May 20, 2009

加藤紀子、貴公子にお会いした夜。

生まれて初めて・・・

多分私にとっては初めて・・・


貴公子を見た。



貴公子・・・。


貴公子・・・?

ビルボード東京で行われたウーター・ヘメルのライブ。

めちゃくちゃ・・・良かったです。
(番組でも何度か紹介してますよね!)

前作でボカ~っと人気になったウーター・ヘメルはジョヴァンカちゃん同様ベニー・シングスプロデュースにより、素晴らしい音と声とメロディーを織りなす人なんですが。
初めて実物を見て、
「は~、神様は卑怯だな~。この顔でこの声でこの可愛さでこの技術でこの衣装で・・・・」(以下ずっとそんな気持ち)とうっとり。

でも、そんな事よりも本当に音が良くて。
前作と新作を織り交ぜながらのライブだったのですが、曲順も素晴らしい事ながら音の厚さと重なり方、更にはコーラスもライブとは思えない程しっかり。
そこにウーター・ヘメル自身もギターにグロッケンにピアノにアルトハープっていうの?とか自由につま弾きながら歌って魅せて。

多くのマダムが韓流スターなる方々を見る目がちびりと分かる気がしました。
だってそんな才能あふれる人が目の前にいたらさ、目だって耳だってキラキラしますよ。

レコーディングを見ているかのような、不思議な時間でした。

それでもってライブに慣れてもいらっしゃるようで、オーディエンスの気持ちもグっと盛り上げ持って行ってくれました。
ベニーがいないにしてもレコーディングと同じメンバーでの来日ライブだったのかな?っていうほど、息もあっていて素晴らしかったです。

だから勝手に「貴公子」と呼びます。
まあ、意味は良く分かっていないのだけどね・・・。

あ~でも、一番はあの甘くて深くて柔らかい、虹のような声だな・・・。
そう、フランク・シナトラのような雰囲気。

しかしながら、隣に座っていた女性が彼の出身地オランダ語で彼の耳を引きつけようと「イ~ッヤ!!!」とか「フ~ッ!!!」とかそんなイメージの言葉を大声で言うもんだから、なんだか勝手に私が恥ずかしくなり・・・。

一人で行くと同じように盛り上げれないのが難点ですな・・・。

と、ビルボードに向かう道中、渋谷駅をテクテク歩いてたら・・・。
男性がさささとすり寄って来て「まあ、素敵なお姉さん。稼いでみませんかね~!!ギャラは・・2万から20万!」と・・・。

セクシーなお誘いをまたしても。
しかも具体的な数字まで持ち出され。


グラっと・・・した・・・とか・・・しない・・・とか・・・・。

その2万円と20万円の振り幅のデカさが気になりました・・(気になる所でもないが)。
稼ぎたいけど、そのジャンル・・無理かも・・・。
それにしても私どんな顔して歩いてた・・・?

Dsc04340

ウーター・ヘメルに会える!といつもより前髪がクルっとなったような顔だったのか?

気になる方から声を掛けて頂きたいんですよ、出来るなら、せめて。
だからん~っと、無視させて頂きます、とか(情報として詳しく聞きたかったりもしたが)。

結局彼のライブにて胸がいっぱいだからか、こんなお声掛けでしょんぼりなのか、食欲も無く・・・

Dsc04341

My dinner。

かっぱえびせん、韓国海苔味。

それみた事か!!(って誰に??)

あ、ちなみに日本のベニーのファッションをいち早く取り入れていたナリ君のあの写真をここで再び!!

Dsc01592

こんなだった、ジョヴァンカちゃんの時のプロデューサー、ベニー。

ナリ君、朝のメールありがとう。
なんとか時差ぼけの身体を無理矢理起こす事が出来たよ・・・。


水曜日は久しぶりの大阪。
頼まれたマスクやらを持って出掛けたいと思います。
「ちちんぷいぷい」観れる方は是非。

時差ぼけに負けないよう頑張ってきます。


ちなみに・・・
ビルボード東京のスタッフさんは、やいのやいの言わないので、凄く居心地が良いです。
だからか、ウーター・ヘメルの水曜日セカンドライブ・・大阪戻りで行くか行くまいか・・悩みます・・・。

あ~、貴公子。


紀子


2009 05 20 [日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク