February 16, 2008

加藤紀子、はがさないで!

『さぼっている訳ではありません。
ダーツをしている訳でもありません。
寝転んでだだをこねてた訳でもありません。

何してたんだ、私。

なんか非常に自由な時間がなく、アチコチ動いておりまして。
新幹線で原稿の直しとかをする次第でございます。

そこでさ。
ちょっと思うんだけどね。

私達は時々いろんなお話を、活字でさせて頂く訳です。
それがインタビューって言うやつですね。
私の大好きなお仕事のひとつですが、しかし。
いくつかの質問をまとめて下さり、読者の方々が読み易い様にして下さるのだけども。

「こんな口調で話しましたっけ??」とか、
「会話の中に絵文字って使いましたか?」とか、
「あんなに話したのに、あなたの話ばかりが文字になっていやしませんか?」とか、
ま~、私の言葉七変化。

・・・。

時々、それらを直すのにめげて、「このままでいいです」となるときもあるけど、
どうなんでしょうね?読む方々にとっては。なんの問題もないことなんすかね??

酷い時にはプロフィールに、『兄弟は弟がひとり』って。
弟なんかおらんわ~!!!!!
兄じゃ~~~~!!と、小さく泣きたくなったりもね。何情報だ。そしてそれは誰だ!!

言葉を文字にするのは、簡単じゃないと思うのですが、
作りあげちゃったら、インタビューしなくても・・・な状況なのでは?
なかなか面白いです。

で、何年か前からこの状況が辛くて、自ら文字を書いているのですが。

編集の方にも勝手に直されたりするんです・・。

出版社によっていくつかの制約があるので、直された箇所はそれらの制約にのっとっている訳ですが、
『ここのワンピースをたらふく~の下りは、たらふくをやめて時々にしたらどうでしょう?』って
言われても・・・。

私、たらふく着てるんだってば~!!!なんです。
そこを時々に変えたら、いちいち文字にしてまで報告する必要ないんです~!!な訳なんです。

なんで自由にある程度書かせてくれるのに、ある意味私から自由をとるんだろ・・。

・・・と、今また原稿に向かい合わなくちゃいけないなか、
向き合いたくないので、ここでお茶を濁している訳です。
私の記事をどこかで見つけたら「のりちゃん、今回は戦ったかな?あ~、負けたな~」などと思いながら、
楽しんで頂けたらと、思う次第でございます。
私の基本タッチは、ここのブログ的なニュアンスを生かしつつ、
その読み物の空気を読んで書いたりしているので、
どうぞ参考までに。(って、直された方が良かったりもするので、この話は内密に・・・!)

と、気分を変えて謎シリーズ。
人はなぜ貼ってあるものを剥がしたくなるのか???

プレゼント用の値札。これ剥がすの基本。
ペットボトルのビニール。これも基本。
だが。

200802161207000

右上の角あたり。
公共の場のお知らせテープは剥がしちゃいけないんです~!



新幹線の新しいのに儲けられた喫煙所の中を見てみたら、
このような事に。
タバコを吸いながら「おっ、剥がせる?」とかおもっちゃったんでしょうか?
タバコが吸える年齢、これ大人。大人のやる事ではありませんぞ。
(そしてこれは、諦めた後とみえる)

傷口が気になる絆創膏でもなく、
エッセンスがし染み渡ったパックを剥がすのではなく、
イライラしながら剥がすCDのビニールでもなく。
剥がしちゃいけないものは、剥がさないよう、生きていきましょう。

私の化けの皮も・・・って、無い事を祈る。
そして原稿に挑む・・・。

BGMは番組でも掛けましたがPriscilla AhnのE.P。
いいよ、やっぱり。


紀子


2008 02 16 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク