October 29, 2008

加藤紀子、クリスチャンヌ・ルグランに会えた!

もはははは~。
幸せな一日、幸せな夜。

過ごさせて頂きました。

またしても・・・

Dsc01680

やっぱり夜景が綺麗なビルボード東京。

待ちに待ったクリスチャンヌ・ルグランのコンサート。

前に番組へゲストで出て下さった濱田さんのご配慮で本番前に楽屋に入れて頂き、ご本人にご挨拶。

Dsc01676

とても優しいお母さんみたいなクリスチャンヌは、フワフワしてて可愛かったです。
持ってったお花を喜んで花瓶に入れて飾ってくれました。
嬉しくもビズも(ほっぺにちゅっちゅってやつね)して下さいました!!

で、わがまま言って

Dsc01678

サインを頂いたり(これが新しいアルバムです)

Dsc01677

さらにサインを頂いたり(レ ドゥブル シスという完璧なるスキャットグループです)
本番前に素敵な時間をまず過ごさせて頂きました。


で、ライブは・・・。
長旅の疲れを感じさせない、めちゃくちゃ素晴らしいライブで!!

声も変わらなければ、歌い方も昔となんら変わらず、
しかも声を置く場所が非常に的確で耳心地が柔らか!!
芸術の域です。

ほんと、ほんと、凄いです。

女性なので年齢は書かないにしても、自分の母親が、イヤ、もっと上の歳だとして、あの美声と勢いを崩してないのは本当に尊敬です。

わはは。
今日も見せてもらうので、少なからず勉強してきます。


昨日、彼女に質問して返ってきた素晴らしいお言葉。

「歌はね、私の人生なの。歌わなくなったら、死ぬわ、多分」。

長年愛されてきている、本物の歌手だからこそ、言えるこの一言。

頭に叩き込んでおきます。

でも、ピアノとベースのみの演奏で十分うっとり。
これ読んで行きたくなった方は是非、チェックしてみてね。

嘘言わない、本当いい!!!


紀子


2008 10 29 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク