October 30, 2008

加藤紀子、クリスチャンヌ・ルグランからの贈り物。

凄く凄く嬉しいニュースがあるのですが、せっかくなんで普通に始めます。
でも最後まで読んでね!!!

と。
結局、コンタクトレンズにしても、普通に間違えて知らない人に手を振ってしまっているカトさんです。
見えるはずじゃ??
ん??

微妙にまだ肩が凝ります・・・。
で、手を振ってしまった男性、間違いです。失礼いたしました。


そして。
終わってしまった・・・。
クリスチャンヌ・ルグランコンサートが終わってしまった・・。

仕方がないけど・・・。

うっとり。

今日はリハーサル後からお邪魔して2ステージ見せてもらってきたのだけど。

実力は幾つになっても衰えないんだ・・・と学びました。

シャンパンの泡のような声でね、大きい泡(勿論声)小さい泡(当然声)を自由に操れるんです。
相当な技術を以てですが。
そしてその吐き出されたシャンパンの泡が耳に入ると、柔らかいコットンで優しく拭かれているような感覚。

耳も一音も漏らさないよう聞きましたが、目も瞬きしないで見すぎたせいか、コンタクトはカピカピ乾きました。

で。

Dsc01684

メンバーのお二人とご本人、そして今回本当に色々助けて頂いたW濱田さん。

白いシャツを着ているピアノのパトリスに、このラジオを教えると早速クリスチャンヌにも報告してくれて、2人で「凄いわね~!!!」と誉めてくれました。

だはだは。

そして今日は三人にカイロをプレゼント。

パリにはカイロ売ってないし、でもパリはもう寒いし、演奏前などにね、指を温める事も出来るしね。

それはそれは、喜んでくださいました。良かった!

そして~~~~!!!!!
ここで嬉しいニュースの発表っ!!
リスナーの方々、本当に幸せなニュースです。

なんと、クリスチャンヌがこの番組のためだけにメッセージを下さいました!!
そしてなんと生歌も!

ヒュ~!!!!!

あのね、正直そんなわがままを言っていい物かと考えたし、出来なきゃ出来ないで、それはもう仕方がないと思っていたんです。
だってライブに来ている訳でね、私のラジオゲストにお呼びした訳ではないですから。

でも、本当に気持良く応えてくれて、
目の前でアノ歌を歌ってくれて(それだけは番組を聴いてのお楽しみね!!)、
泣いてしまいました・・。

長年さ、その歌を聴いて幸せに暮らしてきた訳じゃないですか。
それをさ、目の前で私を見て歌って下さるなんて・・。

あ~、また涙。

だからライブに行けなかった方への私からのプレゼント。
もう少し先のアップになりますが、その日を楽しみに待ってて下さい!!

音楽で泣き過ぎ感は最近の私に良く見られる光景だけど、
音楽で生かされているので、心に正直に・・そう反応する事にしてます。

で。

Dsc01683

クリスチャンヌが大活躍したこの素晴らしき「ロシュフォールの恋人たち」と「シェルブールの雨傘」の両作品が、来年2月にリマスター上映されるとか言うし(また詳しく書きますね)。

たふたふ~・・です。

で、一応ね。

Dsc01685

私の部屋!的な顔して映してもらったけど。

ビルボード東京のスタッフの方々にも親切にして頂き、本当に充実を満喫した2日間となりました。

帰りにクリスチャンヌにお別れを言うと、
「私のかわいこちゃん~、今度パリに来る時は電話してね!!あなたが先にパリに来る??いえ、私が先に来るわ!でも、またすぐに会いましょうね!」と、
抱きしめてくれた上、ほっぺに温かいビズをしてくれました。

泣いていいよね???


本当に自分が好きな音楽を大切にし続け、
それらを理解するために留学し、苦しい時間も味わい、
でも、こうした瞬間に全てが喜びに変わる・・・。

生きてるって幸せね、ほんと。


まだまだ報告したいニュースはあるのですが、
今日はクリスチャンヌ記念という事でとりあえず。

耳から歌声が離れないから、全ての音を消して書きました。

濱田さんも本当にありがとうございました。
また今度、番組で裏話やらなんやらしましょうね!!

ってかとにかく、ブラボー!!!!!
(テンション高め)


紀子


2008 10 30 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク