May 22, 2008

加藤紀子、京都へ行ってきました。

いやいや、35歳になってまだまだしてない事がありました。

200805220822000

この間、マネージャーに「ランチメニュー、決めていいよ!」と言ってみたら
「じゃ、吉野家で」と言われ、聞かなかった事にしてみたのだけど。

今朝、吉野家に入ってみました。
朝定食頂いてきました。

どんぶり、重いのね・・。
ズシっとしましたわ。
店の人の指、お椀に入ってしまったりするのね。
豚汁WITH指・・・、見ちゃいましたわよ。ダシが出てませんよう。

なんか緊張した初吉野家。
でも安いし量も多いし、食べ盛りにはいいですね。
勉強になりました。

で。
先日はちょびっとだけ京都に行っておりました。
結婚式の着物を作って頂いた、千聰さんへご挨拶がきちんと出来ていなかったので、
大変遅ればせながら旦那様とお邪魔してきました。
昔の貴重なデザイン資料本やらも見せて頂き、
素敵な時間を過ごさせて頂きました。
昌子さん、磯本さん、森さん、皆さん、改めてありがとうございました。
今度は是非浴衣を・・・。

と。

Dsc00624

ぽんと町。
「京都に来たぞ!」な色。

Dsc00625

柳の下に立つ女。
怖くないよ。

怖いのはこっち。

Dsc00626

「鴨川をどり」のポスターの下にPIZZAの落書き。
誰だっ!
なんでいちいちピザなんだ??
ピッツアなんだ??
だ~ッ!!

壁への落書きはやめましょう。

Dsc00627

ぐんぐん道を進むと、こんな細い路地に美味しそうなお店がずらり。
腹ぺこで入ると迷う、危険路ですな。

Dsc00630

迷った・・・からではなく、ふ~と息をつくためにお茶。
お茶の色では確実になく、キールの事ですが。
うまい、これからの季節のキール。
食前酒で確実にほろ酔いですがね。
ビールもいいけど、キールもね。
このカーデの袖、クモなのもかわいいな~。
そんな美味しい時間を川沿いで。セーヌ川みたいでいいぞ。


そして昌子さんに予約して頂いた和食屋さんへ。

Dsc00633

小さなグラスに入ったビールは美味しくて(やっぱりビールを飲む私)、
じゅんさいや、万願寺とうがらしを焼いたものや、タケノコの天ぷらやら。

天井。てっぺん。最高。

速攻寝れました。

で良く晴れた翌日は。

Dsc00640

一人、ホテルのすぐ近くにあった三十三間堂。
世界のなべあつさんなら忙しく言う三十三。

Dsc00639

昔、兄と二人で来た事を思い出しつつ、
修学旅行生に説明しているガイドさんの説明を盗み聞きしつつ、
颯爽と質問しつつ(確実に中学生から白い目で見られましたが)
しっかりと目に焼き付けてきました。

っていうかさ、凄い。
言葉できちんと説明できないけど、
ごちゃごちゃ文明が発達していない時代に、こんなに細かなものがしっかり作られてたなんて。
そして未だ尚、残っているなんてね。

銅像の目に入っている水晶とか、美しかったもん。
と思っていたら、ガイドのおじさんは中学生の男子に
「絶対今夜、夢に出てくるで~」と脅しておりました。
なんじゃ、それ。

で、父が納骨されている所にも寄ったりして、京都を後にしました。

俄然一人になった途端、私が写真から消えておりますが、
一人京都もよろし、二人京都はなおよろし・・・な京都でした。

そう、「おおきに~」と言ってくれる京都、
風情たっぷり、また行きたいどす。


紀子


2008 05 22 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク