October 22, 2008

加藤紀子、「OROCHI !!」観てきました。

この気候だと、気持良く歩けます。
どへ~っと汗が出る事もないし、首をぎゅっと縮こめる必要もなく。

スタスタ。

と。

Dsc01646

明治神宮 神宮会館へ。

「OROCHI!!~神宮の社」というのを観に行ってきました。

ナリ君に誘ってもらって行って来たのですが、非常に面白い催しで。

その昔、大活躍されていた俳優の坂東妻三郎さんの無声映画『雄呂血』に、
「弁士」なる方の説明&吹き替えを加え、
その上にサックスプレイヤー清水靖晃さんが作曲された曲をオーケストラ&お三味線で見せるという物凄く斬新な催し。

1925年の作品なのに、ばんつまさんがめちゃくちゃかっこ良くて、
でも言うなればチャップリンみたいなチャンバラコメディーで、
でもこの時代にカメラのアングルとか素晴らしくて、
かつ、この「弁士」と呼ばれる方の解説&吹き替えは、なんと一度も噛む事なく、男性の声や女性の声も雰囲気ある使い分けで。
エンディングなんかは秀逸でしたよ、

で、最初にオリンピックでメダルを取られたフェンシングの太田選手がシャシャシャとフェンシングも行った訳ですが・・・。
(ちなみに生フェンシング、初めて観た!でも早すぎて何が起きているのか分からなかった・・・)

現代のチャンバラとでももうしましょうか・・・と、弁士の方は言っていたけど・・・、

そうかな???
そう??

フェンシングってスポーツじゃなくて??


ま、いいや。

でも無声映画を初めて最後まできちんと観ましたが、こういう素晴らしい音が付いて観れるなんて贅沢です。
このために曲を書き下ろされてね。

なんか、久しぶりに感動して鳥肌がたった。
その上、明治神宮っていうのも粋だったし。初めて訪れました。


ので。

Dsc01647

ナリ君とホルモン焼き屋さんへ。

どうしてもホルモンが食べたかった私に、偶然ホルモンを欲していたナリ君。

Dsc01648

自分の分は自分で育てる、大人焼き。
人の領域に入らないのもルール。

お皿のお肉をむやみにドパ~っと流し込むのは嫌いです。

Dsc01651

うっかりホルモンじゃないタン塩なんてのもオーダーしちゃいましたが。

Dsc01649

オシャレ感ゼロなチームです。

この夜も凄く真剣に色んな話をし(下らない話を真剣にという意)、音楽の話も話し合い、終了。

お店の前でバイバイし、テクテクやっぱり歩いていたら、背後から荒い息が聞こえて来て「なにっ!!!」と振り返るとナリ君。
なに君。

「夜道をさ、やっぱり一人で歩くのは心配だよね!」と、紳士っぷりを発揮してくれました。

ありがとう・・・。

さっきの荒い息が一番怖かったよ・・・と、思いながらもその優しさに甘えて送って貰いました。

仲間だの~。

がしかし。
後に残せる作品があるって、本当に本当に凄い事。
こうして今、実際にリスペクトさせられておりますから。

力、頂きました。
がんばろ。


まずは最初の一歩から。

また歩く。


紀子


2008 10 22 [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 音楽] | 固定リンク