April 07, 2010

キリンジ、なくなったらちょっと困るもの。

街を歩くと、どこからともなく梅の香りが漂ってきます。もう春ですね。
ところでわたしの住む街では、駅前の再開発に伴い、
本屋さんやベーカリー店など慣れ親しんでいたものがひとつ、またひとつと姿を
消していきます。寂しいことですなァ。
先日は駅に隣接したコーヒーショップが閉店しました。
「最後にコーヒーでも一杯いただこうかな」と立ち寄ってみると、店内はすでに満席。
なかには「頑張ってね!」と店長さんに声をかける人も…。
なにか皆で記憶を共有しているようでもありました。

キリンジのお二人は「なくなったらちょっと困る」というものはありますか。


灯台守


僕はお酒をよく飲むので、普段からけっこう野菜その他の体に良さそうな物を多く摂るようにしてます。
なかでも一日一杯の青汁は欠かさず飲んでいて、当然まずいものなんですが、無いとどうも必要な栄養素が摂れてない気がして不安になるし、生活のリズムが不規則なんでまちがいなく体調を崩してそうな気がして、僕にとってはちょっとした必需品になっていますね。
って、つまんない答えですいません(笑)


堀込泰行



気にいっていた店がなくなるのは寂しいですよね。
僕が住んでいるところは畑とか林が残っている一帯でタヌキやイタチなんかも見かけます。
そういうものがなくなると残念ですな。
便利な世の中ですから、なくなったら「困る」ものは、ほとんどないような気がします。
でも、なくなったら「寂しい」ものは沢山ありますよね。


堀込高樹


-キリンジ出演中! i-Radioはこちら-


2010 04 07 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク