Deerhunter(ディアハンター)の「ハルシオン・ダイジェスト」。

Deerhunterは、2001年、ジョージア州アトランタで結成。男性4人組。
2005年に地元のレーベルから、ファースト・アルバムをリリースしています。
そして、前作、2008年にリリースしたアルバム「マイクロキャッスル」は、大ヒット!
本人たちも嬉しい驚きのヒット作となったようで、
アルバムは、その年、様々なメディアで、年間ベストアルバムに選出されました。

またたく間に、その名を世界に広めた彼らの
その特徴ある、くせになるサウンドはとっても評判で。
ファンは増えつづけ、現在マイスペースの訪問者のカウントもおよそ300万回!となっています。

日本でも昨年、初来日されては、ツアーも、ソールド・アウト続出!となりました。
そんな彼らの新作が、この「ハルシオン・ダイジェスト」なんです。

今回のアルバムには、前作で一気に注目されたときの、その身の回りの変化とか。
親しいひとびととの早すぎる別れを経験したそうで、そのときの気持ち、とか。
いろんなことを経験したあと、それを改めて思い出すとき。
その実際に起きたことを思い起こしているにも関わらず、
なんだか、夢見心地な気分になる・・・そんな感じを表現した、というのが、
このアルバム、なんだそう。

音楽の雰囲気とか、彼らの雰囲気とか、
とても好きなので、気になっていて、
ぜひぜひ先週オンエアしたいな・・・と思っていたのですが。
いまひとつ、力強くディレクターさんにプッシュできなかった理由がありまして。

まったく関係ないのですが、
実は、わたくしの名前、慈英蘭(ジェイラン)は、
トルコ語で「鹿」、という意味なのです。
ですので、ディアハンター、鹿狩り(!?)、なんていうバンド名に
ついつい警戒心を露わにしてしまいました。
ここで、反省いたします。

今週もランクインしているといいなぁ、Deerhunter!
それでは、今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 10 06 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

September 29, 2010

リアド慈英蘭、sleepy a.c.「sleepy.ac LIVE @Sapporo Kitara」

ごきげんよう!リアド慈英蘭(Geylan Riad)です。
なんだか一気に肌寒くなってきて。
コンコン咳をされている方も
ちょこちょこ見かけるようになりました。
どうぞ、こんなに着なくてもいいかな、
というくらい。
気持ちの切り替えはちょこっと大変ですが、
ちゃんと暖かい格好をして、
今日もお出かけくださいな。

さてさて、
それでは、今週も、
番組内でご紹介しきれなかったアルバムで、
私慈英蘭が気になった1枚は・・・

9月21日付のタワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで、
15位にランクインしていた、札幌在住の4ピース・バンド。
sleepy a.c.の「sleepy.ac LIVE @Sapporo Kitara」。
sleepy a.b.となったり、sleepy a.c.となったり。
読み方は、いつでも、「スリーピー」、ということですが。
これがまた、なんともねむたくなるバンド名!
というのは失礼かした、でもなんだかとっても「スヌーピー」みたいで気になるかわいい名前。
番組収録中、何度「スヌーピー」と言ってしまいそうになったことか!
ますます好きになりました。

彼らは、4人組のロックバンド。
透明感のある、ふわふわした感じの音楽が素敵です。

今回のこちらは、
彼らのツアー、ファイナルの模様、
地元北海道で、スリーピーの曲をアコースティックにアレンジされた曲が収録された1枚。

アルバム通して1枚聴いていても、
なんだか本当にあくびをほわっとしたくなるような、
そのゆっくりくったり、ふわふわ感。
実際、ライブなどで、聴いてくているお客さんが、
あくびをしちゃう、そんな反応をされることが、
ご本人たちとしては、「してやったり!」なぁんて、
気持ちになるんだそうですよ。
そんなもんなのか、とちょっと感心!

録音された、ライブでは、当日、
総勢8人のストリングス隊も従えて行われたので、
なんだが本当に壮大な音が楽しめるのも魅力です。

6月にツアーを行った、みなさんですが、
9月24日、25日には、地元北海道で、追加公演が行われていました。
プラネタリウムでの公演ということで、星空の下。
ますます、ほわっとあくびをしちゃった観客のみなさんが、
続出しちゃったのではないでしょうか?
そして、そんな表情をみて、にこりとするsleepya.c.が想像できるのが、楽しいです。

sleepy a.c.の「sleepy.ac LIVE @Sapporo Kitara」。
良かったら、チェックしてみてください!

それでは、今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 09 29 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

September 22, 2010

リアド慈英蘭、くるり「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」

ごきげんよう!ジェイランです。
なんだかまだ暑さが残っているような・・・
そんなことない、もう9月!と自分を言い聞かせていますが、
やっぱり日焼け止めは必要、
夏服もまだ必要そう、な、日々。
もう9月も終盤なのに!と、ちょっと悔しい気持ちすらする毎日です。

さてさて、
今週も、ご紹介しきれなかったアルバムのおはなし。

9月13日付のタワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで、
見事1位を飾ったくるりのアルバム。
「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」。

2位の安藤裕子さんのアルバムとどちらをご紹介しようかなぁととっても悩んだのですが、
ちょっとこの週はガールズなラインナップにしようと思い、
安藤裕子さんをオンエアさせていただきました。

しかししかし、くるりのアルバムもとっても素敵。
タワーレコード全店でも、なんだかあちこちに、
くるりのおふたりがタワレコのうちわをもって写っている、
タワレコのポスターがお目見えしていますよね?
ご覧になった方も多いかと思います。

それからアルバムだけでなく!
お聴きになった方、多いのでは?と思いますのが、
タワレコの閉店時に流れるアナウンス!
くるりのおふたりが担当していたあのアナウンス。
店頭でチェックされましたでしょうか?

よくよく、いろんなアーティストの方々が
こうして、参加されているこの閉店アナウンス企画ですが、
なんとも私お気に入りのものです。
閉店時ばっちりに聞くのももちろん嬉しいのですが、
店頭においてある、ヘッドフォンでじっくり、聴くのも面白い。

今回の、くるりのバージョンでは、
アルバムに収録されている曲「温泉」をBGMに、
くるりのおふたりが、ちょっとゆるーく?しゃべっていらっしゃって。
なんだかそれを耳元でふんわり聴くのがおもしろかったです。

くるりのニュー・アルバム、
まだという方いらっしゃったら、
よかったらお手にとってみてくださいね。

それでは、今週もどうぞよろしくお願いいたします。


リアド慈英蘭


-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 09 22 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

September 08, 2010

リアド慈英蘭、Philip Selway「ファミリアル」

ごきげんよう!
これからちょっと遅くなった、夏休みの旅行に行くので
とても楽しみにしています、ジェイランです。

さてさて、
今週も、番組で話しきれなかった、
ご紹介しきれなかった、アルバムのおはなしです。

8月30日付、
タワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで、
7位だったのが、
Philip Selway 「ファミリアル」。

日本先行でリリースとなった、こちらのアルバム。
レディオ・ヘッドのドラマー、としてだけでなく、
今回はシンガー・ソングライターとして、
ソロ・アルバムをリリースされた、
フィリップ・セルウェイさん。

先月25日には、
タワレコ渋谷店で、ご本人のサイン会も行われました。

トム・ヨークも先日ひとり、フジロックにきたり、と、
それぞれソロの活動もこのところ目立っているレディオ・ヘッド。
でも、そんな中、
「ずっとレディオヘッドで活動していたから、
ハードルが高くなって自分の音楽に自信が持てなかった。
でも、一介のドラマーでしかない僕が、
リハーサル・スタジオに入っていきなり『実は曲を書いたんだけど』って切り出してみたんだ。
あれは、犯罪にも等しい行為だったよね」
なんていうふうに、語っている、フィリップ・セルウェイ。
レディオ・ヘッド、という既にあるビッグ・ネーム。
大きな重圧があった中でのソロ・アルバム、デビューだったのかぁ、と、
そんな心配しなくてもきっといい方だろうに!と思いつつ、なんだか、彼の人柄が感じます。

ただちょこっと、アルバムのジャケットが恐い・・・感じがしますが、でも、そこ意外はとても好き。
なんだかちょっと寂しさ漂うような、彼の歌声がまたいいです。


リアド慈英蘭



-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 09 08 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

September 01, 2010

リアド慈英蘭、Jamaica「No Problem」

ごきげんよう。
9月に入っても、まだまだ暑くて、ちょっとバテバテになってきました、
ジェイランです。

お元気でしょうか?
外に長くいなくてはいけないお仕事など、されているという方、
本当にほんとうに、お身体には気をつけてください。

今週も番組内でお話ししきれなかったおはなしです。

8月23日付けのチャートをご紹介する番組で、
ご紹介しきれなかったのですが、
もうひとつ気になったアルバムが、
7位にランクインしていました、
Jamaicaの、「No Problem」です。

アルバム発売前にも関わらず、
今年のサマソニに出演したことでも話題となっています、彼ら。
タワーレコード限定で500枚リリースされた、日本デビューEPは、
タワレコ、オンラインで即完売ともなりました。
そんな彼らのこちらは、日本先行でリリースされた、ファースト・アルバム。

パリ出身なのに、ジャマイカ
ジャマイカ人のメンバーがいるわけでもないのに、ジャマイカ、
な、ところがとっても好きです。

音も、なんだかちょっと懐かしい感じがして。
なんだかちょっと、なんでしょう、長い筒?のような、
プラスチックの筒を耳に当てて、それを通して聴いているような、
そんな不思議な音がしている気がしまして。
でもそんな音の質が、またちょっとくせになります。

とにかく無意識にリズムにのっちゃう、ビート、もよくて。
またそのビートがシンプルに鳴るので、
なんだか聴いていて無条件にタテにのっちゃう、楽しくなっちゃう、そんなジャマイカの音。
とっても大好きです。

日本を始め、世界でも話題になっている、彼ら。
ジャマイカの音楽は「完璧なポップだ」なんて評価もされているようです。
確かに、みんなで楽しくノレる(合っていますか?)音楽です。
パリ発の「ジャマイカン」ミュージック、
まだまだ暑い、この夏のホームパーティーにいかがでしょうか?


リアド慈英蘭



-リアド慈英蘭出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 09 01 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

August 25, 2010

ジェイラン、K-POP「CNBlue」

ごきげんよう、
先日、箱根にいって、露天風呂を満喫してきました、
ジェイランです。

お元気でしょうか?

今週も番組内でお話ししきれなかったおはなしです。

8月16日付けのチャートで、
ご紹介しきれなかったのですが、
もうひとつ気になったアルバムが、
18位にランクインしていました、
CNBLUEの、「2nd Mini Album:Bluelove」です。

最近非常に気になっています、KPOP。
大好き、という方もたっくさんいるでしょうから、
説明はいらないとは思いますが、改めて。
人気、イケメン・ロック・バンド、CNBLUEは、
2009年から、日本を拠点に活動を始め、
日本での路上ライブやクラブでの公演は、
もう100回以上も行っきた、という方たち。
インディーズとしては、2枚のミニアルバムもリリースされています。

そんなふうに、日本で実力をつけてきた、CNBLUEは、
今年1月には待望の母国、韓国デビューも果たされていて。
なんでしょう、このバンドがたくさん存在する、日本で
修業をしてからのデビュー、といった感じなのでしょうか?

R&Bやバラードが主流といったイメージのKPOPですが、
そんな中、異例の人気を韓国でも獲得した彼ら。
そしてとても早いスピードで、現在、どんどんアジア中で人気を得ています。

確かに、本当にみなさん、かっこいですし、
さすが韓国の方、お肌も綺麗な、4人組、ですが。
ルックスだけじゃない。日本語も韓国語も英語も!綺麗な発音で歌われるところや、
また、なんだか、ちょっとかわいいかっこいいかんじのロックもまたよくて、
多くの方に愛されるのがよくわかります。

それにプラスして、
日本で最初に活動を開始したことから、
なんでしょう、なんだかこれまでもっていた、KPOPのイメージを見事に裏切ってくれる、
その歌い方、とか、発音の仕方とか、
へんな言い方かもしれませんが、韓国ぽくないところがまた素敵だと思いますし、

でも韓国らしさはもちろんそのままあって、
あのあつい、甘い、バラードですとか、
韓国人アーティストのって本当にとってもいい、意味がわからなくても泣けてくるような、
そんな良さも持っていて。 

韓国、日本を飛んで、アジアで人気となるのが、
納得だなぁと改めて感じます。

韓国と日本について、
改めて考える年でもある、この年に、
こうしてKPOP人気が日本国内でどんどんヒートアップしていることにも
とても興味を覚えています。

もっと仲良くなれたら、いいな。
もっと、勉強します。


ジェイラン



-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 08 25 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

August 18, 2010

ジェイラン、『The Suburbs』 Arcade Fire

ごきげんよう、
高校3年生のときは、椿組でした、ジェイランです。
8月9日付けのチャートをご紹介する回では、
つばきもの、
i-radioでもおなじみなつばきに、椿屋四重奏、と、
つばきものがランクインしていまして。
なんだか妙につばきに反応してしまいました。

さてさて、
夏休み、楽しまれましたか?
まだ~という方は、いかがお過ごしですか?

今週も番組内でお話ししきれなかったおはなしです。

8月9日付けのチャートで、
もうひとつご紹介したかったのが、
17位にランクインしていました、
Arcade Fire(アーケイド・ファイアー)の
「The Suburbs」(サバーブス)です。

カナダのケベック州、モントリオールを拠点に活動する、
インディーズロックバンド、アーケイド・ファイアー。
ご夫婦でもあります、フロント・マン、ウィン・バトラーとレジーヌ・シャサーニュ
のふたりを中心にして結成された、7人組。
ちょこっと大人数なバンドです。

これまでのどのアルバムも、地元をとても大切に想う、懐かしく想う、
ちょっといじわるな言い方をすると、過去をとてもひきずっている?
(というのは、わたしもそうかなぁと思うので。勘違いだったらごめんなさい!)
そんな気持ちが強く感じられる、アーケイド・ファイアーは、
とってもルーツを大事にされている、
そんな印象を受けます。

メンバー内のカップル、
奥さまの方、レジーヌ・シャサーニュさんは、ハイチ系カナダ人。
彼女はで以前から、積極的にハイチへの募金を訴える、支援活動をされていたようですが、
先月、ハイチ地震が発生してからちょうど半年となった7月12日には、
地元モントリオールでの公演中に、
携帯のメールをつかって、5カナダ・ドルの寄付を募集したり。
自分たちも金額を出し合って、
ハイチの再建のために寄付をされていたりしていました。

自分のルーツを大事にすること。
これはわたしの永遠のテーマといいますか、トピックになっています。
父が生まれたエジプトの為に、わたしは何が出来ているのだろう、と、
25歳を過ぎてから頻繁に考えるようになりました。

考えるだけじゃなくて、行動。
勉強だったり、実際にもっと訪れたり、ということが必要。
当たり前なんだけれども、本当にそう。
アーティストのみなさんなど、
ご自身のルーツを大事にだいじにして、アクションを起こされて方を見ると、
なんだか、血が騒ぎます。


ジェイラン



-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 08 18 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

August 11, 2010

ジェイラン、NIKE MUSIC SHOES

ごきげんよう、ジェイランです。
一歩外に出ると、
夏休みーな雰囲気で、
心なしかこちらまでわくわくしてきます、今日この頃ですが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

さて、今週も番組内でお話ししきれなかったおはなしです。

8月2日付けのチャートで、気になったのが、
22位にランクインしていたアルバム、ハイファナの「24H」。

ハイファナは、1998年から活動を開始した、
KEIZOmachine!とジューシーによる、ブレイクビーツユニットです。
音楽と合わさった映像の評価も高いことでも知られているハイファナ。
アートワークは、メンバーのジューシーさんが手掛けているのですが、
その映像については、
2004年度のNY市で行われた、 The One Show Design Competitionというデザイン競技会で、
ベストショートフィルム賞を受賞していたり、
日本では、2005年度文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞したミュージックビデオがあるほどです。

それから、
ライブでは、あえてプログラミングなどをつかわず、
生のパーカッションを使うなどする、独自のパフォーマンスが話題も話題となっています。
最近気になるのが、NIKEのトレーニングシューズ、
「NIKEフリーラン」を楽器として使用して演奏するパフォーマンス。
もちろん実際の「NIKEフリーラン」のシューズから音は出ないそうですが・・・
これを楽器になるよう加工して、音を出し、
ハイファナがパフォーマンスする映像が、You Tubeで見られます。

http://www.youtube.com/watch?v=uS1exujG3cY

すごく不思議で、でも見ていてなんだか気持ちいい、
そんな映像になっていますよ。良かったらご覧ください!

それでは今週もどうぞよろしくお願いいたします。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 08 11 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

August 04, 2010

ジェイラン、SUPER JUNIORのお話し!

ごきげんよう、ジェイランです。
お元気でしょうか?
そろそろ暑さにも慣れてきましたね?

さてさて、
今週も番組内でお話ししきれなかったおはなし。
7月26日付けのチャート紹介で、楽曲のオンエアはしなかったのですが、
気になったのが、14位にランクインしていたアルバム。
韓国の、13人組男性ダンス・パフォーマンス・グループ、SUPER JUNIORの
「Bonamana:Super Junior Vol.4」でした。

5月に発売された、彼らにとって4枚目のアルバムに、
新曲3曲とリミックス1曲を加えられた、リパッケージ盤、というこちら。

まだまだ、日本に本格進出していない、というグループなんですが、
日本の国内総合ランキングでも、彼らのアルバムがデイリーチャートで、初登場5位にランクインするなど、
日本での人気も既に獲得している、Super Juniorのアルバムです。

8月1日には、東京国際フォーラムで、
Super Juniorのグループユニット、K.R.Y.、
キュヒョン(K)、リョウク(R)、イェソン(Y)という、
歌唱力の高いメンバー3人からなるユニットmpスペシャルコンサートが行われました。
国際フォーラムAホール、という、座席数が5,012席という会場で行われたコンサートでしたが、
チケットはとっても取りにくい状況だったようで。
当初1回かぎりの公演と予定していたものを急遽2回公演にしていたり、と。
本当に、とにかく最近のアジアでの韓国POPブームはすごいんですね。

中国の音楽雑誌などでも、
これまで、日本のアーティストの情報が多かったのが、
このところ、韓国のアイドル勢の情報もどんどんと増えているような印象を受けます。
日本も頑張らなくちゃ!という気持ちにもなりつつ、
韓国を訪れたとき、街中でときおり、
アイドルの方を見かけることがあったのですが、
みなさんのそのすらっとした長身の姿に、綺麗なお肌!
これはこれは、見とれてしまう、はまってしまう方の気持ちも
とってもわかると思ってしまいました。

もちろん、外見だけでなく、ダンス力、歌唱力、日本で歌うときは、日本語で歌う、といった語学力など。
長けているものはたくさん。
特に13人、という大勢のメンバーによるパフォーマンスも魅力のSuper Junior。

彼らは、8月14日、15日と、韓国・ソウル公演を皮切りに、
3度目となるアジア・ツアーを開催も決定しています。
タイや、中国で、有名ブランドのCMに起用されたり、
上海の万博では出演した際、ファンが殺到して会場が大混乱になったり!
いまや、アジアのどこの国でも知らている韓国のアイドルグループといえそうな、
Super Junior。

ちょっと気になっている、自分にびっくりしています。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 08 04 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

July 28, 2010

ジェイラン、夏ソング!

ごきげんよう!ジェイランです。
お元気でしょうか?

7月20日付けのチャートで、23位にランクインしていたのは、
ムームーンのアルバム「スパーク」でした。

蒼井優さんが出演している、資生堂アネッサのCMソングとして、流れていた「Sunshine Girl」という歌。
聴いていて、ん?なんだが気になるな?いいな?と思っていた、女性の方も、男性の方もいらっしゃるかなと思います。

今年の夏をキラキラ彩るこの曲を歌っているのは、
2人組みのユニット、ムームーン。
2005年に結成された、
ヴォーカルのYUKAさんと、ギターの柾昊佑さんによる、ユニットです。
ちなみに、このユニット名は、
フランス語の『mou(やわらかい、という意味)』と、
英語の『moon(月)』をかけあわせて作った、

“やわらかい月”という意味の造語、なんだそうです。

「Sunshine Girl」の他にもCMソングがあったり、
テレビドラマの主題歌に起用されている曲があったり・・・と、現在大活躍中!のムームーン。
わたしは実は、映画「カフーを待ちわびて」を観て、
最後に流れる彼らの曲「EVERGREEN」で、とっても好きになりました。
沖縄のためにと書き下ろされたこのラブソング。これまた夏にぴったりな曲です。

ちなみに、玉山鉄二さんやマイコさんが出演しているこの映画「カフーを待ちわびて」も
とってもさわやかな、あったかくなる、ラブストーリーです。
アッついなぁ、これじゃあ外出られねぇやというときには、ぜひ。
DVD鑑賞でもしてみては、いかがでしょうか。


それでは、今週もどうぞよろしくお願いいたします!


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-

-i-RadioのiPhoneアプリ始まりました!-


2010 07 28 [日記・コラム・つぶやき, 芸能・アイドル, 音楽] | 固定リンク

July 09, 2010

ジェイラン、星野源さんのお話!

ごきげんよう!ジェイランです。
へんなお天気続いていますが、お元気でしょうか?

今日は、7月5日付のタワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで17位にアルバムをランクインさせています。
星野源さんのお話。

その前の週では、初登場4位を飾っていました、星野源さんのソロとして初のアルバム「ばかのうた」。
このアルバム、彼の声!とっても気にいっています。

恥ずかしながら、わたしは俳優としての星野さんの顔しか知らず、このチャートにランクインされるまで星野さんが、インストバンド・SAKEROCKのリーダーとして活躍していることを知りませんでした。
知っていたのは、そう役者としての大人計画での活動やなにより、最近では、NHKの連続テレビ小説、『ゲゲゲの女房』での松下奈緒さん演じるヒロインのお姉さんの弟としての彼!

そういえば、実際は松下さんよりも年齢が上という、星野源さん。
‘インストバンド’で活躍しながらも、本当はずっと歌も歌いたいという気持ちがあったそうです。

役を演じるということは、中1の頃からはじめたお芝居で慣れていたそうなんですが、素でステージ上で人前で歌うということは、なかなか恥ずかしいことだなぁ、と思っていてできなかったそうなんです。
自分の低い声とかにも、なんだか違うなぁと思っていたようなんですが・・・

ほんと、若いころに恥ずかしいと思っていることは、実は自分のセールスポイントになり得るものなんだ、ということはよくいったもので。
彼が「違うなぁ」と思われていた、その声が実に素敵で。
確かに、見た目とのギャップはありますが。
そこがまたいい。
「ばかのうた」は、なんだかとにかく彼の声に聞き惚れちゃう、そんなアルバムに今なっています。

星野さんはさらに、文筆活動や、映像のプロデュースも行ったりと。
マルチな才能をもった方なんですね。
このあとちょっと注目していこうとわくわくしています。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 07 09 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

June 30, 2010

ジェイラン、クーラ・シェイカーのお話し!

ごきげんよう!ジェイランです。
今週はお元気でしょうか?

今日は、6月21日付のタワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートで15位のアルバムだった、クーラ・シェイカーの「ピルグリムス・プログレス」のおはなし。

アルバムの1曲目に「ピーターパンよ、安らかに」という曲が収録されているんですが、マイケルの1周忌を迎えた頃ということもあって、この曲はご自身でネバーランドをつくった、マイケル・ジャクソンのことを歌った歌なのではないか、という意見が多かったんですね。

わたしも大好きなWOWOWで、マイケル・ジャクソンの追悼番組を観てばかりいた時期だったので、そうなのかしら、と思っていましたがクーラ・シェイカのフロントマン、クリスピアン・ミルズは、「全く違う」と。
「マイケルのことを歌っている曲ではないよ」と、コメントしていました。

これは、アンドリュー・バーキン、妹は女優のジェーン・バーキン、という作家の著書、『J.M. Barrie and the Lost Boys』という本からインスパイアされたんだそう。
J.M. Barrieは、ピーターパンの本の原作者です。

ですから、クーラ・シェイカのアルバムをより理解するためには、このピーターパンができるまでが綴られた本、邦題は「ロスト・ボーイズ」を読んでみるのもいいかもしれませんね。

そう思った休日、ちょっと前のジョニー・デップが主演している映画「ネバーランド」のことを思い出して、じゃあそれを観ようかしらと思ったのですが、家のDVDのストックの中には見つからず。
仕方がないから、まだ観ていなかった映画「ティンカーベル」を観てみたら、なんだが予想外にとっても感動してしまいました。





赤ちゃんがこの世に誕生してから初めて笑ったときに、天使とか、妖精が生まれるということ。
どこかで誰かから聞いたことはあったことだったけれど、すっかり忘れていました。

妖精を観たことが残念ながら無いけれど(きっとあるのだろうけど!忘れちゃった)映画の中に登場していた妖精たちが一生懸命働くあの4つの季節がある場所、あの場所が、いつかどこかの国のディズニーランドで再現されたらいいのになぁ、と。
きっと出来たら、訪れたいなぁと思いました。

でも4つの季節が1年のうちにちゃんと訪れる日本にいる、それだけでも幸せなことですね。この幸せが続くといい。

今週もどうぞ、よろしくお願いいたします。


ジェイラン

2010630


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 06 30 [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 音楽] | 固定リンク

April 30, 2010

ジェイラン、22ブリットポップとポジティブ

先週、4月19日付、タワーレコード渋谷店、総合アルバムチャートでは、25位、その前の週では初登場5位でした、Ash(アッシュ)のニューアルバム、「AtoZ Vol. 1」。

2週間に1曲リリース形態に変更すると宣言し、その通り実行してきたアッシュ。
こちらのアルバムには、その1年のうちの前半、13曲が収められているものですが、全てシングルとして発表されたものが収録されている、というだけあって、なんだか新しいかたちでのベストアルバムのような、そんな迫力がキラキラする1枚に仕上がっています。

アッシュはそもそも北アイルランド出身のバンド。
  ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、1990年代のブリット・ポップが盛んだった時代、ブラーやオアシスの活動が絶世期だった頃、ともいえるでしょうか・・・
「アメリカのポップだけではだめだ!」「もっとイギリスのポップで熱くなろう!」といった、動きがあった時代、その頃、1994年に、デビューしているバンドです。

この、ブリット・ポップ・・・
わたしも大学の講義で習ったほど。
比較的記憶に新しい、そして印象的な音楽シーンでの動きですよね。 ブラー対オアシスの対決とかはとても有名で。
自分はどっちが好き!どっちも好き、とくに興味ない、なんて一回は言ったことがある、そんな方もたくさんいるんじゃないかな、と思います。

そんな、ブリット・ポップの時代にデビューした中で現在も残る、数少ないバンドのうちのひとつ、それがアッシュ。
これは、やはり、これまでの精力的な活動、それから、2007年に、これからはアルバムでの楽曲発表はしない、と前代未聞となる宣言をしたり、と 新しいことをし続けてきたからでしょうか。

かつての、ブラーかオアシスか、なんて、どっちのアーティスト派か、といった議論をしていた頃が懐かしい。
いまや、アルバムか、ダウンロードか、なんて、議論をする時代。

あなたはどちら派でしょうか?どっちともいえない?
とても興味があります。


ところで、新聞の広告でふと目がとまった、僧侶、小池龍之介さんが書いた「考えない本」。手にとってみましたが、中に、ネガティブなことは文字にして書き出さないこと、という箇所がありました。

早速読んだその日から、日記で実行中!
なのですが、これがなかなか難しい。
ついつい、あれダメだった、どうしてこうしちゃった、とどうしても反省文になってしまいます。

なにかヒントになるかしら、と思い、ジム・キャリー主演の映画「イエスマン“YES”は人生のパスワード」を見てみたら、これが大当たり。
すべてにYESといってみる、ということと同じように、ポジティブな思考を持つ、そのスタートとして、きっかけとして、まずは、ポジティブな文章を書く。 ポジティブな視点で自分を見つめてみる。
そうすると、確かに一生懸命自分のいいところ、褒めるべきところを探そうとするので、自然と日記を書いているときもいい気分になれます。
日記に書くために、といいことをしようとする、そんなおまけも将来的にはついてくるかもしれない・・・
映画を見ながら、段々納得できました。

ネガティブ大得意。
でもポジティブ第一歩、スタートさせてみようと、4月の終わりに新たな目標ができてちょっと嬉しい日でした。



-小池龍之介さん著、「考えない本」-
こちらの制作・編集スタッフによりツイッターがあります。
良かったら覗いてみてくださいな。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 04 30 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

April 23, 2010

ジェイラン、静岡の海。

こんにちは!
やっとお天気も春らしくなってきました。
春はなにかむくむくと新しいことをしてみたくなる季節。
だから、春はおかしな人が出没することも多いのかしら。
よく学校で言われたものです。どうぞ帰り道、気をつけてくださいな。

さて、外からはいろんな鳥の鳴き声が聞こえています。
もう有線かなにかで流しているんじゃないか、と思うくらい。
そんな鳥のさえずりにも負けず劣らず、ピースフルな歌声を奏でるLIBERA(リベラ)。
アルバム「ピース」は先週12日付けのアルバムチャートで4位を飾っていました。

リベラは、イギリス、サウスロンドンに住む7歳から14歳までの少年達。
オーディションによって選ばれた、ボーイズ・ソプラノが集まる、ユニットです。

CMなどで、ふいにリベラの歌声が流れて、はたと耳をかたむけてしまったことがある、という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

映画、「誰も守ってくれない」の主題歌「あなたがいるから」でもおなじみ。
ストーリーがどんどん悲しくなる内容だっただけに、この曲はそっと暖かい気持ちにさせてくれました。

なにかこう、このまっ白な歌声、声変わりする前の少年たちの歌声を聴くと、どうしても良いことをしよう、という気持ちで改めていっぱいになります。
だから、こんな4月にはぴったりかと思います。


それしても、このリベラ。
声変わりをしたあとも、メンバーからすぐには外されない、というのが、ここの特徴のようですね。
その後もスタッフとして同行したりする、そんなメンバーもいらっしゃるようで、これはなんとも現代的だなぁと、ちょっと嬉しい、ホッとする気持ちがしました。
昔は、イギリスや、有名なところだとウィーン少年合唱団などは、日本でもアイドル的な人気を誇っていたんですよね。
母もそんな少年たちにはまったひとりだったそうで、ウィーン少年合唱団が来日したときははりきっていったわとはなしていました。
でもいまやその人気ぶりも残念ながら、かつてほどではないそう。
そもそも、合唱団や、聖歌隊など、入りたいと思う子も、入れさせたいと思う親御さんも少なくなってきた時代のようです。

親元を離れて、寮に住む、だとか、団員と共同生活をすること・・・
確かに幼いころから大変そう、と親心は未経験ですが、心配になる気持ちもわかります。
子供心としては、寮生活にちょっと憧れを抱いたりもしますが。

でも、先日来日された、リベラ。
その来日レポートなどでは、なんとも楽しそうに、フリータイムに日本でのお買い物を楽しんでいる様子などが見られましたね。
リベラのこうした活躍で、彼らに憧れる少年たちが日本からももっと現れたり、あんな少年のように息子も!と憧れるお母さまお父さまももっと出てくるかもしれない!
そんな気持ちにもなりました。

とにかく春はなにかわくわくします。
新しいことを始めよう、なにしよう、今日は雨だから、明日、これはダメだからあれ、そうこうしながら、いつのまにか5月になってしまうのです。

20100423_2

こちらは、春めいたとある日の静岡の海。
海の色ってつながっているはずなのに、不思議とその国その国で違って見えます。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 04 23 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

April 14, 2010

ジェイラン、最高のともだち。

先週4月5日付けのチャートにエリカ・バドゥのアルバム「New Amerykah Part Two : Return of The Ankh」が9位にランクインしています。
既に手に入れた、という方もいらっしゃるでしょうか。

アルバム2曲目に収録されています、「Window Seat」のミュージックビデオが話題を呼んでいることは番組でもおはなししましたが・・・
エリカ・バドゥ、彼女が出演している映画で!
とてもお気に入りの映画があります。

「最高のともだち」
2005年の作品です。
X-ファイルで有名な俳優、デビット・ドゥガウニーが監督、脚本も務め、主人公も演じた作品です。

主人公の親友をロビン・ウィリアムズが、主人公の少年時代を、「ターミネーター4」に出演したアントン・イェルチンが演じています。

そしてその中で光っているのが、主人公の良き相談相手としてときたま登場する、味のある女性演じる、エリカ・バドゥです。

映画を観ていて、ふいに自分の好きなアーティストが特別出演していたりすると、なんだか妙に、いいもの見た!発見した!てな気分になってにやにやしてしまいますが、この映画でもそうでした。
そこで思うのが、自分は映画はやっぱりなるべくあまり知識を持たずに見るほうが好きなのだな、ということ。

情報あふれるいまの時代、映画のCMだけで、なんとなくどんなストーリーかわかってしまうものもあるような気がします。
でも何も下調べせずに映画を見るともっともっとたくさんびっくり、感動もできる気がします。
それから後で復習するのが好きです。
だからなるべく映画館にいっても予告編は目を閉じるようにしたり・・・
映画のポスターやDVDのジャケットの雰囲気で映画を選んだり・・・
でも、テレビに流れる映画のCMはつい見ないようにするのを忘れてしまって!
でも、そのあと、おかげさまでどんな内容のCMだったかすぐ忘れるので、助かります。
・・・しかし、いまこれは書いていてちょっと不安に。
そういえば、最近お酒ですぐ記憶がなくなっちゃうことも!

なんだか心配な気分になったので、物忘れのはなしはおいておきます。

とにかくいろいろ工夫をしながら映画を観ています。
誰もが、多少なりとも、映画の見方にこだわりを持っているものかもしれませんね。
映画館ではぜったいポップコーンとコーラをお供に、とか、
男同士では観に行かないぜ、とか??


それしても、私生活がいろいろ騒がれるデビット・ドゥガウニーですが、こーんな素敵な物語を描くんですから、嫌いになれません。


ということで
今日は映画についてのおはなし、でもどんなストーリーかは書かないでみようとしたら、
さっぱりわけがわからない文章になってしまいました。
でもこれだけははっきりと。
とても春にぴったり、心温まる映画なのです。

あぁなんだか妙に暖かくなってぼーとするわ、とか、暑いの、寒いの、どっちなの?
なんてとき、観てみてはいかがでしょう?と思います。

100414

写真は、山の中で見つけた猫さん。登山客をじっと見つめています。「まぁご精が出ること。」


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 04 14 [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 音楽] | 固定リンク

April 09, 2010

ジェイラン、日本で一番好きな季節。

暖かいような、寒いような、不思議な春。
楽しんでいますでしょうか?
強い風が吹いても知らなかった桜の花びら。
寒さも手伝って、今年は桜の花咲く期間がいつもより長いような、
お花見もいつもより長く楽しめるような気がします。
といって、うかうかしていて、
またお花見しそこねた!なんてなりそう。
なので、気をつけてことしは、ちょこちょこと、
どこか行くついでに、車から覗く、とか
積極的に桜の木に近づいていっています。

Geylan_100409_2

写真はとても大切な大先輩から送って頂いた桜の写真。
わたしは写真心(・・・とは言わないのでしょうか)が全くないので、
頂いた写真を採用させていただきました。
あちこちで桜の写真、携帯片手にとってる、なんて方
いまいらっしゃるでしょうね?
いまこの一瞬をおさめておきたい。
でも桜はやっぱり、本物を見ないと、
その美しさ、わからないですね。
いつもは何気なく通っている道にも、実は桜の木があったのかと気づいたり。
本当に、日本で一番好きな季節です。

新しい生活、始まった!方もそうでない方も、
桜は優しいパワーをくれる気がします。
どうぞ、ひと休み。
ゆっくり、新しい季節、楽しみたいですね。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 04 09 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

March 20, 2010

ジェイラン、あなたのレビューもお待ちしています!

春!
暖かい、気持ちいい日が増えてきました。
今日はどんな曲を聴いていますか?
わたしはなんだか最近、
出かける準備をしているときなどに、音楽をかけて踊ってばかりいます。

ひとり暮らしになかなか慣れず、から元気という気もします。
ゴリラズのプラスティックビーチは急いでいるときに
とてもリズミカルに準備ができますし、
夜遊び!?をするときは、レディー・ガガのThe Remix!を聴いて、
少しでも女子力をアップして頂こうと思います。
でもやっぱりこのアルバムは、ジャケットの写真になかなか慣れません。
見ないようにしながら・・・やっぱりいろいろ見ちゃいます。

春!
最近ピンクや花柄のお洋服を着て外に飛び出したくなりますね。
とても気持ちいい気分で今週も収録を無事終えることができました。

032010_1y

ぜひぜひ
来週チャートインしそうな、あなたの購入したてのお気に入りのアルバム、
あなだのディスクレビューなども、番組にお寄せくださいな!
よろしければ、番組内でもご紹介させて頂けたらなと思っています。

それでは良い連休を!


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 03 20 [パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

March 19, 2010

くもの中で、待ち合わせ。

今週、旅日記はちょっとお休み。
日本にだってたくさんいいところはあります。

東京にこのくもが出現したときは衝撃的でした。

100315_133801_2

いつきても、このくもと一緒に、とか、くもだけを
写真に収めようとしている方たちを見かけますね。

わたしも
くもの中で待ち合わせね、なんて言うのが、とても好きです。
くもの上にしましょう、なんって素敵な冗談をおっしゃっていた方がいましたが、
くもの上はちょっと無理。
登らないでください、と、
くもの足元には注意書きもありました。

でも・・・
くもの上に乗っかったら、
また違う景色が見えるのかなぁと
人を待ちながら、ちょっと想像していました。

絶対、夜、動きまわっています。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 03 19 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

March 10, 2010

みんなで餃子パーティー!

エジプトにドバイに、
父方の従兄や親せきは世界のあちこちにちらばっていしまっているのですが、
母方の方はと言うと、みんな日本に
しかもお互いそう遠くには住んでいないので、
年末年始など、集まれることがとても嬉しいかぎり。

何より、今年は、1月いっぱいバハレーンに飛び立ってしまったので、
年始の集まりに参加することが出来ず、
だから、先日久しぶりに親戚ほぼ一同、集まる機会があってとても楽しかったです。

今回従兄は全員集まることができて、
みんなで夕飯に食べたいものとリクエストした、餃子を包むことに。

みんなそれぞれ餃子の皮の包み方が違うので、
教え合ったり、それ変だよとけなしあったり。
子供のころ、粘土で遊んだとき、こんなだったかもしれないなと思いました。

ラーメン屋さんでバイトしたことがあるという叔父さんは
とにかく短時間で具もたくさん入る包み方を知っていて、
なんだか本当にお店で出てきそうなかたち。かっこいい餃子をつくります。

それをまねしして、従兄のひとつ上のおにいちゃんは、
頑張って包んでみるのだけどなんだかうまくいかず、
お雛さまみたいな形になってしまいます。

うちの弟は、かっこいいくせに餃子の包むのはちょっととろくて
意外な欠点を見つけられて楽しくなりました。

Geylan_100312_1_2

とにかく具の入ったおおきなボールを囲んで、
餃子を包む。それだけなのに、すごく楽しかったです。
焼くほうはというと、形がばらばらでちょっと大変だったみたいだけれども!

今度は、友達と集まって餃子パーティーをしたいな、と思いました。

Geylan_100312_2



ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 03 10 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 19, 2010

今週の5つ星は?

何度も何度も、いずれは気分が変わって飽きるまで
聴いてしまう曲って、ありますよね。

ずっと欲しかったアルバムの中のお気に入りの曲、とか、
ふいにテレビや映画で流れていたあの曲、気になって買ってからずっとそればかり聴いてしまう、とか。

でも、MP3プレーヤーの中でも、ついこの前星五つつけたはずなのに、
次の週になると、これのどこが五つ星だと思う自分がいたりします。
まったく本当に人の気持ちは移り気なものです。

先週よく繰り返し再生していた曲は、
マイケル・ジャクソンの「Give Thanks To Allah」。

パパラッチから逃れるためにとバハレーンにいたこともある、なんてお話しを先週チラッとしましたが、
それでふと思い出しひっぱり出して、それ以来1週間聴き続けてしまいました。
マイケルの優しい声をずっと聴いていたくなるような、
繰り返しくりかえし再生してしまう、中毒性のあるこの曲。
アラビア語の部分は、本当にきれいな発音で歌っているところも、
なんだか改めて、才能満ちたアーティストだったんだなぁとしみじみ感じます。

でも今週はうって変わってミュージカルモードです。
朝起きた時、あまりに寒くて
お部屋が暖まるまでムダにステップをして体を踊るように動かしているからでしょうか。

「マンマ・ミーア!」の映画版のサウンドトラックがここ数日遅ればせながらヒット中です。
とくに、「Slipping Through My Fingers」はお気に入り。
いつのまにか大きくなってしまった子供をみつめ寂しさを覚える、母心を歌ったこの歌。
いつか自分もこんなふうに、我が子を想うことになるのかしら、と思ってみたり、
自分の母親もこんなふうに何度も何度も自分を見送ってくれていたのかもしれないなと思ってみたりしては、
少々目頭が熱くなります。

0219201y_2

(写真は若き日の母とわたし。)

来週はどんな曲がファイブスターになるのか楽しみです。
晴れの日が続いてくれそうなので、Owl CityのFirfliesになりそうな予感がします。


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 02 19 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 12, 2010

私にとっての、「かいじゅうたちのいるところ」。

あっという間に1週間がたちますね。
20代はあっという間だよーと誰かがおっしゃっていたのを思い出しました。
やっぱりそうなのかしら?
でも、1日24時間はやっぱりちょっと短すぎな気がします。

先週のはなしですが、
2月1日付けのチャートで、25位にランクインしていた
「かいじゅうたちのいるところ」のオリジナルサウンドトラック。
映画も良かったので、絵本も改めて読みましたが、
‘かいじゅうたちのいるところ’って
誰もがかつて訪れたところのある場所、なんだろうなぁ、ふと思いました。

ちびまる子ちゃんのマンガを読んで育った世代ですが、
どの巻だったか忘れてしまいましたが、
ちびまる子ちゃんが友達と探検ごっこをして、
不思議な洋館にたどりつくっていうおはなしがあって、
でももう一度行こうとしたら、もう無かった・・・というようなストーリーがあった気がします。
(間違っていたらごめんなさい!!)
さくらももこさんのエッセイにも書かれてありましたが、
これは、ももこさんの実体験を元につくられたおはなしなのだそう。

でも、こういうこと、誰もが子供のころあったよねと思います。
わたしも小学生のころ、たらの芽を採りにいこうと、
女の子だけの冒険隊をつくって、
運よく木が生い茂ってるところに辿りついては、たくさんたらの芽をとってきたことがあるのですが、
なんだかそこは夢のように、たらの芽がたくさんあって、すごくみんなで興奮したんです。

そのあと、一緒にいったうちの一人の子、お隣りさんの幼馴染みの子のおうちで
天ぷらにしてもらって食べたことを覚えています。

たらの芽という存在を知らず、でもサザエさんは見ていたので、
タラ・・・お魚の目?なんて心配しながらみんなの後をついていったわたしとしては、
お醤油をつけて食べたとってもおいしい葉っぱのてんぷらに驚いたのを覚えています。

でも、それから、数日後、
また同じところにたらの芽を採りにいこうとしたけれど、もう二度と同じ場所には行けませんでした。


子供ながらの方向音痴、とか、いろいろ理由はつけられそうだけれど、
なんだかこういうの、子供のころの不思議な想い出として大事にしたいものです。

そんなことを考えながら、久しぶりにうちの近くで お茶をしました。

ブログ初心者として、マネージャーさんからブログの書き方について伝授していただき、
いくつかチップを教えていただいたのですが、その中に、

「写真は毎回、載せたほうがいい!
でも、今日はこれを食べました~なんていうのは、ありきたりだからやめなさいね。」

というのがあったのですが、
残念ながら、今日のは、それです。

Geylan_100212

だって、この時期、たらの芽の写真なんて無いものね!

手前のレアチーズケーキとカモミールがわたしの。奥のが、一緒にいた方のかぼちゃプリン。
ケーキもおいしかったけれど、食べたらかぼちゃプリンのほうがもっと美味しかった。

いつも他人が選んだもののほうを注文すれば良かった!と羨ましがる残念な性格です。
それでは今週もよろしくお願いいたします!


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 02 12 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク

February 05, 2010

ジェイラン、今日から番組スタートです!

I_countdown_prof_2

改めて、はじめまして!
西任白鵠さんがお届けしてきました、
「i-Radio TOWER RECORDS COUNT DOWN」からバトンタッチ、
今週から「i-Radio COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
とタイトルも少し変わって
わたくし、ジェイランがお送りすることになりました。
どうぞよろしくお願いします。

バングラディッシュ、バハレーン、ドバイと
いろいろなところを旅させてもらってから、日本に帰ってきましたが、
寒いですねぇ!


帰ってきてから、東京でももう2度も雪が降りました。
日本より暖かい場所にいたせいか、
体がびっくりしてしまっているのか、この寒さにはなかなか慣れず、
毎日厚着をしすぎては、電車の中で大汗をかくというような日々を送っています。
みなさんもどうぞ気をつけて!


うちの近くではまだ雪が少し積もっていますが、
今朝外を歩いていたら、公園にゆきだるまがぽつんと立っていました。
そういえば、子供のころは、雪が大好きでした。
雪景色もたまにはいいですね。


今日のはじめての収録に向かうときも、
冷たい空気とちょっとの雪が、なんだかNYみたいな雰囲気だわと思い、わくわくしてきて、
緊張していた気持ちもちょっとほぐれました。
でも、かっこつけて足早に歩き始めたら、転びそうになりました。


はてさてそうしたなか出来あがりました、
2月からリニューアル、「i-Radio COUNT DOWN supported by TOWER RECORDS」
初回、良かったら聞いていってください。

初めての方も
これまで聞いてくださっていたみなさんも
これからどうぞよろしくお願いします!


ジェイラン


-ジェイラン出演中! i-Radioはこちら-


2010 02 05 [パソコン・インターネット, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク