November 26, 2008

加藤紀子、香港&マカオの旅報告。

「人間、諦めが肝心」とは誰かから言われた言葉。
確かにそうだ!とも思うし、でもそんな簡単にはいかないよ~・・と。
こんな思いを携帯電話に馳せてみたりしてます。
携帯に全てを託していたので、全てのアドレスを手帳とかに書いてある訳もなく、バックアップなんかも取ってないし。
あ~・・でも仕方ないのか。

でも。
香港&マカオの旅!!

マカオへは九龍島からフェリーで約1時間の距離。
イミグレーション等も通りつつ・・
こんなポスターを・・・

Dsc01976

Dsc01977

鶏、持ち込み過ぎ!
そしてそれはダメ!的なポスターも発見しつつ(鶏を裸でたらふく鞄に詰め込んだおばちゃんというシチュエーションが凄い!)。

迷子になって携帯落としてそれでも辿り着いた町並みは、ポルトガルの歴史が残る街として、非常に不思議な雰囲気で。
殆どの表示にはポルトガル語が付いていました。

携帯紛失わっしょい祭中も実はしっかり観光!

Dsc01991

聖ポール天主堂。
ここを見たくてマカオまで来たのですが、ルートをどうやら間違えたらしく正面から出会うはずが、うっかりすぐに横から・・・。

本当はね。

Dsc02000

「うわ~すげ~!これどうなってるの??」と行く予定だったの。
だからか、凄い坂道でぜえぜえ言ってると、家から出て来たおばちゃんが指指しながら違う道を行け!的な事を伝えてくれてた・・。

でものどかな公園も通り抜けられたし(木には鳥かご、犬のトイレも完備・・なのか?)

Dsc01990

足裏つぼ押し石もみっちりあったし。

Dsc01988

痛い・・・。

Dsc02006

パリ在住時に行ったポルトガルを思いだすような町並みにもたどり着き。
アジアンティックな人々の中のポルトガル。
頭が迷う雰囲気満載。

Dsc02008

エッグタルトをカフェにて食し・・・。
ここのお店の人にも、携帯紛失祭りに参加して頂き、なんやと助けてもらいました。
ただ、「アイスカフェオレ」と頼んだら普通にアイスコーヒーWITHミルク。
ただでは転ばない、ビバマカオ。


で、休憩を挟みつつ夕食へ。
ポルトガル&マカオ料理が頂けるというお店に。

Dsc02017

「マカオビール」と頼んでみたものの・・・上には「KIRIN」のロゴ。
わはは。でもイラストはさっきの聖ポールだった。

Dsc02020

物凄く親切で、諦めを知らない店主とじっくり話し合いこちらの料理を。
お野菜のシチューみたいなのと、エビのカレー味。

そしてこのエビを食べる時は・・

Dsc02022

ビニ手着用。ちょっとしたオペ。
女子2人でモリモリ食べてもやっぱり食べきれず、
でも勿体ないのでお持ち帰りにして貰って
ふへ~とホテルの部屋へ行くと・・・

部屋番号が。

Dsc02025

はいはい・・・。
その通りです。
私達の身体に付いているのは・・・1129です・・・。
もしくは4129。プリーズ7129。


で。

Dsc02016

こんな首がうなだれそうな高さの枕を潰して潰して、
潰れるように寝て、翌日は長い橋を超えてタイパ島という所までまた出掛けました。

食べる為に歩くのか、
歩いた為に食べるのか・・・。

まだまだ続く・・・。

そしてこの夜に国際電話にて、携帯を止めました・・・。
ばいばい、私の携帯ちゃん。


紀子


2008 11 26 [旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク