February 06, 2009

加藤紀子、えみりちゃんの車と遭遇!

東京では頬に当たる風が物凄く強くて冷たかった一日。
「ヒフ~っ」と肌がびっくりしておりました。
で、もひとつ、車を運転してたら1台前にえみりちゃんの車が。
「うわ~!」っとアイコンタクト、びっくりしました。

みんな、出掛けてるね。

と。
初めて今度新しくなるマネージャー氏なる人を紹介されました。
というのは、少し前から会社にいらっしゃったようなんですが、私はよっぽどの用がないと
会社に出向かない上、会社には物凄い数のスタッフの方がいるので全員を把握出来ておらず。

「ははは~、初めまして。加藤と申します。」

こんなかしこまった、固いご挨拶。

未だ引き継ぎ中のジャケット脱がないマネージャーが紹介してくれました。
新マネージャーはフルネームの中に沢山の「お」がある人でした。
そしてどっちも名字みたいな名前の人でした。
さらに「欧風カレー」みたいな名前とも思いました。

ちなみに男子でした。

そのマネージャー氏の初仕事は私にお茶を下さるという任務。
見事にこなされました。ありがとうございます。

ただ、仕事が出来る意外におもしろいといいな・・・と思いました。
カラスと会話が出来る!とか、後ろ向きにダッシュすると物凄く早い!とか、
カレー作らせたらすっごく上手だとか。

ダメですかね??

で、本当に私のダメな所でもあるのだけど、
地味に人見知りが治らず、知らない人とあまり上手に目をみて話せない上に、
その人を信じるまでにとても時間がかかるので、いつになればその日が来るのか・・と思うばかりです。

電車で隣に座った人を急に信用しろ!と言われているようなもんですからね。

はたはた、大人って凄いわ。

ま、新しいマネージャー氏も同じ気持ちでしょう。
いい人そうだったし、お互いに努力しましょうかね。

と。

弾君のアルバムを聴いていたら弾君から電話が掛かって来たりと、
右からも左からも「弾君!」な状況にもびっくりでしたが。


びっくりデー。

あ、欧風カレー・・・とか食べたいな。


紀子


2009 02 06 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク