March 11, 2009

加藤紀子、アルバンのコンサートへ。

雨・・のせいなのか、毎朝7時前には起きてるせいか・・・
久しぶりに二度寝なんて物をしてみました。
ヨーグルトを食べて、ブログ書いて、本読ん・・・・で・・・・・。

二度寝って悪い夢を見ませんか?
必ずと言っていい程、あり得ないシチュエーションドリーム。
ドリームカムトゥルーして欲しくない内容で目が覚めました。

で、やっぱり起きてからも本を読んだりしつつ、晴れてきた頃を見計らってマレという地区へ。

少し前まではもっとイケてる地域だった気がするけど、少し落ち着いたような。
きちんと全部見た訳ではないけど、欲しい物がさしてないお財布に優しい地区に感謝の気持ちでお別れしてやっぱり部屋に戻って読書。

よしもとばななさんの「彼女について」。
内容は読み切れてないからなんともまだ・・だけど、言葉のチョイスはやはり綺麗で好きです。
この前に読んだ「ストロベリーナイト」と言う誉田さんという方の本がえぐかっただけに、温まります。

そして。
渡仏1週間前ならミシェル・ルグランのコンサートがあったという情報。
帰国当日の夜ならマチューのコンサートがあるという情報。

・・・。

アルバンのコンサートに出掛けてきました。

Dsc03360

アルハンブラというライブ会場へ一人(本当に東京でしている事と変わらない!)パタパタと。
そう、この間会ったときにご本人から編成を軽く聞いていたのだけど、まあ思いも寄らない素晴らしいステージでした。

アルバンの前にはオープニングアクトのCHATという女の子がピアノを弾きながら、今流行のアンニュイボイスで女の子の気持ちを歌い上げ。
言語と楽器が違うリリーアレンっぽさを感じつつ。
非常に好きなタイプでした。

そしてアルバン登場でオーディエンスは大盛り上がり。

ってかね、実際私は彼のパフォーマンスを見たのは、彼が誰かのサポートをしてる姿しか見た事無かったんです。
でも、凄い。
アコースティックな編成なんだけど、音数もバランスも全く物足りなさはなく、好きな音質。

Dsc03362

椅子から降りてステージ上で薄いピアノを弾きながら歌う時もあれば・・・

Dsc03365

パペットを引き連れて歌うシーンもしばしば。
これ、面白い。

Dsc03368

夕食の約束に遅れてまでもちゃんとアンコールまで見てしまいました。
すごいよ、アルバン!!

もしかして今、私は歌うという場面にすこぶる恵まれていないのかもしれないけど、やっぱり数を見ておく方がいつかの役に立つのだと真剣に思いました。
レコーディングのように音を何十にも重ねられない編成の場合にはアイデアを駆使してお客様に届けたい音を提供しなくてはならない訳で、
でも自分が発表したい世界観やら全てを妥協せず、お見せする・・・。

ヒントを山のように感じたライブでした。

なまものですからね・・・ライブ。
培って来た物が全て出ちゃうと思いました。
アルバン、本当にありがとう。
あれもこれもどうなっているのか知りたくなって、会場を後にしましたとさ。

で、急いで夕食を誘って下さったアンダーカバーチームに合流すると、
デザイナー兼家族のようなジョニオさんから、日帰りフィレンチェ土産のこんな可愛い物を頂戴しました。

Dsc03369

フィレンチェ版まつぼっくり。
バラみたいな形なんだね。

Dsc03370

こんなに小さいのに凄く可愛い!!
美味しいお食事の上に心も温まるこんな素敵な物を頂く事が出来ました。

は~、満足満足。

なんかね、自分の思いや行いの何が正しいかはいつになっても分からないままだけど、
やっぱり好きな物や大事な物や信じている物は、自分の思う通りでいようと思いました。
信念を曲げたら終わりだな・・・なんてふうです。

でもその隙に残りのルーでカレーを作っている辺り・・・ね、信念は曲げない物です。
帰り間際にカレーです。
好きな物はどんな場所にいようと好きなんです。

そんな女です。


紀子


2009 03 11 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク