February 10, 2009

加藤紀子、ある日の親子日記。

書く時間が見えない程に、母との時間を満喫してしまっているカトさんです。

紀ママバースデーは、てんてこ舞いの中なんとか無事に終わり(バタバタ過ぎて笑えた。還暦を祝うと言うより子供の誕生会みたいだったなぁ…。写真はまたお見せしたいと思います…。)、翌日からも二人でがしがし行動。
父のお墓参りへ行ったり、我がタワレコのあるショッピングセンターへ行ったり、夜な夜な映画を観たり。


「今を満喫しないと勿体ないぞ!」的に満喫しております。

ただ、ただ、ただ。
母親と言う人は、子供がいくら大きくなっても子供なんでしょうかね。
食べ物を分けてくれる量が、育ち盛りの時のまま…!
こちら、夕食はホントに軽く…もしくはお菓子で十分な身体なのに、「コレ食べな、それもアンタの」と、次々にお皿へ下さるのですが。

「母ちゃん、私、バカボンのパパと同い年になったんだよ…」と、いつ言えばいいかしら…ね…。

なので、笑って笑ってカロリー消化を目指してます。


そして本日は、津と言う町の結城神社に梅を見に行って来ました。

200902101335000

た~くさんのしだれ梅がかわいかった。
ぷくぷくつぷつぷ。
ほのかな梅の香りも優しくて、母と娘、ちと幸せな気分になり、そして少しだけ早く春を感じる事も出来ました。


まだまだ互いに元気でね、あちこち出掛けたいもんです。

そして、そろそろ胃袋の限界も伝えたいもんですね。


でも、まあ母が笑ってたら、いっか。
そんな親子日記。


紀子。


2009 02 10 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク