June 23, 2006

加藤紀子、世界各国旅のお供

Nk_060623

マダガスカルから帰ってきて、ようやく落ち着きが戻ってきました。
今回の旅もまた濃いものとなり、早くもオンエアが楽しみです。
(海の日スペシャルのね!)
そんな訳で出発前は非常にバタバタし、
ココログも更新が遅れてしまい申し訳なかったです。
きちんと更新しないと、仲さんココログに負けちゃうからね。
また気持ちも新たに、頑張って書きますよ~。

で。
海外やら地方に行く時、乗り物に乗る前には
殆ど必ずと言っていい程”お茶”を同行させます。
水でもジュースでもなく日本茶です。
常に「いつ何があるか分らないから
取りあえず飲み物だけは確保しておきたい」という
見えない教訓が自分の中にあり、
車で近所に行く時でさえ持っておきたいものです。

そこで、今回の旅にも途中のコンビニで500mlのペットボトル茶を購入し
成田→バンコク→アンタナナリボ(マダガスカルの首都)
→ムルンダヴァ(小さな村)へと連れて行きました。
この間約2日?時差やらなんやらで
日にちもよくわかんなくなっておりましたが、
ちびちび「お~い、お茶」ってた訳です。
(最初出た頃はこのネームングに違和感を強く持っておりましたが、
もうすっかり平気だね、人前で言っても恥ずかしくなくなったなあ)
で、当然ながら底をつき、やむを得ず水を飲む事になるのですが・・。

最近のお茶ブームに乗っ取って、
色んな種類の茶が世には販売されているのですね。

そして家でも手軽に美味しいお茶がいれられるよう、
様々な施しをされている訳です。

なので、水よりお茶が飲みたいブームの私は
『粉末緑茶』なるものを日本から持っていきました。
それは、粉末を水にいれるだけで美味しいお茶が!な触れ込みで
開封もジップになっているので非常に便利そう。
「しめしめ」と封を開けて、ペットボトルの中に粉をいれると・・・
超緑茶!!
茶カテキーン!!な色です。
そして味は・・・茶カテキーン!!な濃さ。
どうやら入れる量を誤ったようです・・。
傍目からみてもただ気持ち悪い色味になっており、
頑張って2日掛けて飲んでみましたが
底に近づくとますます不味くて、残り5センチで惜しくもさよなら。
そして「粉末の入れ過ぎには気をつけて・・・」と心に誓いながら
いつでもお茶が飲めるように
背中に背負ったリュックの中に忍ばせて日々ロケっていた訳です。

そしてある日、リュックの中からお菓子を出そうと
粉末茶も入れてある袋を開けると、
なんとそこ全体が茶カテキーン!!!!!!
緑の粉、粉、粉!!
レモン味グミも、アセロラグミも全部緑!
そしてそれらを取り出すと飛び散る茶粉!!
『何すんねーん!』な怒りです。
飲みたいだけなの、撒きたいわけじゃないのよ...。

というのも家用のお茶なので、
ぶんぶんと振り回したり持ち歩くようにはなっておらず(推測)
ジップの隙間からチビチビと漏れだし、
粉だらけになったジップはうまく閉まらなくなりつつ・・
といった悪循環で、粉が飛散したのではないかと思うのですよ、実際。

帰りのバンコクでもスタッフがお茶のペットボトルを持っており
「さっき空港で買いました!」と嬉しそうに一口飲むと、
『まずっ!』と一声。
パッと見、日本製の緑茶なパッケージで、
そこには「OISHI」とも書かれていましたが、
甘いんです、それ。
TEAには砂糖を入れてるんですよ、なんとなく。
だから、結局、郷に従えな訳ですよ。
水を飲めってことですよ、ね。

しかしロケが終わった直後に、どこかで水にあたったらしく
胃痛やら腹痛やらで、ろくに食べたり飲んだり出来ない体になり、
楽しみにしていたお茶も
ろくろく帰った後も飲めない日々を迎えたのでありました。
やれやれ。

ちなみに麦茶はどうにもダメですな~。
後味が好きじゃないみたいで・・・。

あなたは何茶が好きですか??

今回のBGMはカジ君の新譜”NEW PRETTY"←発売中!!
何年経ってもカジ君は変わらず安心したりしてますが、
それでも音は新しく楽しかったりするので、まだの方はぜひゲットを!

紀子


2006 06 23 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

TRACK BACK

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60023/10644279

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤紀子、世界各国旅のお供:

» タイの緑茶は甘い [飛行船の気まぐれ☆☆新作映画紹介 から]
この間、バンコク旅行日誌を書いた時にキリンビバレッジの生茶が定着したと書いたが、 今週のガイアの夜明けを見たら6月に発売されたばかりだった。 タイでは約2年位前から緑茶ブームが起こっている。でも、もう下火だと番組内でタイ人は言ってた。 生茶は、アジアで結構発売されてるようで、タイにも進出した模様を番組では紹介していた。 タイトルにも書いたがタイで発売されている緑茶は甘い。まるで、紅茶のようだ。 番組でも紹介していたが、イチゴ味とか信じられないものまである。 なので、..... 続きを読む

受信 Jun 24, 2006 12:33:29 AM