October 05, 2008

加藤紀子パリ旅行記:その8。

やるべき事の大部分が食べるべき物で占められた感のある、
今回のパリ旅行。

もう、帰る直前です。

夕方の便なので、午前中はパッキングして。
スーツケースに乗らないと閉まらない有様になっておりました・・
(キャンドルとかお皿とか小さくならない物ゲット。
またお見せしますね)。

ゆっくりバスタブに浸かって、ゆっくりカフェでランチを頂いて、
はんなりお散歩して・・・。

運ばれます。

毎回「どこでもドア」があれば楽なのにな~と
思いますが、それがあると旅気分も減るような気もするので、
おとなしく運ばれます。

とか色々考えて。
留学したままこの街に残っていたら、
私は何をして暮らしていただろうか?なんて考えてみても、
この街で暮らしている自分が想像できなくて。
やはり日本で暮らし、大好きなフランスに思いを馳せながら、
時々ここに来てリフレッシュして思いっきり満喫して帰るのが
ちょうどいいおつきあいの仕方みたいです。

昨日もお花屋さんへ行きましたが、ポイントカードを持って行くの
を忘れて(ポイント貯めても仕方ないと思っていたので)、
「あ、部屋に置いて来ちゃった!」というと、
「次回、それと今回のを合わせるからカード持って来てね!」なんて、
まるで近所の馴染みの店!みたいで、凄く嬉しいですが、
住んでるとこんな嬉しい気持ちだけじゃない事も経験したので、
やはり時々の優しさで十分です。

今回は、パソコンを持って来ているのもあり、
毎日なにかしらのトピックスがあり、ま~珍しく
度重なる更新となりましたが、
帰国後は普通の生活になりますので、またのんびりなブログと
させて頂くかもです。

でも、まあまあ。

今回お休みをくれた事務所スタッフと、
わがままにおつきあいしてくれた近しい方々に感謝しつつ、
帰ったらおとなしくまた頑張ります。

そしてやっぱり。
Merci a paris!!!

今、ホテルロビーにてマチューのカバーが流れております。
この歌の歌詞、日本語の部分手伝ったんだよ・・・。
奇跡!!!


紀子


2008 10 05 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク