August 18, 2008

加藤紀子、鉄板三昧!

東京が異常に涼しく、
暑さに対して挑んでいた気持ちが肩すかしをくらったような。
「え、暑いんじゃないの?こんな涼しくなるって、ちょっと・・・」てな気持ち。
しっかりお布団をかぶって寝てしまいました。

だからか。

Dsc01119_2

くっついちゃいました。
蝉の裏側って見た事無かったから、連写&激写。
網戸はくっ付きやすかったでしょうね。

そんな中、旦那樣方の親戚にご不幸があり、長野へ。

私に優しくして下さってた方が亡くなったのでとても驚いたし悲しかったです。

が、そんな中でも仲良しのおばちゃんが「わざわざのりちゃん、ありがとね~。はい、これ持って行きなさい!」と、
手作りのお味噌やらキュウリ、真ん丸のお茄子をしこたま頂きました。

「私、何しに来たんだろか?」と、結局みんなで笑ってしまいました。

実際には3ヶ月前に会ったばかりの方が病気で・・・という形でお別れしたので、まだ実感がありません。
でも頂いたお味噌もお野菜も、亡くなったおばちゃんの分もしかと味わって、噛み締めたいと思います。
ありがとう・・と。

そしてその後。
本来そういう方なのか、酔ったからなのか、
私のブログに訂正を入れるようにと懇々と説明をしてくれるおじさま。

「蛍の回のね、なんだっけな、うん、確かに蛍の回、
おかしい箇所があったんだよ、あれはね、なんていう文章だっけな、うん、
おかしいんだよね、・・・、・・・」

おじさま、時間切れです。

直接は言えなかったけど、もう時間切れです。
次回は気をつけて書くので、もう忘れて下さい。
そして同じ気持ちの方、もうそうっとしておいて下さい。
次は間違えないよう、努力はしたいと思います。
ただ、読んで下さってくれている事、嬉しく思います。


なので!!

東京へ戻ってやっぱり食べました。

Dsc01120_2

パリから友達家族が帰ってきているので、
みんなで戸越銀座にある「ことぶき」さんへ。

これは明太子もんじゃ。

うまい。

小さなへらでコシコシとくっつけて熱々を。

東京に来るまで食したことの無かった一品。
うまいな~。

で。

Dsc01121

青のりを掛ける10歳パリジェンヌ。
緊張しております。

Dsc01122

10歳パリジェンヌのマヨネーズ技。
迷いがたくさん見える掛け方です。

でも、味・・・うまい。

大人6人子供1人で凄い量を平らげました。
ふは~。

そこで、こんな美味しいお店を切り盛りするお母さん。

Dsc01123_2

最初に来たのは2年くらい前かな?
その時、お母さんと一緒に写真を撮ったら、
なんと大きく引き延ばして額縁に入れて飾ってくれておりました。

そしてお店にはワインが無かったのだけど、
私用に準備して待っていて下さっていたり、
「持ってきてくれていいわよ!」と、勝手に持ち込みを許してくれたり、
本当に素敵なお母さん。

そりゃ、美味しい訳ですよ。

こんな優しい顔をして、
お風呂上がりにはキリっと泡盛を頂くというかっこいい人。
可愛がって下さる事をとても嬉しく思います。

なので持って行ったワインを置いてきました。

で、最後には

Dsc01127_2

焼きそばも焼うどんも堪能。

結局食べ過ぎて終了。

涼しかった夜に、熱い熱い鉄板でのお食事を美味しく頂いてきました。


食べ物がうんと食べられるのは、本当に幸せな事。
どなた様もガンガン食べて、元気に過ごして下さいね。

と。
我が家は今、一斉大掃除&片付け祭りなんです。

た~す~け~て~!!!


紀子


2008 08 18 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク