May 19, 2008

加藤紀子、長野へ行ってきました。

とはは~。
長野に行ってきましたよ~。
でもまず、東京駅。
東海道に比べて東北新幹線側ってなんであんなに狭いの?
ホームが混んで怖いんですけど。
なんて事を2ミリだけ思いました。

Dsc00593

見事な山々。

・・・福島の旅と似ている・・なんて事も2ミリ思いましたが。

で、なんで長野へ一人で向かったかというと。

旦那様のご実家で法事が開催され、彼はパリ出張という事で、一人です。

「ひとり気ままに旅をしているふう」です。

で、駅にお兄さんが迎えにきてくれて家族みんなで食事を。

魚が得意じゃない私をみんなが気遣ってくれ、お父さんは
「海のものは東京でも食べれるから、山のものを食べなさい」と、
山菜の天ぷらをオーダーしてくれました。

で、なんとか・・・あぶら・・・?あぶ・・・?っていう、緑の葉っぱみたいなのは、
男性向け!的な山菜だ~と、ウキウキテンションでお兄さんが熱く語ってくれましたが、
お父さんはひたすら、私に勧めてくれました。
だからか、11時には寝ちゃいましたとさ。
でも朝4時に目が覚めちゃいましたとさ。


で翌日。
いよいよ法事スタート。

ご実家はお寺さんなので、お父さんを始めお兄さんや・・お経の合唱。
お経のハーモニー。お経のアンサンブル・・・。

寝ないぞ。

今回、旦那様のおじいちゃんとおばあちゃんの17回忌と3回忌だったのだけど、
おばあちゃんは104歳で亡くなったのもあり、参列する方々もかなりの大人の方ばかりで。

法事作業もベテランの方ばかりでした。

で、私は。
まだあのおじさんの名前もあのおばさんの名前も、
どなたとどなたがご夫婦で、どなたが親族なのかも確実には不明で、
ただただアタフタするばかり。
お姉さんがフォローをしてくれたり、おばちゃんがこっそり教えてくれたりするんだけど、
ま~、アタフタ。
ま~、作り笑い??

ごめんなさい。

法事が済んで、みんなでバスに乗ってお食事へ。
お父さん、お兄さんの挨拶が終わって、なんとな~くお酒も回ってきたあたりで、
前回の法事の時に「NHKのフランスの旅を観てましたよ~」と話しかけてくださったおじいちゃん。
檀家さんの方らしいのですが、ま、とにかく笑顔の可愛い方が。
今回はなんと。
私をスターと呼んでくださいまして。


「ま~、こんなスターと話す機会がないもんでね」
「息子にね、スターと会うなら話しかけなきゃと言われてね」
「スターは何?グイグイ押されて結婚したの?それともグイグイ押したのかな?」


面白すぎます。

名前までは知らないのかも。
でもおじいちゃんの実力か、スターで最後まで押し切られて、さよならしました。
また来年会いたいと本当に思います。

あ、おじいちゃんは結婚する時「グイグイ押した」クチだそう。
可愛すぎ。

そんな中、おばちゃんと呼ばせて頂いているおばちゃんが
今回は手作りのフキの佃煮を持たせてくれました。

Dsc00595

香りもいいし、絶対おいしいはず。
瓶にパンパンに詰めて渡してくれました。
ありがたいです。


と。
まだまだこのシチュエーションに緊張してしまう私ですが、
なんか楽しい時間でした。

加藤家では芸能の仕事をしている私にはもう、慣れてくれているけど、
旦那様家ではまだね。
新鮮な感覚だ。


お兄さんがこのブログを読んで下さっているとの事なので、
お利口に書きました。

たは!!


紀子


2008 05 19 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク