May 29, 2006

加藤紀子、「結婚して良かった!」な瞬間。

060529

雨が降ってます。
最近、あっという間に雲行きが変わって
「雷だ~、雨だ~、逃げろ~!」みたいな事、多いね。
おかしな事になってきてる・・・と言う事実と、
それらに向き合わなきゃいけなきゃいけない事実。
いやいや、本当に。
しかし今は、雨に対応すべく長靴を履いて過ごしてます!

これは、最高にかわいいよ!!
ヒステリック グラマー産で、女子はゲットすべき!っていうくらい
履きやすくって良し。
これにデニムスカートとかを合わせたりして出掛ければ
水たまりだって平気です。
(しかし長靴ってなんで歩く時『カプカプ』言うのかね?
子供時代だけかと思ったけど、年齢に関係なく『カプカプ』言うみたい!)

そんな中、先日皮膚科に行ってきました。
肌が乾燥していたので診察&お薬を貰いに出向いた訳です。
渋谷にある小さなその病院へはもうかれこれ5、6年通っていて、
先生は殆ど体に触る事無く無口ながらも的確な判断を下し、
治るお薬をくれる。
そんな皮膚科はいつも混んでいるのです。
その日の待合室も例によって非常に混雑し、
椅子取りゲームみたく誰もが長椅子に隙間をみて座る!
みたいな状況でした。
私もその中に混じって座っていると、私の両端にA子とB子が座りました。
彼女たちはお友達らしく、私を挟んで大きな声で会話を始め
「このマスカラ良くね?」とか「眉の色おかしくね?」とか
地味に気になるような、
それでいてどうでもいいような会話を繰り広げてました。
「なんなら席変わりましょうか?」と言うタイミングすら与えてもらえない
猛スピード会話。
面白い事でも言ってくれればいいのに
全く興味を沸かせてくれない会話なので、
「ダビンチ コード持ってきてて良かった!」と私は本の世界に逃げ込み
会話を無視するよう努め診察を待っていました。
そこで、看護婦さんから「コイケ エイコさんどうぞ」とのアナウンス。
誰もが「え?あの?」な空気です。
私も一緒になって「彼女もここに通ってるの?」な思いです。
でもじろじろ見るのは嫌だし、「ま、別にいいか」と本に意識を戻すと
A子B子が
「な、訳ないじゃんね~!!
でもさ~本名の芸能人って大変だよね~、みんな見るもんね~!」。

ここです。
この時程、彼女達に挟まれた今日こそ、
「結婚して良かった~!」と強く思い直しました。
今まで私は”加藤紀子”な暮らしをしてきた訳です。
空港でも病院でもアナウンスされるのは”加藤紀子”であり、
気付いた人や興味ある人が「あの子?」な視線で見られてた訳です。
しかし、名字が変わった為に名前で振り返られる事がなくなったのです!
A子B子チームに「加藤紀子っぽくね?」と思われても、
名字が違えば「本人っぽくね?」みたいに言われなくて済んだのです。
今までは「加藤紀子さん、お入りください」とアナウンスされて
3秒後に席を立つという、
自分なりの注目されない術を使ってきてたものが必要なくなったのです。
いや~、「良かった!」と思いましたよ、本当に。

とは言え、まだ新しい名字も言い慣れてないし
なんだか言うのも恥ずかしいという気持ちはバリバリあったりするのですが
捨てる神あれば拾う神あり・・・(使い方違うけど)と
身を以て思った出来事でした。
(この時のコイケエイコさんは別人だったけど、
著名人と同じ名前の方には色んな面でご迷惑掛けてるんだな~
・・とも切に思いました。)

っていうか、A子B子は何の診察で来てたんだろね?
興味あるわ~。
(パッと見、かわいいんだよ 肌荒れとかもなさそうで)

今日のBGMは
weezerの「Video Capture Device」というDVDを流しながら。
先日買ってみたけど、若いわ~。
なぜなら「1991-2002」だって。
新しいやつかと思って買っちゃった・・・。
見た事あった・・のよ・・これ。

紀子


2006 05 29 [音楽日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック

May 17, 2006

加藤紀子、「ダ・ヴィンチ・コード」読破中!

060518

今、テレビで”大行列!美味しいお店!!”をやってるんだけど
うまそうだな~。
シュークリームやらハンバーグやら、胸キュンシリーズ。
しかもちょっとお腹が空き始めた夕方。
あ~、胸キュン!

シュークリームって、昔は嫌いだったのに
残念ながらここにきて気に入ってしまったので、特に目が奪われるのです。
あ~、食べたい! でも我慢・・。

そんな中、テレビも楽しいけどやっぱり読書!という事で
遅ればせながら『ダヴィンチ コード』読んでます。
地味に気になっていたので本当はもっともっと早く読みたかったのだけど
”ベストセラーなんです~”みたいな雰囲気に少し引いてしまった感と お友達が年末読んでいたので「終わったら借りよ~」的なもくろみがあり、
でも結局彼女がまだゆ~っくり読んでて終わらない・・・
といういきさつで、自ら本屋さんでようやく購入・・というので今日に。

しかしもう多くの人が読んでるよね・・実際。
どうなの?どうなのです??感想は??
私はまだ半分の所なのだけど、休み休み読んでるせいか
「この人はだれだっけ?」とまだ主軸の人の名前しか覚えられず、
しかも映画の配役がテレビCMで見え隠れしているので、
「はは~ん、この役がオドレイ トゥトゥーね!」
みたいな思いで重ねて読んでしまい、なかなか進まない。
そして、全体的に内容のせいか固い気がして、気を休める場所がない!
なので、1行に対してのスピードが他の本を読む時よりも遅くなるのです~。
ふむ~。
アラスカに行ってる時に読もうと空港で買った”シドニー シェルダン”は
夢のように早く読み終えたのに・・と思うと、
こうしてゆっくり考えながら読める本というのは
私にとっては久しぶりだったのかもしれないな~。

しかし!
まもなく映画は公開されます・・。
観たいのよ、映画もね。
でも、この中途半端に読みかけのまま映画行っちゃったら
なんか全て終わりじゃない?
だから、本が先か映画が先か。
リンゴの実が先か木が先か・・・。
スタートを間違えた気分で今、本を目の前にこの文章を書いている訳です。

そしてここの所また面白い本が大量に発行されています。
もうワクワクしっぱなしで、移動中から寝る間際、
はたまたお風呂の中で読んでうっとりしている訳ですが、
先日譲り受けた「容疑者Xの献身」by東野圭吾さんを読み終え
「ふむ~」となった所にこの「ダヴィンチ コード」、
そして今日友達から借りた「白夜行」by東野圭吾さん、
でこの後に「夜の公園」by川上弘美さん、
「ウルトラ ダラー」by手嶋龍一さん、
そして「おいしい!健康ジュース 410レシピ」なんてものまで
読み物は控えている訳です。
ワールドカップの日本代表選手ぐらい、
全てが素晴らしい可能性を秘めているので
早く早く腕を拝見したいのですが・・。

私の悪い癖で、本や映画を途中で乗り換える事をしてしまうので
話がごちゃごちゃ喧嘩する前に、
まあとにかく「ダヴィンチ コード」を読んでしまいたい訳です。
中に出てくるルーブル美術館付近の地理だけでも理解出来てるのが
せめてもの救いとでもいいたいわん。

で、普段は「とにかく書き込んで~」とお願いしている私ですが
これらの本の結末だけはうっかり書き込んだりしないようお願い申し上げますよ。


今日のBGMは久しぶりにこのコンピシリーズを買った
「bossa a ala mode tres」
かなりご機嫌なミュージシャンがいい曲をクラブリミックスしているので
良かったです。
番組でも紹介しますが、文章が早く書けるリズムものばかりです。

さてさて、梅雨時期にあなたの興味のある本は??

紀子


2006 05 17 [書籍・雑誌日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック

May 05, 2006

加藤紀子の”イラーっとタイム”。

060511

ここの所すっかり”春”なお天気が続いてますが
時々”夏”の匂いを感じる朝もあったりします!
そして共に、草むしりをすると土の中から
小さなバッタが顔めがけて飛んできたりと
季節が動いているのが感じられます。
なんだか嬉しいですね~。
こういうのって大好きです、とっても。

こんな風にのどかな文面で始まっておきながら申し訳ないのですが、
前から気になっているイラっとする事があります。

興味がある事・・・というよりは
「なんでこんな事するの?」ぐらいの悲痛の叫び。

というのは。
CDを買う、聴くというのは私にとって非常に大切な行為です。
ある意味生き甲斐ですよ。
そしてCDを買った時はワクワクしながらビニールを剥がして
一刻も早く聴きたいと言う衝動にかられるものですよ。
が、しかし!!
輸入版の多くは、ビニールの下にもう一つネッチリテープで
ジャケットの上のほうが止められているではありませんか!?
そう、あれです!!
なんですか、あれは。
確かにあそこをきちんと止めてもらっているおかげで
プラスティックの部分が割れにくいのも分ります。
でも、しっかり止め過ぎじゃない?
「open」と小さく書いてある所を信じてそのネッチリテープを引っ張っても
全然オープンなんかしない!
すぐにその部分のテープがちぎれて、
そこからまた爪でチリチリ・・・と剥がして行き、
まあとにもかくにも”イラーっとタイム”です。
そして、運の悪い事にCDを買いに行く時は大抵が車なので、
車に乗ってすぐに聴こう!としても
そのテープのせいで出発できないままでいるか、
もしくは家に帰るまでは聴けない・・といった状況になるのです。
なんであそこまで真剣に止めようとするんだろうね??
あのネッチリ感はどうしてだろう??
世の中ね、色々と進化してるんです、良くも悪くもね。
なのに何故あのテープだけがあそこ止まりなんだろう??
本当にイラッとするんだよね~。

他にもね、一番最初のビニールも剥がしにくいCDもありますよ。
多くのものは引っぱり口みたいな、きっかけが作られていて
ツルっとビニールを剥がせますが、
その引っぱり口が無く「これ、どこから剥がすんだ??」と
プラスティックケースをぐるぐるぐるぐる廻してみて、
結果「無いじゃん!!」と愕然とし、カッターで剥がすしかないやつ。
あれもメーカー側に愛がないんじゃないか!と言いたくなっちゃいますね~。
ほんと、とにかく早く曲が聴きたいだけなんです、
もうちょっと剥がしやすい包装にしていただきたい!
と切に願う次第でございます。



そんな訳で、
今回このFiona appleの『EXTRAORDINARY MACHINE』がそうでして・・・。
ま、頑張って開けた甲斐あって内容は素晴らしい!です。

紀子


2006 05 05 [音楽日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | トラックバック