December 12, 2008

加藤紀子、「ラブレターズ」無事終了!

『ラブレターズ』、無事に終了しました。
観劇下さった方、本当にありがとうございました。
なんとか、なんとか・・・なんとか???やりきりました。

これで胸はって風邪が引けるというものです。

Dsc02187

こんな気持ちのいい朝に始まり。

Dsc02188

「前髪とめ~る」なんてものでうっかり笑ってしまったりもしつつ。

朗読だけで人の人生を読み切るという、今までした事のない経験。
楽しみ&不安・・これ、当然。

お稽古も沢山はしてないし、読めば読む程味が出ちゃうのは分かっていて。
でも、それをどうするか・・と。

良いか悪いかは別にして、本当にその時の気持ちだけを大切に読ませて頂きました。
嬉しい・・悲しい・・・切なく・・・なんて言う感情をむき出しに。
お相手の奥寺さんの声をそのまま受け取って、私は言葉を出させて貰ってきました。
技術面において、ありとあらゆるプロの方がいらっしゃる中で、「加藤紀子」として精一杯頑張ったよ。

本番前には久しぶりに柔軟やら発声で、身体を温める・・という、ライブ以来の事だってしてみちゃいました。

でも。

Dsc02193

頂いたお花をこっそり飾ったりして、リラックスをしてみたり。

Dsc02191

田中義剛先輩の生キャラメルをなにげに宣伝してみたり。

Dsc02194

ははは、こんな2ショットを撮ってみたり。

Dsc02195

こんな可愛いワインを差し入れて貰ったり。

愛情がぎゅぎゅぎゅと詰まった一日となりました。

本当にありがとう。

そして帰り道に。
チャーベ先輩が近所で飲んでいるという事で、お昼にも「頑張れ!」メールを貰っていたので顔を出す事にして。

いた~。
チャーベ君、会えた。
そしてスカパラ谷中さんも。

濃い~。

と、谷中さんも数年前にラブレターズの朗読を経験されているので、その辺りを互いに話し合いつつ。

帰宅&起床。

これから私、韓国ロケに行って参ります。

寝たというより、瞳を閉じただけに等しい睡眠の中、一人ソウルまで運ばれてみたいと思います。

これまた現地集合。

銀座へも一人、ソウルへも一人。

どんなタレントだ・・・。


でもとにかく、貴重で充実した時間を過ごさせて頂いた関係者の方々&観に来て下さった方に山盛りの感謝を込めつつ。

いざ出発。


紀子


2008 12 12 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク