March 29, 2009

ジョシュア・ジェームス君のライブを見る!

日曜日の午後早くに、ゆったりとお風呂に入って至福を感じているカトさんです。
太陽が出ている時に入浴なんて、なんだか贅沢をしている気分。

たまにはいいよね・・・、こんな事してもさ。

そして6月にリリースになるミシェル・ルグランの新作を聴きながら書いている訳ですが。

めちゃくちゃいい・・・。

ニコラ・ファルメルというジャズトランぺッターの方との共作なんですがね、
あの曲もこの曲もジャズっている訳で、最高のジャズクラブに来ているような気持ちに。
トランペットもピアノもルグランも歌っている訳です。
胸が物凄くときめきます。
また番組でも紹介しますね、やられますとも。

そしてこれまたやられちゃった、ある夜。

032909_1y

ジョシュア ジェームス君という人のライブへ。

032909_2y

こんなアルバムをリリースする人なんですがね、若干25歳。

しかも・・・

032909_3y

顔が小さい・・・。

遠近法を使うのを忘れるぐらい、物凄く爽やかで親しみあるミュージシャン、その名もジョシュア。

032909_4t

アコギで聴かせる曲は、カントリー。

あのね、あんまりこれまでカントリーとか聴いてこなかったのですが、
彼が奏でるカントリーは繊細ながらもきちんと強くて、でも穏やかで。

聞き入ってしまいました。

映画とかですぐ使われそうな気持ちのいい音楽。

CDを聴いた時はベル&セバスチャンっぽいボーカルだったのですが、
この日聴いた限りではオリジナルの素敵な声。

まだまだ素晴らしいミュージシャンはアチコチにいらっしゃるのですね。
ルグランやBECKやジョシュア・・・、心が柔らかくなる日々が続いております。

そして先日、お花見に誘って頂いたお家で、なんでだか始まった有線を使ってのイントロ当てクイズでは、
80年代歌謡曲で、見事な勝ちっぷりを発揮いたしました。
菊池桃子さんに斉藤由貴さん、SHO-YA・・・聴いてたな~・・・。


音楽は一瞬にしてその思い出も呼び起こせる、素晴らしいアイテムだと思います、やはり。

全く全く、音楽中毒だ。
限りなくやられますとも・・・。

うお~っ!!!!(無意味な叫び、3カロリー消化)


紀子


2009 03 29 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク