January 29, 2009

加藤紀子、お別れの日。

いよいよ35歳とお別れする時が参りました。
この35歳という一年は非常に内容の濃い、とても思い出深い時間ばかりでした。
らしからぬ時間だったり、だからこそ!の時間だったり。
会うべき人と過ごした時間でもあり、まだ会ってはいけない人への待ち時間でもあり。

長くて短くて、早くてゆっくりで、面白くて痛くて、時々かゆくて幸せで。
充実って感じです。

そんなラストデーはお休みだったので、「そうだ!」と思いつき、
窓やらテーブルやらテレビやら磨けるものをピカピカ磨く事に。

自分磨くのは時間がかかるので、まずは手近なそんな物磨き。

窓とか毎日見てると汚れなんてあんまり神妙に思う事ないけど、意外にやっぱり汚れて行くんですね。
全身を使って右から左へ、上から下へ職人風にゴビゴビ。
透明になったかのように凄く綺麗になりました(自画自賛)。
そしてガラスのテーブルもさささと拭くだけでは・・・ね。
キュキュキュと磨くと、お茶もしやすいって話です。

洗濯もガンガン、掃除機もズンズン。

どんとこい36歳!!

Dsc02685

名前分かんない、窓掃除のアイテム。
最後はきちんと干してみました。

Dsc01538

こんな時や。

Dsc01639

こんな時や。

Dsc01921

自分の経過。年数を重ね学び・・・。

Dsc00551

大人になりて~。


と、明日からひとつ大人っぽい年齢にはなりますが、
基本的には上の写真のような女なので、今後ともひとつ変わらぬご支援と愛情を下さい。

そしてやはり。
自分を磨こう。

アイキャン。


紀子


2009 01 29 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク