February 22, 2007

加藤紀子、職人さんに和んだ日。

220207_1734

花粉が飛んでいるようですね・・。
朝起きたらくしゃみがとまらず、
喉の上奥がチーっと、目もグリーっと押してしまう程かゆいですよ。
晴れてて「ラッキー!」なんて窓をうかうか開けてる場合じゃないですよ、全く。
そんな物を払拭するかの様に頑張って作ったキムチ鍋・・。
2月とは思えない暖かい気温の日に催してしまったキムチ鍋は、
非常に美味しくすぐさま食べ干してしまったので写真に撮る事すら忘れてしまいました・・。
メイクさんと親友OL、私と3人でがっつり食べちゃいました・・。

ちなみに私の作ったレシピは
おだし(若干の白だしも)、醤油、お味噌でベースを作って
そこに下茹でした大根、ごぼう(根菜)、お豆腐、豆もやし、キャベツ、豚バラ肉、ニラ・・。
そこにすり下ろしたショウガとニンニクを入れてグツグツ煮るだけ・・といった簡単な物。
勿論キムチもね~!!
これは少し酸っぱくなっちゃったぐらいのほうが美味しい!
旦那様のお姉さんがオーダーしてくれて送って下さったキムチなんだけど、
旦那様に食してもらう前に全部食べちゃったな~。
そう、締めは細めのおうどんと油揚げを入れて少し煮て、そこに卵とネギと海苔で完成!
完璧でしたが、ぶっちゃけ夜じゅう、いやいや昼まで
部屋にキムチの匂いが立ちこめていて、
匂いだけでご飯が食べれそうでした・・。
そして窓を開けて、花粉を入れて・・・って悲しい悪循環・・・。

そんな中、家に窓工事の方が来てくれています。
網戸の交換やら窓の老化を直して下さっているのだけど、
職人の人って凄いね、感動しています。
はしごを使って上手に上り下りしながら細かいチェックをしてくれて、
開けにくかった窓もドライバーやらでちょちょちょっと直してくれて、
すんなり窓に!
拍手してたら「良い仕事したな~!」とおじさんも喜んでいました。

そこでです。
あなたならどうしますか?
お昼過ぎはちょっと暑そうだったので、冷たいお茶とおせんべいをお出しました。
そして3時過ぎ、おやつの時間には風が出て来たので温かいコーヒーとリンゴを出しました。
で、こういうのってしていいの?するべき?しなくていいの?
作業のジャマかな~?とか色々と悩みました~。
そして地味に「お手洗いはどうするんだろうか?どうぞと言うべきか?」
と悩んだ所で先ほど自己申請があったので、お貸ししました。
イメージの東京っぽくクールに知らんぷりをするのか、
イメージの田舎のようにお茶菓子を出すか・・なんてね。
些細な事を悩んだので意見を聞きたくなった訳です。


冷静に考えたり今までの自分だと出前は勿論、
宅急便の人が家に来てドアを開けるなんて怖くってしてこなかった訳ですよ、長い一人暮らし人生の間。
なんでね・・。

しかしこうして職人の方を見ると、尊敬に値するというか・・素敵です。
前に車の修理を出した時もつなぎを着たお兄さんがパッパと見てくれて、
車の手術よろしく仕上げてくれた時にも、感動しました。
手に職があるのって、やっぱり良いですね~。
外国に行っても、それで食べて行ける訳でしょ、きっと。
いいな~。うらやましいな~。
私だったら何が出来るか・・なんて、
作業を見ながらまた小さく悩んだ訳です・・。


キムチ鍋・・・か・・・?

でも、この作業をしてくれたおじさん、
私が出掛けると「いってらっしゃい!」そして「お帰りなさい!」
と声を掛けてくれるんです。いい人なんだな~、絶対。


ここの所またしても恐ろしいサスペンス本---

 『傷痕』ーコーディ・マクファディン著 ヴィレッジブックス
 (サスペンスだし、相当怖いけどお薦めしちゃいます。眠くても読みたくなった本でした・・)


・・・にやられていたので、
職人おじさんの優しさと技量に和まされた一日となりました。

BGMは60年代サウンドの「“Tell Him”BILLIE DAVIS THE DECCA YEARS」。
DECCA MUSICってとこのをまとめたやつみたいですが、お勧め曲もたっぷり。
また紹介しますね。

写真は旦那様のご実家から送って頂いたリンゴ!
密がたっぷり入っていて美味しいので、これを先ほどお出ししました。

んな事です。


紀子


2007 02 22 [趣味日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

February 16, 2007

加藤紀子、私の歯ブラシとエコの話。

Nk_070216_01_1 こんばんは。いつも楽しくブログ拝見しています。
さて最近雑誌でも、よくエコな雑誌とかよくエコという言葉をよく聞きます。
興味というかこの言葉が気になります。
そんな中こんなエコ歯ブラシを見つけました。(写真参照)
ドイツ製で値段も普通の歯ブラシと変わりなく、
その上歯の部分がカートリッジ式になっていて取り替えられるのです。
そして、このニコちゃんにやられました。
いかがでしょう?これなら朝から気持ちよくゴシゴシ磨く気持ちにもなりますよ。
mxx


今回はリスナーの方から可愛い写真と共に頂いたこのメッセージ!

本当にここのところ“エコ”という単語、良く聴きますね。
私だって毎年エコ番組やらせて頂いているおかげで、敏感に反応する体に。

Nk_070216_02 この前お誕生日にお友達から頂いた本、
 ”こども哲学”『自分って、なに?』 文ーオスカー・ブルニフィエー
の中にとても素敵な言葉が書かれていて、
「人間は、自然の一部として生きてゆくものなんだって」と書かれていました。
それ読んだ時「そうだ!そうだ!」と強く思いました。
まあこの前後の文章を読んだから尚更なんだけど、
そう思いながら、そう感じながら
エゴを出さないエコな生き方が出来れば素敵だな~なんて思っています。
そしてこの本はちょうど気になっていたので、プレゼントしてもらえて嬉しかった~!

哲学書なんて初めて手に取った気分。
フランスものなんですが、ちびっとでも気になった方は是非です。お勧め!

で、話を戻すと歯ブラシね。
実は私の歯ブラシにもニコちゃん付いてるの!
といっても同じ物ではなくて、ニコちゃんに引かれて買った子供用のを使用しています。
奥もしっかり磨けて良い気がしてね。
大人歯ブラシって時々凶暴な暴れ方するでしょ(己が悪いのだけど)。
だから旅館の歯ブラシとかも余り好きではなく、持参するのですね・・・。
そしてやっぱり子供歯ブラシは全体的に可愛い!!
「磨きてー!!」みたいなニュアンスたっぷりだもん。
大人歯ブラシはひとっつも可愛気がなく、ただただ磨け感漂うだけなので、持つ喜びすら薄いですね。
なので、外国に行ってもお土産で良くチェックしちゃいます。

その前のは母が歯医者さんから買って来てくれた電動なんだけど、
これは頭蓋骨に振動が来るような気がして、ここの所使っていません。
ま、こう考えるだけで色んな歯ブラシがあるもんだ・・・。

でも、ドイツ製の写真のはいいですね。
ドイツもかなり環境問題において、進んでいる国という認識があります。
さすが!ビール飲んで歯磨きだね!!
欲しくなっちゃいました!!ナイス情報ありがとう!

そして最近・・・ちょっと前から私が気になっている事。
この文面とは全く関係ないのだけど、
台所洗剤で「ジョイ」って言うのあるのを知ってるかな?
あのCMでジョイくんの関西弁が回を重ねることに上手くなっているような気がするのですよ。
「おかあちゃん、見ててや!」っていうのが板について来たというか。
去年までは「っていうか、あんた無理して言ってるでしょ!」って感じだったのに、
最近のはこなれて来たっていうか。
なんで関西弁にする必要があるのかも謎だけど、徐々に上手くなっているので・・ね。

CMの内容よりもそっちに気になっている私なのですね。どう思います??


そしてここでお詫びを。
前回本を紹介したココログの中で、「ファウジーヤの叫び」をフィクションと書いてしまいましたがノンフィクションの間違いです。
翌日あたりで「はっ、もしかして私間違えてるかも!」と思っていたのだけど確認するのが遅れました。
『メンデ』も『ファウジーヤの叫び』もノンフィクションなので、切なくなったのです。


そんな訳で、来月はおひな様ですが女子の皆さんはおひな様はもう出していますか?

我が家はすっかり鎮座しておりますよ。
こういうイベントってちょっとハッピーな気分になります。
(写真を撮ろうとしたら、小さ過ぎて無理でした・・・、無念!)

BGMは「ウィ・オール・ラブ・エンニオ・モリコーネ」
モリコーネのトリビュートですが、沁みますな・・・。

紀子


2007 02 16 [趣味日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

February 07, 2007

加藤紀子、本を読んで今思うこと

070207_1557

ここの所、お誕生日ブームです。
1週間のうち、1日もしくは2日が誰かしら近しい人のお誕生日です。
毎年の事なんだけど、プレゼント探しに躍起です。
でもその前に、私が大好きなのはその人に似合うカードを探しに行く事!
今じゃ、開くと飛び出てくるのは当たり前で、
パズルになってたり、オルゴールとかまで鳴っちゃうのね~。
そんなのを相手の顔を思い出しながら選ぶのはなかなか楽しいものです。

でも、有りすぎて悩むのも事実です。
そしてプレゼントを自分にもうっかり買っちゃいました・・・。
写真参照です。
(お茶のティーパック入れに。
どことなく元フジテレビアナウンサーの露木さんに似てる気が・・・)

そんな中、またしても読書熱に冒されていて
今年に入って早くも6冊の本を読破したのでありますが、
買ったその日にどんどんと引き込まれ、結局読み切るまで眠れなかった本をご紹介。

『メンデ 奴隷にされた少女』ーメンデ・ナーゼル著ー ヴィレッジブックス

このタイトルだけで話は分かると思いますが、中身が凄い。
というのは事実であり、現代なのです。
私達と同じ時代に生きている女の子のお話なのです。
スーダンという国で実際に行われているお話なのです。
もうね・・あり得ない・・な状態なんです。
実際、夜中1時過ぎに読み終わってから3時まで眠れず、
寝たら大量の寝汗が出た程、ショッキングだったのです。
私達が常識だと思っている事は、国や宗教が違うと常識ではなくなるものなのですね。

そして文中に出てくる悪い人。
どこの国にも悪くてずるい人がいるんですね。
その人達はどうして「悪い事をしてる」と思わないのか不思議でなりません。

前にも「ファウジーヤの叫び」という本で、
奴隷にまでされなかったにしろ、酷い状況の中で亡命し、
人生を取り戻した女の子の話を読んだのですが(これもノンフィクション)
この広い世界で全く考えられないことって起きているのですね・・。

でもね、時々仕事で秘境に行ったりすると
普通に裸で生活する部族や顔に入れ墨をいれておしゃれとする部族や
水道じゃないお水を、トイレのないトイレを、・・・
いっぱい違いが有る生活をしてる人にお世話になったりするんです。
多くの人はいい人なんです。綺麗な瞳で仲良くしてくれるんです。
(勿論中には、なんかくれ~!と言う人も盗む人もいるんだけど)
ただね、私達と環境が違うだけで同じ世紀、同じ24時間を過ごしている人達が、
苦しんだり悩んだりするのは嫌だなと深く思いました。

で、どうしてこの本を紹介したかというと、
まずこの状況を私達は知る事が大事なんじゃないか?と思ったからです。
中にはこんな状況を詳しく知ってらっしゃる方もいるでしょうが、
ここまでだとは私自身が知らなかったので、まだご存知無い方に知って欲しかったのです。

とにかく、私達はワンワンにもお洋服を着せてあげるぐらいある意味豊かな国です。

その豊かな”気持ち”で何か支えられる物もあるんじゃないかな?と思いました。

偽善者ぶるつもりもありませんが、
みんなが笑顔でいられるといいなぁと、切に思う訳です。

BGMは「サウージ!サラヴァ」
幸せになる音楽ばかりですよ。

紀子


2007 02 07 [書籍・雑誌日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

February 01, 2007

加藤紀子、誕生日はこんな日でした。

Cake

こんなに晴れが続いて大丈夫か?と思う程いいお天気の今日この頃。
voiceにも沢山のメッセージありがとうございました!
無事にまた一つ年を重ねる事が出来ました。
しかしいつまでも誕生日を怯えつつ喜ぶような女なので、またよろしくね!!

さて、先日のお誕生日がどれほど嬉しかったか!
という事を報告しようと思います!
34歳バースデーって一体どんな事するのか・・・ね。

というのは、まず1月に入ってから
旦那様はパリコレの為殆ど日本にはいないのです。
なので、ま、一人っきりの日々だった訳です。
そして当日に一人で過ごす勇気がまだ無い私は、
お友達に「一緒にいて~」と懇願した訳です。
で、彼女共々観たかった映画『マリー アントワネット』に出向きました。
いや~、かわいい~!!
洋服も髪型も真似したい!
細かいディティールまでもの凄く凝っていて、
字幕と共に観ていくのでいっぱいいっぱい!
その上、美味しそうなスイーツがジャンジャン出てくるので、うっかりお腹も鳴る始末・・。
(なんで静かなシーンになると鳴っちゃうのか、自分でも恥ずかしい・・・)
しかし今回初めてソフィア コッポラ作品観ましたが、
色も綺麗で楽しい映画でした。
「今日、この映画に誘ってくれてありがとう!」なプレゼントでした。
(DVDが出たら絶対買って、改めてじっくり観たい作品です。
ちなみにサントラはゲット済!)

そんな幸せ気分で、渋谷セルリアンタワーにあるチャイニーズレストランに。
ここは陳建一さんがやっている四川が美味しいお店で、
以前からランチには度々通っているのだけど
ディナーは頂いた事が無かったので、予約してもらって行ってみる事に!
ここからはいつもの仲良し友達の皆様も集まってくれて
色々とオーダー出来て嬉しい限り!
やっぱり中華は人数いないとね~。
前菜のクラゲに点心、北京ダックに酢豚にエビチリ、お野菜に・・・
って止めどなく溢れる食欲。
最後に名物麻婆豆腐を頂くも、その辛さに感動!
会話をするか、食べるか、戦いのような時間。
全部が全部美味しくて、毎日でも通いたい気持ちです。
さらに、お店の方からはシャンパンやお花、デザートまでプレゼントして頂き、
あ~本当に感謝です。

300107_2313 で、そんな時ガラス越しに旦那様のアシスタントさんの姿。
「いや~、偶然~!」と思って手を振ると、彼女がお店に入って来て
「これ、ご主人から頼まれまして・・・」と綺麗な白の花束が・・・。
パリからわざわざこんな演出を・・・。
みんなが大笑いしながら写真を撮る中、
一人嬉しいのと恥ずかしいので吹き出す汗を必死に拭う始末。
でも、とっても嬉しかったです(のろけてごめんね)。

お友達から頂いたプレゼントと旦那様、お店の方から頂いたお花を持って家に帰ると、
母からはFAXも届いていて、愛に溢れた一日となりました。
事務所歴代マネージャーさん達は持ち運び出来るDVDプレーヤーを下さり、
「これでもっと地方に行け!」というおかしな念のようなものを感じさせられました。

こんな誕生日だったのですが、
とにかくみんなに感謝出来る日を過ごす事ができました。
これからも元気に頑張って34歳、過ごしていきますね~!
そして誕生日に映画館ってほんと、良いよ!!

今日のBGMはやっぱり
「マリーアントワネット」のサントラを!
色んなバージョンの音楽がセンスよく楽しめますよ。

あなたのお誕生日も素敵に過ごして下さいね!

紀子


2007 02 01 [趣味日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク